会員向け限定ページ

2018.5.24 丸和さん勉強会(炭水化物堆肥の利用、ジャガイモの種芋)

◆越川さん圃場見学

◆市川さん圃場&堆肥場見学

◆吉川さん圃場&堆肥場見学

◆杉本さん圃場&堆肥場見学

◆島田さん圃場見学

◆山崎さん圃場&堆肥場見学

上記のテーマで勉強会を行いました。

ご覧になりたい項目をクリックすると、詳細ページに飛びます。

 

◆山崎さん圃場&堆肥場見学

■キャベツ畑

 普通なら匂いが漏れていて、チョウチョがこの上を飛んでいるけど、一切匂いが漏れていない。OKだな。ちゃんとクチクラ層もしっかりしている。

■ごぼう畑

 もうダメな時はこれでもう黒くなってダメになっているんで。OKです。普通はダメな時は豆っ葉が黒くなってダメになるので。これはOKです。

■人参

(丸山)色がまだのっていないのは、まだそういった意味では。

→葉っぱがまだ伸びていないでしょ?だからどっちかというと早めに開けてストレスをかけた方が良い。その方が下の太りが早い。どうしても過保護にいってしまう。

だから、さっきの場所より20日後に播種している。

(市川さん)だけど、雨が無かったからちょっと波うっていますね。

→ちょっとね。

(参加者)寒さでとうが立つというけど、そうでもない?

(丸山)窒素がちゃんとあれば。窒素が無くて気候変動があると窒素残すためにブッといかれちゃうっていう。多分、化成で雨がガンガン降って窒素が流れてて、寒さが当たって、という経験を化成系の人が知っていると、「寒さを当てると」というのに多分置き換わっちゃっている。有機の場合はそんなに多分抜けないから。後から出てくる部分も多分あるので。

で、炭水化物量も多いので、寒さの影響もそこまで化成よりは。

→霜げない。若干、霜に当たっても全然屁でもない。

(山崎さん)まあ、トータル、そんな感じで、ほきは平といえば平だよね。

(丸山)まあ木を売るのではないので(笑)

→あと、これが立ち過ぎちゃうと人参が軽くなるんですよ。蒸散率が高くなるので持ってかれちゃう。

OKです。

■堆肥

これ廃菌床ですよね?

(山崎さん)いや、馬糞。

→廃菌床の匂いがしますよね。これ、炭素率が高いんだ。香ばしい香りがしますね。なんか、甘い香ばしい香りがする。

(山崎さん)もみ殻は積んだ場所によってね。

これ、人参の10トン獲りが出来る堆肥なので。

(山崎さん)いやいや(笑)

→いや、まじで、このパターンなんですよ。

(参加者)これ、どのぐらい入れるんですか?

→大体、反に10トンぐらい。それであと窒素を20kgぐらい。反で10トン獲ったらどうなる、という話。

(丸山)春だったら、うちで全然大丈夫。まあ単価は安いか。

→でも、10トン獲ったら単価安くてもいけるよね。

(丸山)これが、手で触るとヌメヌメ感が一番わかりやすい。

→そのうち水気が飛ぶとネバネバしてきますよ。繊維が糖になったんですよ。だから、窒素堆肥では収量は狙えないんです。危なくて。これが逆にいうとブレーキになるから。だからこれで窒素の挑戦が出来るんですよ。

(山崎さん)あとはこれをぶっこんで、853であれか。

→8条で狙っていいと思いますよ。

(山崎さん)トンネルも小さいのでやっていたんだよね。まあ、空間あった方が良いものね。

→で、頭が伸びないからお互い邪魔をしないんですよ。低いので。

(山崎さん)あぁ、そういう考えもあるか。逆に小さいからあまり保温要素が無いかな、と思って。

→人参の葉がうわぁ~っと伸びちゃうと、重なって組んじゃうんで、風通しがめちゃくちゃ悪くなるんですよ。でも、立っているだけだったら全く絡まないから。10トン獲り出来たら、いや、この土の能力なら15トンなんだけど、まずは10トン狙ってもらって、それが出来たらまた上へジワジワ攻めていけば。だって、人参で10トンとれたらいくらになります、っていう話ですよね。だってこの辺の作付けなら3トンがいいところですよね。

(山崎さん)そうだよね。

→今、教えている徳島や愛媛の生産者はトップで最低8トン、平均で10トン超え、トップの人は15トン狙っている。

(参加者)でも、狭いから足が入らないでしょ?

→そうですね。

(山崎さん)8万本って言ったっけ?

→いや、10万本。150~180gの間。

だから、あの作付けの仕方を一度見に行った方が良い。

(参加者)草退治は?

→太陽熱をやっているから生えない。また通路も狭くてかぶっているから生えない。

(参加者)ベタガケじゃなくてトンネルでしょ?

→いや、トンネルやらないですよね。太陽熱をやったらそのままで、寒さ当てちゃうんです。ベタガケはします。それ以降はストレス、ストレス。過保護には絶対しない。だから木がほきない。ほきないから葉の枚数が出る。

だから意外に人参ってほきていないのをとったら大きいというのがあるでしょ?でも上へ伸びていてとったら、あれ?というのがあるでしょ(笑)

(参加者)鶏糞でやって、最高と思ったら木ぼけの経験がある。

→上へ作っちゃだめなんです。

 

(杉本さん)いつ蒔くの?

