■清田さんの桃を食べて

千葉でも十分、桃が出来るということだ。袋をかぶせればもっときれいにね。

(清田さん)もうちょっと置いておいた方が良いか。柔らかくしちゃうと、どうしてもぐちゃぐちゃになっちゃうので。

→随分、カルシウム効いていますね。相当撒いたんですね(笑)

(旦那さん)カルシウムの味がわからない(笑)

→酸味が柔らかくなる。

(清田さん)先生はごまかせないね(笑)実は梨と違ってどれぐらいかわからないので、適当に撒いちゃったんですよ。

→結構、撒いたんですね(笑)カルシウムが多いと痛みが少ないんですよね。熟成がゆっくりになるので、店先に長い時間置いておけるようになるんです。

(清田さん)そうなんだ。じゃあ、少し置いた方が甘くなるんだ。

3種類あるんだけど、名前がわかんなくて(笑)

(旦那さん)大きいに玉という種類。白桃と中生と晩生。

→桃なんて悪天候でみんな遅れていて出せていないって聞いているよね。

(清田さん)この前、山梨の凄い桃をもらったんですが、やっぱり凄くえぐくて、甘味が無くて、何日か置いたら中が真っ黒になっちゃったんですよ。

(丸山)窒素が高いんです。結局、消化しきれていないんです。

→そう、窒素が切れていないときついですよね。エグイし、不味いし。

山梨、今、美味しいのは無いですよ。

(丸山)天候は関係なく追肥とかしちゃうんですか?一般の人は?そこまではしない?

→多分、やっちゃうんでしょうね。今年は天気が悪いからって、肥料を余計やっているから。見栄えは大きんだけど、エグイ(笑)

(丸山)その判断を普及所さんとか農協さんとかは言わないんですか?この天気だからって。

→だって、彼らは(笑)小さければ売れないって。S球だったね。

(関口さん)先生だったらこれ食べてカルシウム効いているって、すぐわかるでしょ。一般の素人の方が食べる分ではどうなんでしょうか?

→わかるでしょ、だって今、他はみんな不味いんだから(笑)

僕、桃好きだったから買ってくるんですけど、みんなエグイんですよ。

この天気だと必ずエグくなるんですよ。だから、逆に言うと、この桃は元肥は一発で後はやっていないですよね?

(清田さん)先生、あのね(笑)元肥、あゆみの会で全部準備して、振ろうと思っていたら振り損ねちゃったんです(笑)

→じゃあ、これは地力で作ったんだ(笑)

(清田さん)それで結構、草が生えるので、草が肥料になっているわけじゃないけど。(笑)あの、オーガニックとハーモニーシェルとキーゼライトはたっぷりと振れたんですけど。

→でも、それ凄いですね。それやった時期が早かったんですか?

(清田さん)え~とね、前は少し遅くて苦みが残った時があったんですけど、今回は早めにやったんですけど。雨もこんなに十分降るとは思わなかったんで。

→やっぱり、どうしても収獲に近いと苦みが出ちゃいますよね。

(丸山)何月ぐらいにやったんですか?

(清田さん)6月の頭ぐらい。

→オーガニックで2袋ぐらい?

(清田さん)結構、入れました(笑)どのぐらい入れたんだろう?

(旦那さん)あそこでね、オーガニックで6袋で、木で25本。

(丸山)何反歩?

(清田さん)2反無いよね。

→2反として?約何十kg?

(清田さん)6袋入れたから。

→120kg、大したことないですね。まあ、それで良くね。これもっと大きくなりますよ。

(清田さん)同様にハーモニーシェルとキーゼライトを入れてね。感覚がわからないので、ちょっと、ならせすぎちゃったみたいで、かなり小ぶりだったんですけど、今行ったらね、ちょっと大きくなっていて。

→これ、まだ大きくなりますよ。まだ色が青いから。頭の所が青いでしょ?

(清田さん)だからどこが食べごろなのかね~。

→いやいや、これ熟している大きくなる途中なんですよ。

(清田さん)そうなんですか!

→だからちょっと気をつけなくちゃいけないのが、元肥の量が入っていなかったので、木自体はこのぐらいの大きさかな、ってなっているんです、実は。それを3袋ずつ入っているので、無理やり結構大きくなっているんですよ。

だからここのヘタの所が生長し切れずに、ここが当たっちゃって、バチンと切れちゃうんですよ。

(清田さん)なるほど~!

