会員向け限定ページ

2017.5.25 丸和さん勉強会(ジャガイモの初期肥効と冬春の水管理)

◆越川さん堆肥場&圃場見学

【解説】

■堆肥

→越川さんのところは空気が抜けやすい材料なんです。こっちだと積んでいるでしょ。だから嫌気性の菌が主体になるので、好気をやっているようで、あんまり温度が上がらないんです。

で、嫌気でこういうのが出る。好気でやるとこういうのは出ない。なぜかと言うと水がどんどん蒸発するから。下に染み込む前に上がっちゃう。

(丸山)水をかけれたらかけた方が良いですかね?

→すぐ乾いちゃう。

(丸山)じゃあ、やっぱり配合割合を注意する?

→やっぱり繊維類が無いと空気がスポーンと抜けちゃう。

(丸山)スースーいっちゃう。やっぱり繊維質がある程度水の保持をしてくれるんですね。

→ねばねばした物質になるでしょ。よけい膜になるんです。

あとこの時期だと、普通はこのぐらいの水が出たらハエが出る。でもいないでしょ?

(越川さん)でも、ハウスに堆肥を降ったらハエが大発生しているんですけど。

→それは野菜がいい匂いがしたんでしょ。堆肥じゃないでしょ。

ビニールの隅っこにいっぱい寄っているでしょ。だからウジがたぶん堆肥にあってまいちゃったのかも。

(越川さん)俺もそう思うんです。

→よくニンジンや玉ねぎは根っこに入っちゃってやられる。

(丸山)種バエというやつ。

→そう。曲がるから。

 

多分一部の人は知っていると思うんですけど、市川さんのところで東大と理研が入って、堆肥の成分が畑でどういった変化を起こすのか試験中なんです。彼らが調べたいのは、繊維が液状化したこの黒い物質がいったい何であってどういった働き方をするのか知りたい。これが解明されると、無農薬がなぜできるのかが少しわかって来る。

で、これはもう、糞から出てくるものではなくて繊維から出てくる液体なので。

(参加者)学校の先生は知らないの?

→知らないんです。結局、微生物が食べるために液体化するでしょ、酵素で。で、微生物が食べるんだけど、あまりにも量が多いので余ったやつが植物に使われる。それが様々な形で使われている。それで今呼ばれているのは水溶性炭水化物。水溶性でわらから出てきているから炭水化物。これがどういった物質を特定しようとしている。

 

とりあえず収量がとれたり、なぜ虫がつかないか。それがこの黒い液体物質、そしてここにいる菌。普通だったら逆に黒いところにウジが沸くのだけどウジが沸かないんで、なぜ沸かないのか、がポイントであるんですけど。

今、丸山さんが触っているけど、繊維が分解するとヌルヌルヌルヌルのりみたいになっちゃう。これを糖度計ではかると糖度がだいぶ出る。

なので天気が良い時やあったかい時はチョウとかハチとかが飛んでくる。つまり普通は堆肥場にはハエが飛んでくるんだけど、なぜチョウやハチが飛んでくるかというと、糖を食べにくるんで。実は黒い物質の大部分が糖分ということなのです。

だから糖分なので匂いがしないんです。腐ってアンモニアの臭いがすると人間でもわかるけど、しないのは糖分は揮発しないので、そういった意味では正常に出来ているということ。また温度も50℃、ちょうど良い温度ですね。

で、昔作っていた堆肥と違うじゃないですか、このエアレーションするやつの前と比べて(笑)。昔はハエが飛んできてえらい目にあっていたじゃないですか。それが今は全くないので。

これは馬糞なので、普通は馬のおしっこは牛なんて問題ないぐらい臭いんです。でも全く問題ない。菌が食べちゃっているから。菌が食べながらワラも食べているから。それで分解した液体が出てきている。

 

(丸山)せっかくなんで、九州でやっている実験が目に見えるやつをやっていて、越川さんの研修生がいるんで、畑の土を少しとって、ここの液体を水にして団子にしてもらって、それと普通の水で同じ水分量で混ぜて団子を作ってもらって、その2つを夜の食事の時にどういうふうになっているかを見ると、面白いという話があります。上手く時間を見繕ってみてみると面白いです。

→ここに細かいあぶくが沸いているんですよ。つまり酒みたいに発酵しているんですよ。これを土の中に練りこんだら何が起こるか?

