会員向け限定ページ

2014.10.8 丸和さん勉強会

◆市川さん堆肥場見学、ごぼう観察

【解説】

■堆肥のPhは弱酸性

6ぐらい。

堆肥はちょうど良い。繊維がオリゴ糖になっていると最後は粘る。ぬるぬる。乾くとノリみたいにくっつくとOK。落花生のガラを入れたとしても体積は大きいけど重量比では大したことが無い。

結局、豚糞じゃベタベタいかない。

これで鶏糞とか混ぜるとアウト。団粒を本当に作りたければ酵母菌を混ぜれば良い。


■ごぼうは導管をやられたところが黒い

きれいなもの→切ったときにガリ感が少ない。ストレスがないとスッと切れる。


他のもの→虫が食べたところは黒じゃなくて茶色くなっている。そこを削っていくと導管は黒くなっていない。だから虫じゃないんです。根っこのところから菌が入られてしまっている。


■里芋が乾燥で二次伸長が起きてしまっている

皮がやけちゃっているというか、肌目が悪くて腐っちゃったりしている。出ている場所は?下には出ていないで上側ですよね。つまり二次伸長してしまっている。乾燥した後、硝酸が出ちゃっている。

後は地下水位が高いところと低いところで水を同じようにかけても全然違う。

腐りも下には出ていない。全体的にやられているんじゃなくて、上の方に残った水が後から効いて割れてそこからやられてしまっている。小さな根っこが出ているというのは、窒素がもう1回効いてしまっている。乾燥で一回吸えなくなったのが、水が来てまた出てきている。スプリンクラー出す位置の距離が広かった。


■里芋は追肥をせず、水を多く与える

重さが違うでしょ?軽い。みんな孫芋などに吸われてしまっている。

普通はこんなにひび割れない。二次成長で伸びてひび割れて、ひび割れたところから腐ってしまっている。ストップさせないでずっと成長させないといけない。乾かすとだめ。乾かした後の窒素がダメ。

人間でも16歳で身長伸びなくなったところに伸ばそうとして牛乳をガンガン飲ますと、上ではなく横に太ってしまいますよね。

 

早稲の場合は水の量が前半かなり必要。後半伸ばそうとして追肥したあとに水が乾くと、表面で硝酸になる。すると外側の芋がやられる。

 

ということで、里芋は圃場を乾かしてはいけない。雨降っているから安心というのではない。昔と違って夕立が2~3日にあったが今は無い。無い間に硝酸がどーんと出てしまう。里芋は窒素の量が多いので。この葉っぱですから水の吸い上げが凄いんで、人工的な水をやるしかない。

 

元肥の下側は問題なく上側が多い。早稲はどちらかというと追肥じゃなく堆肥をたくさん上げる。出来るだけ早稲は追肥をしない方が良い。正直なところ、追肥は芋の下ではなく上の何割かが大きくなるだけ。しかし、元肥の堆肥系を増やすと全体が増える。

元肥えだとゆっくり肥大するからひび割れが出ない。ひび割れは急激な肥大で起きる。

来年あたり、少しの面積で良いので追肥をしないで堆肥を多くやってみると良いでしょう。同じ水の量でそっちの方が調子よければ、追肥をしない方が楽ですから。

絶対に、上から肥料を上げるとでんぷん系の奴は表面が虫にやられやすくなる。なぜなら表面にアミノ酸が入るから、絶対虫が入る。早稲は追肥を出来るだけやらない方が良い。

【最近の畑の様子)

H300905。産地廻りレンコン圃場。今年も大風の影響で。

【会員限定ページ】

会員向けの限定情報を掲載しています。

会員限定ページはこちら

【更新情報】

【2018/9/9】

 最近の畑の様子に

 産地廻り時のレンコン圃場

 の画像を載せました。

 

【2018/7/25】

 最近の畑の様子に

 水稲勉強会2の画像を

 載せました。