会員向け限定ページ

2016.5.25 丸和さん勉強会

◆宮城さん堆肥&圃場見学

◆越川さん堆肥&圃場見学

◆市川さん堆肥&圃場見学

◆吉川さん堆肥&圃場見学

◆杉本さん圃場見学

◆島田さん堆肥場&圃場見学

◆今日のまとめ

 

上記のテーマで勉強会を行いました。

ご覧になりたい項目をクリックすると、詳細ページに飛びます。

 

◆島田さん堆肥場&圃場見学

【解説】

■堆肥場

いい感じといえばいい感じですよね。半熟、中熟って感じ。

臭いもしない。これ馬糞を混ぜたやつですか?

(島田さん)馬糞。

(丸山)やっぱり豚糞だけよりは安定しやすいですか?

(島田さん)今までは豚糞ベースだったけど、あそこの馬屋さんからもらえるようになったから、一応やってみた。

→やっぱり柔らかい感じがしますよね。前の豚糞ともみ殻よりもふわっとしている。だから土が柔らかくなりますよ。

(島田さん)それでやったのが向こうの畑。あのジャガイモ、あの色。

→あれですか、ちょっと薄いですね。

(島田さん)ちょっと薄いじゃないかと思って。

→あ~、それでアミノ酸をやったんですか。

(島田さん)低いところがあまり調子よくなくて。

→で、入り口の高いところが調子が良くて。

(島田さん)あの辺だけ大雨降って、水が溜まって、そこだけ固まっちゃったみたいで。それでもってああなっちゃったんだ。

■ジャガイモ畑

(丸山)あらら~、酷いですね。ほんとここだけですね。水たまりの感じですから。固まっている。

→水たまりの跡があるね。固いね。まっ。これはあきらめましょう。で、これ高畝になっているように見えても、これ水のたまった高さとジャガイモの高さがちょうど同じぐらい(笑)

結構、いってますね。これアミノ酸何体ぐらいやったんですか?

(島田さん)ここ葉面散布で2回やったの。早いうちに400㍑ぐらいで1回かけて、昨日もかけたんだよね。

→だからこれ水かぶらないで全部とれたら、とんでもない収量になっていたね。

そろっているもんね。最初のストローもでかいんで。

結局、ここまでが親芋の力なんです。あとは地面の養分の力。堆肥+アミノ酸の力で収量がまるっきり変わってくる。ふつうはアミノ酸の力が効かないと、この大きさが極端に小さくなってしまうんです。だから大きいのと小さいのが分かれてしまうんです。だから初期肥効でどれだけそろえられるかで変わってきてしまうんです。 

要は、これがどれだけ早く出るか、なんです。これがアミノ酸を吸うと、スパスパスパっと出て揃うんで。

(参加者)先生、私のところも、ここみたいに小さいところと大きなところがあるんですか?

→ここは水が溜まったんですよ。それに土寄せしながら山の火山みたいに真ん中に谷を作っちゃったんで、水が溜まってしまったんです。あと、上の種の太さが水のたまる深さと一緒という(笑)もう気持ち5㎝高かったら違った。だからサブをかけていたら違った。まあ、基本サブソイラーを入れる方が良い。ただいじっちゃうと出なくなっちゃうんで、軽くね。

【最近の畑の様子)

H300905。産地廻りレンコン圃場。今年も大風の影響で。

【会員限定ページ】

会員向けの限定情報を掲載しています。

会員限定ページはこちら

【更新情報】

【2018/9/9】

 最近の畑の様子に

 産地廻り時のレンコン圃場

 の画像を載せました。

 

【2018/7/25】

 最近の畑の様子に

 水稲勉強会2の画像を

 載せました。