1月蒔きと9月蒔き。1回途中で太陽熱を必ず。太陽熱は8月に入って。多分明けていると思います。長い人は1カ月ぐらい太陽熱やっている。長くかけている可能性はある。その代わり土は柔らかいですよ、ここと同じフカフカですよ。ただ、窒素堆肥じゃなく、木の方の炭素堆肥。だから堆肥で仕入れ20円のなんて使わないです。みんな30円以上。だから今までの概念だったら10円とか15円でしょ?そんなの入れたらもうみんな病気や虫が出ちゃう。

(丸山)みんな原料持っているからあとはやるだけ。

→そう。地面の中にも炭水化物が入っているから、寸胴になるんですよ。学校で習ったことがあると思いますけど、円錐の人参って、半径×半径×3.14×1/3。寸胴だから楽に3倍になるんです。それで長さが1.3倍に大体なるんで、ということは、3×1.3倍っていくらになると思います?4倍。ということは、3.5トンの4倍は?14トン。だから理論上は誰でも出来る。でも、それを微調整して15トンいっている。

(参加者)失敗するとsしかとれないということは?

→なんない、なんない。

(参加者)結構、株間が狭いと小ささの怖さがあって、結局、規格の…

→それは、窒素量が違う。さっきいったけど、最低60kg入るから。逆に小さいんじゃなくて、1個小さいとその隣がどでかくなっちゃって。そっちの方が怖い。

(参加者)60kgというと、853だと何体になるんだい?

→向こうは853じゃなくて発酵鶏糞です。アミノバードというやつ。後は絶対発芽を揃える。大きい小さいという差がついちゃうと、後で絶対その差がついちゃう。だからパオパオかけて全部揃えて。発芽を絶対そろわせるという。だから、年に2回作って、1回500万だから、2回で1000万ですよ、人参だけで。

で、あの人はミカンも作っているから、ミカン、かんぺいが1個1000円でね。とんでもない。銀行辞めて、今の方が稼いでるって(笑)それを見た息子が帰ってきて。どういう息子かというと、北朝鮮から飛んでくるミサイルを迎撃するチームの主任だった人。3年かけて帰ってきた、すぐ帰れないからって。それですぐ敷地に家を建てちゃった。人参御殿って(笑)だから人参だけで2町歩やっている。だから億単位。もうわけがわからない状態(笑)

でも、量がとれるのであれば人参が一番儲かる。今、人参の需要が増えているから。質が良いのがとれて量もとれるなら。

僕の知り合いだから、岡山に行って、そこから新幹線で乗り換えればすぐなんで。1時間半ぐらいかな、松山まで。みかんと人参見て下さい。トウモロコシも半端ないよ。温泉もあります(笑)

(杉本さん)トウモロコシは虫食われないんかい?

→全然、無農薬です。

(杉本さん)どうやっているんだい?

→だから一度その辺は見に行った方が良いですよ。いろんなやり方がある。防除というか、言っちゃったら面白くないから(笑)

(山崎さん)まさか穂をとるんじゃないよな?間に合わないものな?

→良い勘しています。この列は全部取る、次の列はとらない、次は落とす。で、その落とす所も全部落としてその次の列は全部つけっぱなしではなくて、ところどころ穂をとっているだけで、ほとんど落としちゃうんです。虫が入る前に落としちゃうんです。花粉を作っている時って、アミノ酸がぐんぐん上に行くんです。それを求めて虫が入るんで。

(山崎さん)じゃあ、穂が出たらすぐ切っちゃっていいの?

→みんな穂が出る前に落としちゃっています。だから芽が見えるでしょ?そうしたらバン。あとは花粉は飛ぶから。

(山崎さん)そうか、じゃあ俺らは時期が遅いのか。で始まってからやっているから(笑)受粉すると思っているからな、あんまり早くとってもと思っていたけどな(笑)

→だから、受粉するのは虫が入っても良い、という感じなんです。

(山崎さん)あぁ、なるほど。

(杉本さん)でも、虫食っても頑張っても4割か。花残しても4割残してあれば、虫食っちゃうと思えば、おんなじ確率かな。

(丸山)でも結構飛ぶと言いますよ。かなり飛ぶらしくて。

→飛びますよ。だからおそらく100本トウモロコシがある内、花粉のために残すのは5本ぐらい。

(山崎さん)そんなもんか。ふ~ん。

→だから、頭1回飛ばして、やってみると。

人参は是非見てもらいたいかな。別世界だから。研修に行く時期は聞いてみますね。まあ、向こうと商圏は重ならないから多分受け入れてくれると思います。

(参加者)じゃあ、帰りにどの温泉に入ればいいか、先生に聞いてね(笑)

(参加者)LCCで成田から5000円で行けちゃう。

→新幹線より全然安いね、じゃあ、絶対研修だね(笑)

【最近の畑の様子)

H301119。産地廻り今年の人参。9月の曇天で例年より丈が長い。

【会員限定ページ】

会員向けの限定情報を掲載しています。

会員限定ページはこちら

【更新情報】

【2018/12/12】

 最近の畑の様子に

 11月の人参を 載せました。

 

【2018/9/9】

 最近の畑の様子に

 産地廻り時のレンコン圃場

 の画像を載せました。