会員向け限定ページ

2017.5.25 丸和さん勉強会(ジャガイモの初期肥効と冬春の水管理)

◆杉本さん圃場見学

【解説】

■ズッキーニ

(市川さん)1週間に1回追肥をやると、よけいアブラムシが出る。

→これ、すごいねミネラルの量が。これは丸山さんの設計?

(丸山)いや、多分お父さんの感覚です。

→相当ミネラル入れてますね。それも規定量じゃないのが入っているよ。

(杉本さん)いや、そうでもないよ。

→しかし、これ、とるのが大変だな(笑)

 

(杉本さん)これで畑の面積は2反5畝ぐらい。

これ密閉だからハチは入らない。

(丸山)雨は入るけど虫は入らない。長期どりではないパターン。

→これ一気にとって終わりだね。もうそろそろ微量元素が欠乏してくる頃。上の葉っぱの色が違うもの。

(市川さん)本当だったら1株150gあるけど一般にいうと200g以上じゃないとお好みじゃないんだよね。味も大きい方が美味しいらしい。小さいのは青臭いらしい。

(丸山)追肥はするんですか?

(杉本さん)今5月でしょ。6月いっぱいやって、7月頭やって終わりにするから。上がぶっかけちゃうんだよ。ある程度密植して、5,6月でとっちゃって終わりにしちゃう方が効率がよいよね。

(市川さん)木がもたないよ。

→元肥でドンとやって太陽熱やってね。

(市川さん)でも、毎日もいでいるのってさ、1週間に1回追肥をやらないと木がもたないんだよ。あとの畑がダメになる。

→ズッキーニは特に養分の吸いが凄いから。リン酸が特にもっていかれるから。

これ長野でね、2mぐらいにする。風がないわけじゃないけど、追肥追肥で。10月下旬までやっています。

(丸山)長野でですからね。

→こちらは台風きたら一発ですものね。

■人参

→日本全国の人参の平均収量って反辺りどのぐらいか知っています?

(市川さん)秋で4トンぐらい、春で6トンぐらいだよね。

→大体いって4トンぐらい。3.5~4トンぐらい。

(市川さん)マルチをやったときは3トンぐらいで、マルチをやらないで上手にやった人で6トンぐらい。

→じゃあ、とっている人はどのぐらいとっているか?

(市川さん)春で8トンじゃない?10トン?

→種の数で10万粒。で、1本って普通に出来ると150g。かけなしでやると、最高で15トン。で、今年16トン超えるんです(笑)

(参加者)それは先生、畑が違うんでしょ!

→1年目が3トン、2年目9トン、3年目が15トン超え。

駐車場のところを畑にしたんですよ。何度もロータリーかけて高速回転させて石が転がるじゃないですか。それを拾って畑にして。

(越川さん)あれですか、通路なしですか?

→通路は足2本。10万粒、そうじゃないと入らない。パオパオじゃないやつ、霜よけをかける。で、年2作、春と秋。決して冗談じゃないですよ。だから県とか全国の収量の平均を上回っているので、県の試験場の人が見にくる。「なんでそんなに穫れるんだ?」って。で、棒は2mぐらい入る。この畑と一緒ですよ。但し、窒素が80㎏。

(参加者)80㎏!?

(市川さん)うちらで4万粒で12㎏。2,5倍にしたって24から30㎏でしょ。

→木もだいぶほきるから。

(市川さん)でも、うちらがやったらアブラムシが増えちゃうよね。

→もちろん、無農薬有機栽培なんで。

(丸山)水は?潅水設備はある。

→はい。今度2町歩になる。

(参加者)どこに売るの?

→関西圏。

(参加者)15トンとれるなら他の作らないで人参だけ作ろうか(笑)

(参加者)機械もそんなにいらないし、キャロベスターと人参洗い機だけでね。

→うちの元いたひびのでも9トン穫れている。愛媛の勉強会に参加したらひらめいたらしくて、6万粒で出来ると。

(参加者)ここら辺と土がちがうんじゃ?

→いや、こちらの方が圧倒的に良い。だからここなら最低12トンと思っています。

(杉本さん)うちらは3万粒なんですよ。だからその倍なんでしょ?

→ここの条間が広すぎるんですよ。もう1列あるんですよ。それで養分とりあっているから、伸びないんです。幅広のロータリーでやればいい。ただ、間の通路がとても狭い。

(参加者)ビニールはどうかぶせているんですか?

→何かでかぶせている。見たことはないんだけど。

 

夏養生やっているから草が出ない。そのまんま、マルチングしない。試験場も自分で見にくるまで信じられないって。見たら納得。

だから1個150g、1本50円で3本入り。10万本だから、反当たり500万。それを年2回つくるから反1,000万。反あたり300万以下の作物は作っちゃいけないってわけわからない(笑)元銀行マンだから計算は凄い。

バンバン売れまくっている。

(杉本さん)でも混ませると生育が遅れるよね。

→はい、だから窒素が通常の設計より多いんです。通常でいったら、だいたい60㎏の窒素がいるんですよ。3トンとれるなら12㎏の窒素、5倍だから60㎏。それじゃ足りないんで。

(参加者)じゃあ、人参ご殿を建てないとね(笑)

→まあ最低、うちの新規就農のひびのに負けない程度に(笑)あいつ、3,000万ぐらいいっているから(笑)あいつは年間7回転ね。

(参加者)安定した売り先が確保できないと、蒔くに蒔けないよね。

→良く見てみると、葉物が一番儲かっている。

(参加者)人件費が三分の一で、全部持っていかれるでしょ。

 

→これ見ました?ホウレン草の収穫の機械。8万ぐらい。かがまなくて良いのでいいです。根っこは残るけど太陽熱で。

 

【最近の畑の様子)

H301119。産地廻り今年の人参。9月の曇天で例年より丈が長い。

【会員限定ページ】

会員向けの限定情報を掲載しています。

会員限定ページはこちら

【更新情報】

【2018/12/12】

 最近の畑の様子に

 11月の人参を 載せました。

 

【2018/9/9】

 最近の畑の様子に

 産地廻り時のレンコン圃場

 の画像を載せました。