会員向け限定ページ

2013.5.15 丸和さん勉強会

◆チンゲン菜畑のPh問題について

◆大葉栽培のポイント

◆堆肥場見学

◆いちご農家 遠藤さんのハウス見学

 

 

上記のテーマで圃場の見学会を行いました。

ご覧になりたい項目をクリックすると、詳細ページに飛びます。

 

◆いちご農家 遠藤さんのハウス見学

【解説】

■今の質と量を限界までどう増やすか?

・多少葉っぱがよれているし、樹勢も強く、うどん粉病も出ているが、窒素が多いわけではない。窒素を落とすと量が減り、量をとろうとすると糖度が落ちる。今の質と量を限界までどう増やすかがポイント。

・ミネラルが利いているときは酢を使う。石灰が切れると怖い。

 

・葉っぱが広がっていないからまだそれなりに生育しているが、ぐりぐり広がる感じで葉っぱの形は悪い。ただきれいにコントロールはされている。過剰窒素だと葉っぱが広がってしまう。

・つくば堆肥や腐食を結構入れているというが、それで貯金できているわけではない。5月いっぱいまで収穫をひっぱるというが、終わる頃にはすっからかんになっているはず。みんな花の部分が細いから切れている。特に土の中の腐食分が減ると根が入らなくなるので、本当は毎年蓄積したい。それが無くなると、窒素・リン酸・カリ・ミネラルなどがあっても土が固くなってしまう。土を柔らかく膨らましたいならセルロース系、固めたいならリグニン系。リグニンもフミン酸になって吸収される。かといって最初にたくさん入れると大変なので、追肥で。

・とにかく沢山とれた時はすっからかんになっていると予想できるので、次は気をつけるよう考える。

【最近の畑の様子)

H300724。水稲勉強会2。

【会員限定ページ】

会員向けの限定情報を掲載しています。

会員限定ページはこちら

【更新情報】

【2018/7/25】

 最近の畑の様子に

 水稲勉強会2の画像を

 載せました。

 

【2018/7/9】

 最近の畑の様子に

 和梨の圃場視察の画像を

 載せました。