団子になった土は内側からガスが湧いてきて?

水が入った団子とこれが入った団子。この水が入った団子は崩れやすくなる。これが畑の土の中に入っていたら?

(参加者)だから柔らかくなる。

→さらに出来たら、ビール酵母、ピルスナーのビール酵母をさらに混ぜてもらうと、実際に黒い水がアルコールに変わります。ということは、センチュウはアルコールが大っ嫌いなので、菌を変えることで、消毒も出来る、殺菌も出来る。ここまでアルコールは量は増えないので、ビール酵母を入れると良い。

(越川さん)どのぐらいビール酵母は入れたらいいんですか?

→入れると勝手に増える。常にぷくぷく細かい泡が出てくる。ビールを搾ったカスがあるでしょ。それにはビール酵母が付いているから。

なので、この堆肥は主に好気性でエアレーションをかけているのでバチルス菌というやつ。バチルス菌は何をしているかというと、繊維を液状物質に変える。そして自分も食べる。だけど、酵母菌にバトンタッチがうまくできれば、アルコールと二酸化炭素が出るので土を砕く。

(丸山)お酒作りに近い。

→お酒作りですね。なので中に入っている水に細かいあぶくが出る。これにビール酵母を入れると全部泡立ってくる。気味悪いぐらい(笑)でも、それを太陽熱でやってあげるとセンチュウはほぼ全滅する。

(参加者)アブラムシにはききます?

→アブラムシですか(笑)でもこれはアルコールですが最後にはお酢になるんです。地面から軽いお酢が匂うところはアブラムシは来ない。但し乾かしちゃうとだめですよ。水が無いと発酵が続かないから。なので、人工的に雨を降らすしかないです。

(丸山)小松菜のアブラムシにね。

→水ですね、そうなると。

葉っぱにつやが無くなっちゃう。そうすると水がもう無い。

(参加者)この前のゲリラ豪雨に当てたの。だけど中に余計入っちゃって。

→いや、しばらくつかなくなる。最初はつくんだけど、雨降って1週間ぐらい経つとどこかにいっちゃう。食えなくなっちゃう。野菜が硬くなるから。そうすると食えなくなるからどっかに移動する。

だから最初の雨が2~3日はわっと食いつくんです。何においても畑を湿らしておいておくこと。

(丸山)調子が良いところほど水が足りなくなる感じ。なかやさんのところが足りない感じ。

→そう。トマトを作っていたんですけど、ものすごく調子が良かったんです。それで水をどんどん吸っちゃって、地面と根っこが分離した状態になって、トマトを触ると3㎝ぐらいの間でバチンと火花が散る感じ(笑)

普通は根っこに食いついていて静電気を逃がすんですけど、地面が乾きすぎて乾きすぎてアースが無くなっちゃった。夜に見ると指とトマトの間に青白い炎が(笑)トマト触れない感じ。

でも水を撒いたらそういったのは無くなってえらく調子よくなった。やっぱり光合成ですからね。水と二酸化炭素。だから、みなさんのように上手になってくると、必要な水の量が半端なく増えてくる。

(丸山)なかやさんぐらいで、水はどのぐらいの量を必要だったんですか?

→1日で反に大体2トン。でも地面は2㎝しかないんですよ。それでも反に2トン必要になってきた。それぐらい吸っちゃったんです。まあ、実際に入れられたのは1トンですが。でも、周りは1トンで十分です。でもなかやさんのところは2トンでも足りなかった。

この頃、彼らが言い出すのは、「収量が2倍になったら、水は4倍。3倍になったら9倍。二乗で入れないと足りない」と言っています。

ということで、非常に良い堆肥を作られているので、センチュウや成分を悩んでいるということがあとあれば、ビール酵母を撒かれるのも手かな。温度もちょうど良いので。

ビール酵母は特に仕上がりの所で入れる必要がある。最初の温度が上がる所に入れると死んじゃう。最後の仕上がりのところに入れる。そうすると液体が多くなるので増えやすくなる。お酒作りも最初は入れない。最初は糀。なので、そういうふうにして下さい。

