2019.5.17 丸和さん勉強会(深くまで気層を作る堆肥作り)

■島田さん堆肥場

ちゃんとこうやってライン切ってやれば良いのが出来るかな、と。で、後ろに全部バルブがついているのかな?

(島田さん)そう。

→なので空気を出すところと出さないところが分けられる。

(丸山)島田さん、これ原料は馬糞?

(島田さん)馬糞だな。

(丸山)馬糞は豚糞の時に比べてベタベタ感は少ないのかな?

(島田さん)うん、さらさらしているけどな。

→まあ、みなさんちゃんとできているし、どうこう無いのだけど。

(山崎さん)俺も同じところから運んでもらっている(笑)

→ただ、山崎さんは発酵のさせ方が少し水が多いんですよね?

(山崎さん)いや、少ないと思うよ、多分。俺は1回失敗しているから(笑)

(丸山)控えている(笑)

→前は結構水をやっていましたよね(笑)

(参加者)水はどうやって撒かれるんですか?

(丸山)スプリンクラーで。

→かけっぱなしだとビチャビチャになっちゃうんだよね、忘れると(笑)

(高橋さん)最後に堆肥を乾かすのはどのぐらいの状態が乾くという感じ?

→これはもう発酵しないんです。加水分解しないんで。

(高橋さん)このぐらいに乾かしちゃって、あとは止めて。

→これは置いておいたから勝手に止まった(笑)

(高橋さん)相当乾きますね。

→なので、基本的に色々ベトベトしているでしょ?あとは何もいじらず乾かしちゃっていいんですよ。平気で1年持つ。広げて乾かせばさらに余分な炭水化物がつかなくて済む。

ワラも触るとボロボロでしょ?もうセルロースになっていないんですよ。

(丸山)普通、木質が手で切れないと分解されていないんだけど、これが手でちぎれちゃう、簡単に。これはある程度分解されている。

(丸山)良い放線菌も入っているしね。

(島田さん)けっこう堆肥がピガピガ光った。初めてだ。今まではたまに少し光っているかな、ぐらいだったけど、今年は結構光っていた。

(丸山)へ~。菅谷さんも堆肥が光ったと言っていましたね。

→これ、堆肥場を全員揃えるの何年ぐらいかかりましたっけ?まず、越川さんが揃えて。越川さんが良いものが出来るのを確認していからバタバタと(笑)

(市川さん)でも、屋根が出来てから野ざらしじゃなくなって、雨とか風とかの被害を受けなくなって、栄養分のタンパク質や窒素分をここに留められるようになってからだよね。堆肥自体の分解速度が変わったりとか。

→そこに行くまでは野ざらしでベタベタで腐っていて。

(市川さん)すみませんね(笑)

→最初、越川さん青筋立てて切れていましたね(笑)これは大ゲンカかもと思ったね。丸山さんが正直に言ってくれといったからね(笑)衝撃的なコメントが出ると思わなかったでしょうね(笑)正直ゴミですね、と言ってしまいましたからね。

(丸山)でも、世間的には来る途中も臭い堆肥があったのを考えると、まだまだ世間的では無いという。だから自分たちで確立しながら、同じ情報を持っている人たちと交流しないと、一般の人達は、あれも堆肥、これも堆肥、じゃあどうなの?という事を考えたら、やっぱり全然違ってしまうという。

→まあ、しょうがないよね。情報量、勉強量の差だから。

(市川さん)あの、慣行の畑に行くとさ、灰みたいだよね。足でキュッキュと音がしそう。堆肥物がないと要するに保肥力は無いし水分は抱かないし、堆肥から出てきたいろんなもので畑が柔らかくならないし、そういった部分が全て作物にプラスになる、根っこの生え方が、表層に生えるか下に入っていくかで、温度とか水分とかの影響を直に受けなくなってきて、最後まで収獲して良いですよ、という状態を生産者の我々がわかった時に収穫が出来るようになるまでに、堆肥と土との関係が良くなって作物が良くなるまでに、10年かかったよね。

小祝さんが853を持ってきた時、「?」という感じだったけど、今になればそうだよな、と思えるようになったし、考えられるようになったし。

難しいかといえば難しかったけど、今までの慣行というのから見るとまるっきり違う次元で、世間から見れば宗教だ、と未だに言われるけど。

→結果、ものが出来ていればよいんだよ。高橋さん、稼いだもの勝ちだよ(笑)

まあ、有機農業はちゃんとストライクゾーンに入ると多収穫になるんでね。大丈夫です。

(高橋さん)それは、キャベツなら個数は増えないけど製品率が上がるという?

