会員向け限定ページ

2018.7.23 和梨勉強会

◆座学1

◆押田さん梨園 見学

◆押田さんキウイ園 見学

◆清田さん梨園 見学

◆佐藤さん梨園 見学

◆今日のまとめ

 

上記のテーマで勉強会を行いました。

ご覧になりたい項目をクリックすると、詳細ページに飛びます。

 

◆清田さん梨園見学

(清田さん)先生、一本切ってしまおうかと思う木があるんですけど、見てもらえますか?

多分、この木から入ったと思うんですけど、気が付いたら、この一角がひどくなってしまったんですよ。

結構、いっちゃっているな。観察している感じだとこれといって悪いのは見えないけど。

(旦那さん)秋過ぎにダニが相当ついちゃったみたいだね、徒長枝にね。

→それが移っちゃったのかな。

これって、元肥とかはどうやっています?

(旦那さん)元肥はオーガニック、ハーモニーシェルも全部入れて、ペレットも入れて、けい土も入れて。元肥に微量要素も暮れに撒いて、6月にも撒いて。

(清田さん)先生にね、お父さんがダメで切っちゃおうと思った木があって、それを診てもらおうと思ったら、治っている。

→どこが悪いんですか?全然わからない。

(旦那さん)去年は悪かったんですよ。秀玉という梨で、強剪定しちゃえばいいと思って、短くちょん切っちゃった。

 

→これって結構、鉄を撒きました?

(旦那さん)はい。

→樹勢がまず弱っていくのは鉄欠乏からなんですよ。樹勢が弱い時は鉄をまずは撒いて下さい。

(押田さん)微量要素って多めにやっても障害はない?

→大丈夫。若干多めで。それにしても、どこが悪いのか全くわからない。

 

(旦那さん)これ豊水なんですが、4,5月に特に丸まっちゃったんですね。

→まだ根が発達していないんですよ。こういうのも鉄を多めにした方が良いんですよ。

あとね、出来るだけ追肥で酒粕などを。オーガニックでもいいんですが、酒粕だと土が柔らかくなるので根の張りが良くなるんですよ。

あとはね、岡山とかはほとんど酒粕。

(押田さん)じゃあキウイにもいいですね。

→いいですよ。

(旦那さん)ダニがついたらもうダメなんで。

→そこだけ薬がかかりずらかったのかもしれませんよね。

(旦那さん)先生、この木がね、花が咲かなかったんですよ。花がぽちょっとしかならなかったから、もう全部花芽を取っちゃったんですよ。そしたら息を吹き返したんですよ。どういうことでしょう?

→いや、養分の分配が良くなったんでしょう。やっぱりリンをちゃんとやらないといけないですよね

 

(丸山)水はこの周りなんですか?

大体、空いているスペースでやっている。あんまり浸みていないかもしれないけどね。気まぐれになっちゃう感じはあるんですけど。

(丸山)棒を指してみますか。

(清田さん)5~6年前の紋葉の頃とは違うわよね。

→だって、木の肌の色が違うもの。やっと正常に戻りましたね。

(押田さん)努力しているから。

 

<棒を刺してみて>

(丸山)入りましたね。

(清田さん)この辺、硬いと思ってたんですけどね。

→だから、こういう木になると量がとれるようになるんで、鉄を始めたした微量要素が減っちゃうから。そうすると、この元葉がやられますからね。特に苦土欠にならないように。

(押田さん)どういうふうにすると元葉やられるって?

→根が張って、良い状態になると養分の吸いが良くなって、減りが激しいんですよ。その中に鉄とか苦土とか一番減らしちゃいけないものが。

(清田さん)鉄は年に2回。

→何%ぐらいですか?

(丸山)凄い少ない。

→ちょっと足りないかも。

(丸山)リグニンミネラルなので、それで結構安い。

(清田さん)ただ、前に収獲に近い時に、かおりが、中が変色してしまったので、少し早めの時期にやるようにはしているんですけど、もうちょっとやっても良いですよね。

→基本的には元肥ですからね。

(清田さん)そうですね、元肥でもやっています。え~とね、去年は元肥ではなくて、収穫が終わって、まだ葉が残っている間にやってみたんです。

→あ~、ちょうど良いです。

(清田さん)それで、あとは追肥で。

→樹勢回復期に一番必要なのは根の張りなので、鉄は必須です。鉄が無いとどんどん弱くなっちゃうので。鉄は活性剤です。梨の茶色の赤い色は鉄で出るので。色が出れば出るほど、鉄不足になる。

(清田さん)前はこんなじゃなくて硬かったからね。草が抜けなかったからね。

(旦那さん)土は柔らかくなったからね。

(丸山)あの太さの棒が入るのは尋常じゃないですからね(笑)

→これ、酒粕使うともっと柔らかくなります。肥料として撒けばいいです。溶いて撒ければなお良いです。反当たり40~60kg。撒いてあげると、土がふかふかになる。出来れば秋口から。

(丸山)葉がある時にある程度やってあげないと下に沈まないっていう。

→そうすると、来年の春、最初から調子が良いね。やっぱり調子が良い時って、春先から調子が良いんですよ。途中からじゃないんで。

ま、やっと安心して見られるようになりました。あとは桃やりましょう(笑)

(清田さん)来年は先生に是非美味しい桃を食べてもらって(笑)

【最近の畑の様子)

H301119。産地廻り今年の人参。9月の曇天で例年より丈が長い。

【会員限定ページ】

会員向けの限定情報を掲載しています。

会員限定ページはこちら

【更新情報】

【2018/12/12】

 最近の畑の様子に

 11月の人参を 載せました。

 

【2018/9/9】

 最近の畑の様子に

 産地廻り時のレンコン圃場

 の画像を載せました。