一応。理研の方でわかってきたのは、アルコールがあるというのがわかった。あと酢酸があるということがわかった。あと酪酸になるということがわかった。

だから、地面の中にアルコールや酢があるということがわかった。で、東大の方はお酢や酪酸が根っこから吸われているというのが確認できた。だからこの物質はただ単に無くなるんじゃなくて、土を柔らかくした後に、根っこから再吸収されているということがわかった。ガサだけではなかった。

(山崎さん)phも下がる?

→phも下がる。だから、出来れば堆肥もphがギリギリまで低いと。

(丸山)そこでミネラルとくっついてい、キレート状で入っていくという。

→その代わり葉っぱが分厚くなって、水の蒸散も激しくなるんで、量もとれるけど水が必要になる。彼らもやっと無農薬の仕組みが見えて来た。雑誌ネイチャーに発表するといきこんでいた(笑)市川さんの名前も出ますんで(笑)仕事にならなくなるね(笑)

 

夏の実験で、太陽熱かけている最中と、はがして時間ごとに何が起きているか実験している。で、今わかっているのは、太陽熱をかけている時よりもはがした後の方が土が盛り上がっているそうです。だから何が起こっているのかね。

(参加者)やっぱりそう思うけど、ハウスの間がだんだん高くなっているよね、土が盛り上がっているよね。本当に。

(参加者)em菌じゃだめなんですか?

→目的があるんです。酵母菌の中に二酸化炭素をたくさん出して土を柔らかくさせるというのと、二酸化炭素を出すんだけどアルコールを沢山つくるというもの。だから何をやるか、ということ。土が硬いなら二酸化炭素をたくさん出させる。虫や病気がちょっと多いというならアルコールも欲しいな、と。だからそこの酵母菌の種類を選ぶことで、堆肥の活かし方が違うんです。

(越川さん)だから柔らかくしたかったら二酸化炭素を出すもの?

→パン酵母。パン酵母はアルコールは出ない。パンの方が安い。ただ、僕らが良く使うのは、白神のホシノ天然酵母。あれが二酸化炭素を出す。アルコール量が多くなるのはビール酵母が圧倒的ですね。なので、それぞれの目的で選んでください。

(丸山)酒粕なんかも?

→酒粕もいいですね。酒粕は肥料だから、逆にいうと、菌をやりながら窒素肥料をまいているんで、1粒で2度美味しいというやつですね(笑)アミノ酸肥料として、窒素5%ぐらいあるんです。

(丸山)でもあれの難点は、つぶして嫌気状態なので、ちゃんと崩さないと塊になっちゃう。

→普通の肥料と違って板なんで(笑)

(丸山)堆肥に入れるとか?

→いや、なかなか崩れないです。

(参加者)水に溶かすとかは?

→いいですよ。

(市川さん)菌ってさ、実際、葉面散布したのと土中にかん注した時ではさ、どっちが生存率というか、仕事をするあれが多いの?

→土中です。というのは細菌類というのは、こういった水の多い所じゃないと暮らせないんです。つまり土の中の水の量。

カビ類というのは葉っぱの表面でも生きられるんです。つまり、腕の皮膚とかでも接触しているところにちょっとでも水があればいいんです。ちょっとした水でいいんです。でも、ちょっとした水であれば納豆菌なんかは生きられないんです。

(市川さん)紫外線なんかには弱いんでしょ?

→細菌類は弱いですね。

 

ということで、せっかくこういった堆肥のように良い原材料を持っているんで、これをどういった目的で使うのか、ここに入れる菌で変わってくる。そういった段階にそろそろ入っている。というのは、オーガニックフェスタに今後出すんですよね?