→そうです。揃えが良くなる。あと農薬代とかそっち系が出ないから。

(市川さん)でも人件費が上がる(笑)私だって150万ぐらいかかっているんだから。

→月に?何町歩やっているんですか?

(市川さん)そんなにやっていないよ。

→太陽熱やっているんですか?

(市川さん)出来るわけないじゃん、1月なのに(笑)

→そりゃ、草取り大変ですよね(笑)

まあ、みなさんベースは良い堆肥なので。理論的に考えられている堆肥で、勝手に作ったものではないですね。酒や味噌の仕込みと同じで1次発酵と2次発酵でね。

では、山崎さんの所に行こうか。

(丸山)島田さん、畑はどうですか?

(島田さん)トウモロコシはあまりよくなかった。虫が道路際が凄い。

→根切りにやられました?しょうがないね、この時期はね。

(丸山)今年、雨は少ない?

(参加者)いくぶん、少ないよね、パラパラで終わっちゃっているから。だから幾分、虫がね。

 

濃度が濃くなっちゃうからね。

→うん、ちょうど地際のところは甘くなるからね。

(参加者)だから火曜日、水曜日の雨が楽しみだな。

→まあね、雨が降ればこれでガラリと変わる。

(高橋さん)これだけ乾いた後の雨は大丈夫なんですか?

→まあ、多少の被害は出ますけど、それを乗り越えないとこれは駄目なんで(笑)

(丸山)生育途中はまだいけるんですが、締めの時にやられるともう手がつけられない。

(高橋さん)小手先でお酢を先に撒いておいて雨を待つというのはどうなんでしょう?

(丸山)どうなんでしょう、雨が無かったら?

(高橋さん)葉面散布?

(丸山)お金もかかるし。

(山崎さん)いつでもいいんじゃないか。俺も終わりの時にお酢をかけるけど。で、雨が降れば完璧だけど。

(丸山)お酢以上に雨かな?逆にお酢じゃなくて水をかけた方が。

(高橋さん)あぁ、軽くね、そうかそうか。その時の水の量はどのぐらいの塩梅で?軽く?干ばつの後に、もの凄い雨が降りそうだ、という時は、衝撃を抑えるために間に水を撒いておこうと、その時に軽い水というのはどのぐらい?

→いや、ダメでしょ、軽いと。しっかり入れないと、最初に一発目が濃くなっちゃう。それこそエライことになる。それならドンと降ってもらった方が良い。撒くんだったらしっかり撒かないと。硝酸の濃度を薄くしないと。

(高橋さん)じゃあ、その干ばつの後の大豪雨の前にしっかり自分で水を打って、もう1回豪雨、という事ですか?

→まあ、豪雨がどのぐらいかに依るけど。読めないよね。まあそれは豪雨と関係なく普通はちゃんと水を撒くのが筋だよ。

(丸山)逆に乾燥の前の、乾燥だから撒かなくちゃいけない、じゃなくて前に。

(高橋さん)じゃあ、乾いているからちゃんとやろうというか、定期的に見ながらやっていくという。

(丸山)逆に乾く前の方が良いのかな、と自分は思うんだけど、作業性が合わないのかな?

【最近の畑の様子)

R10828。オイシックス・ラ・大地のテレビ取材対応。

【会員限定ページ】

会員向けの限定情報を掲載しています。

会員限定ページはこちら

【更新情報】

【2019/8/28】

 最近の畑の様子に

 オイシックス・ラ・大地のテレビ取材対応。を載せました。