(丸山)はい。

→オーガニックフェスタのデリカフーズのスコアを、丸和組合でもぜひ出して欲しいんですよ。

(市川さん)いやさ、それ用の堆肥が出来ていないからさ。

→いや、この前のむちゃくちゃ甘い人参あったでしょ。あれを出していたらトップだったんですよ。

(市川さん)作るのに畑5反歩必要だったの。

(丸山)あぁ、原料で。

(市川さん)だから、あれがハウス1棟分と人参何畝かの分で5反必要。だから、この堆肥場を埋めるのに10町歩ぐらい必要。その仕事が大変。

→まあ、自分の所で作るだけでなくて、原材料、今回、市川さんのところは和三盆をとったのとバッカス、サトウキビのカス、あれを送る予定なんですよ。それが高糖度ソルゴーと一緒なんです。それを堆肥と一緒にやって、で、糞などで栄養価が上がるんじゃないんです。糞とかじゃないんです。繊維なんです。繊維が多い方が実際に土の中に入った時に甘くなったり栄養が高くなったりするんです。だから糞は微生物の起爆剤。糞系が多いと全然栄養価は上がらないです。

ということで、だんだんと解明されてきていますので。ワラの方は燃える方なので炭素、糞の方は窒素。C/N比。このぐらいのC/N比だと栄養価が上がるとか、このぐらいのC/N比だと量はとれるけど栄養価は上がらない、とかわかってくると思うんです。そういったことを今日は打ち合わせの時にお話しできればと思います。

■ジャガイモ畑

(越川さん)種は3月10日ぐらいですかね。あのネギも3月15日ぐらいですね。

ジャガイモで反2トン半ぐらい、場所によってですよね。

堆肥を入れていないです。堆肥を入れないで肥料を入れている。

→ちなみに、うちの北海道のジャガイモを見ると、木の高さを見るとこのぐらい(腰より高い)です。収穫間際の。

窒素は大体18入れます。で収量は4.5トンから5トン。これ、窒素量で大体8㎏でしょ。その倍入れています。

(越川さん)追肥は?

→追肥を入れるとジャガイモは割れちゃうんです。ジャガイモの量をとる秘訣は何でしたっけ?まあ、これ、ぬいてみればわかっちゃうんですけどね。

(参加者)ストローを沢山出すということが。

→そう。だから親芋から出すストローの量は、大体4個ぐらいまでなんですよ。次は肥料を吸ってからストローを出すんです。ということは、吸いの良い、ストローを出す原材料になりやすい肥料を仕込むと、親芋の4つが出た後にすぐに出るんです。ということは、規格が揃うんです。

つまり、4つ大きさが大きいのがでてその後ランクが小さくなって、というのが無い。抜いてみましょう。

→小さいですね。

(越川さん)そういうことですね。

→そういうことです。で、これが初期肥効が良ければ、全部同じ大きさなんです。あとで写真を見せますね。だからこの違いが、大きさの違いになるんです。

 

 

実はジャガイモというのは短距離勝負なんです。最初にストローがどれだけ出せるか。

この物質が何でいったい作られているかということなんです。特に先端の部分。これが出ないとどうにもならない。これが一体何で出来ているか?物質を検知すればすぐわかっちゃう。

 

炭水化物って、記号でいうとCとHとOしかないでしょ。だけど、これは窒素肥料をあげるとNがあるんです。すると、先端はたんぱく質なんです。細胞分裂を起こしているところなんです。なので、タンパク質前の物質って何ですか?その先端で吸っているものって何ですか?たんぱく質の一歩手前。

(参加者)全然わかりません(笑)

→あのね、女性は、全員タンパク合成生命体なんです。知ってます?赤ちゃんって、卵子から人間の体になる前にタンパク質なんです。

これ、実は子供が出来ているのと一緒なんです。

市川さん、わかるよね?

(市川さん)わかんねぇ(笑)アミノ酸?

→そのとおり。女性のみなさん、知っているでしょ?子供出来たら、何が赤ちゃんを大きくするか?普段食べているもの、ご飯、白米、次、豚の赤身、次、野菜のほうれん草のような葉っぱもの。その3つのうち、どれが赤ちゃんになるんですか?

(参加者)考えて食べたことありませんでした(笑)

→体を大きくするのは、ご飯なのか、お肉なのか、葉っぱなのか?お肉が胃袋で分解されて液体になって小腸で吸収されてから血管にはいって胎盤に入るんです。赤ちゃんが動くのはご飯、エネルギーです。葉酸の類はほうれん草。メインはたんぱく質。

でも、たくさんジャガイモの子どもを同時に出そうとおもったら、タンパク質になる一歩手前の液体の物質、つまりアミノ酸を親芋の周りにたくさんあげれば、一気に吸って、自分だけのジャガイモを増やそうと思う。

(越川さん)路地でやっているんですけど、マルチを張った方がよいですか?

→そうだね、温度高い方が根は張りやすいし、有機物の分解も早い。

(参加者)そうか病は?

→そうか病は、コアギュランス。ラクトバチルスコアギュランスというそうか病が嫌がる菌をスプレーで振ってしまう。そうすると853が酸っぱい方へいく。そうすると増えない。

(越川さん)米ぬかふっているんですけど。

→できるだけね、コアギュランスを振るといいね。今、整腸剤の一番強いやつね。有機物にくっつくと酸っぱくするやつ。肥料に蒔くと肥料が酸っぱくなる。そうすると病原菌が増えない。コアギュランスは代用が簡単なので、かつお出汁、ファイブミニという飲料、つまり、ガラクトースが入っている水溶性繊維、この2種類で簡単に代用できる。肥料を撒いたあとにダ~っと動噴で撒いてうなってあげれば、そうか病が増えない。

(丸山)そうか病がある畑だったら、後処理でやれば密度はがっと下がる?

→そう。で、出来るだけジャガイモをやる時は、この堆肥を直前には入れない方が良い。なぜかと言うと放線菌が繁殖しているから、病原菌と放線菌は親戚だから、逆に入れない方が良い。

(市川さん)小祝先生、ラブレを培養して増やすとしたら、糖蜜なんかで溶いて糠で培養できる?

(小祝さん)糖蜜だとラブレ菌は死んじゃうんですよ。オリゴ糖でないとダメなんです。オリゴ糖とかつお出汁。オリゴ糖がかれらのエネルギー源で、かつお出汁が彼らの細胞分裂のエネルギーになる。

(参加者)今でも間に合うんですか?

(小祝さん)いや今はもうダメ(笑)今はもう菌がついちゃっているから。肥料を撒いた時に最初にどっちの菌が食べるかでもう決まっちゃうんです。菌って犬と一緒なんで、エサが来た時にグルグルって一気に食べちゃってそれで終わり。

(参加者)アブラムシがここは出そうだなってわかったら、要するに酸っぱい方をやるためにそういうのをかけておけば減る?

(小祝さん)そうですね。酸っぱいやつだと減る。アルカリ系のものだと大体来ます。だから堆肥のph測るとやばそうなのは大体その時点でわかります。なんとなくわかると思いますけど、アンモニア臭するのはアルカリ系なんで。目がちかちかスースーするのはアブラムシを呼んじゃいますので。

まっ、そろそろ丸和さんは次の段階に入るので、今度はコンテストに出場して関東勢は賞を取りに行くので。あゆみの会さんかも何点か出品したんですよね。入賞は何件ですか?

(丸山)2件で菅谷さんのイチゴとアクトさんの小松菜ですね。

(小祝さん)丸和さん、ぜひ賞をとってくださいね。バイヤーも来ていますからね。

そろそろ菌の使い方をちょっと色々変えていくようにね。ただ堆肥を作るのではなくて最後にどんな菌を仕込むかで全然違っちゃうので。宜しくお願い致します。

【最近の畑の様子)

H300905。産地廻りレンコン圃場。今年も大風の影響で。

【会員限定ページ】

会員向けの限定情報を掲載しています。

会員限定ページはこちら

【更新情報】

【2018/9/9】

 最近の畑の様子に

 産地廻り時のレンコン圃場

 の画像を載せました。

 

【2018/7/25】

 最近の畑の様子に

 水稲勉強会2の画像を

 載せました。