→だから、これ、痛んで切れたんじゃなくて、ちぎれたんです。

そういうやつって、ここが痛んでいるわけじゃないでしょ?ここにホゾが当たっちゃって。

(旦那さん)そうそう、グッと入って。

→そうそう。だからここを見ればわかるとおり、当たっちゃって支え切れていないんですよ。窒素をやるとこの肩のところがグーっと盛り上がるんですよ。だけど、元肥を入れていなかったから、木自体は「今年はこれぐらいかな」ってなったのが、3袋分、グ~って膨らんでしまって、バチンとなってしまったんです。

(清田さん)なるほどね~。今年はばっちりあげます。

→そうするとね、肩のところは盛り上がらないんです。

(旦那さん)平らになるんですね。

→そして全体的に大きくなる。

だから、160㎝に育つはずだった子供が、もうちょっと大きくしたいなってガンガン食べさせたら横に太る感じです(笑)

(押田さん)清田さん家の桃は硬くて美味しいから好き。

→まだ1週間以上早いですね。まだこれは木につけておかないといけない。だから全然早いですね。

肩の所が青いのわかります?これが抜けないといけない。でも今回は雨の度に落ちるんで(笑)

(清田さん)先生、で、いつもと変えたのは、この雨だと完全に病気が入るんです。去年も酷かったんです。それでアリン・サンデス使ってみたんです。それで何とか防げた状態かなって。ここちょっと空いちゃっているんですけど。

→ちょっと斑点がはいっていますものね。

(清田さん)あの、奥手はどうしても斑点が入っちゃいますよね。

→やっぱり桃はね、袋掛けですよね。

これもわかりますよ。見れば青いのが。

(清田さん)わかります。獲る時こうなっていました。

(丸山)ここがちょっと渋いの。

→これが意外に渋く無いんだよね。

(丸山)アミノ酸作りだから(笑)

→これ若い若い。爪楊枝で刺した時、もう大根だもの(笑)

(丸山)これが化成栽培の青いやつだったらもう食べれない。渋くて。

→無理。

(清田さん)じゃあ、獲り方があれだね。

→これだったら千葉がもう産地だね。

山梨は、もう木に入っちゃっているんで。もう老齢化しちゃっているので。肥料をちゃんとミネラルをやっていないので、もうみんなボロボロ。

だから木の下の方の幹のところが割れてヤニが出てくるじゃないですか。それは大体治ったんですか?

(清田さん)大丈夫でした。

→それなら大丈夫ですね。

(旦那さん)今年はヤニみたいなのは幹に出なかったですね。

→それが治ったという証拠。

(旦那さん)去年ひどかったんです。実も凄いですよね。実にもぴっちり入っちゃう。それを作ると、木が元気無くなって枯れちゃうみたい。

(押田さん)もも作るのは難しいでしょ。虫がつきやすいしね。

(清田さん)難しい。だからもう何が何だかわからないから。

(押田さん)これは虫だと思うのよ。カメムシでしょ。

(清田さん)袋かけていないからね。

→ちょっと刺していますね。

(清田さん)だからこれ、カルシウムね(笑)

→逆に、これだけカルシウムが入っていないと、皮がピーっと剥けるんですよ(笑)カルシウムって物を接着させる接着剤なんですよ。だから皮の剥離が凄く悪いんで。だけどある意味ではそういうのが一番美味しいんです。ピーっと剥けるのは食べやすいんだけど、食べた瞬間にエッとなる(笑)

だからこういう風に、皮がぴったりくっついていた方が保存が絶対効くんですよ。

(清田さん)そうですね、持ちます。早くもいだのは2週間ぐらい経ったのですが全然問題ないです。

→本当にあと3~4日晴れたら味は全然変わります。

元肥で大きくして、追肥はオーガニック1袋ぐらい。

(丸山)一反歩1袋。

→そうすると、こんなふうにホゾは当たらないから。

(丸山)元肥は時期的にいつ?

→元肥は出来れば10月下旬ぐらいから12月ぐらい。

(清田さん)全部用意してありながらね、残りました(笑)

→落葉するじゃないですか。そうすると肥料吸わないじゃないですか。だから何度かの雨で根っこまで、春までに届くんですよ。それで春には一気に吸い出すから、ガーっと木が伸びて、で、一気に吸うからピタっと止まる。あとはゆっくりゆっくり肥大する。それでちょっと膨らみが少ないかな、と思ったら、1袋ぐらい追肥する。

(旦那さん)あ~、やっぱり元肥が重要なんですね。

→うん。それをやらないでいると木があんまり伸びない。枝があんまり伸びない。

(清田さん)去年は塩害で葉が全部きれいに落ちちゃったんですよ。だから枯れちゃうかなと思って、半ばあきらめていたんです。ダメかもしれないと思って。やっぱり地面が紋葉がひどい畑なんでダメかなって。

→でもカルシウムやマグネシウムがそれだけやっていれば、紋葉も無くなってきますよ。

(映像には出てこないが、桃を比べて)これはっきりわかるでしょ?こちらのお尻の色とこちらは全然違うでしょ?窒素が効いているんです。だからアミノ酸だから良かった。これが化成だったら食べれなかった。

(清田さん)もう絶対、化成は使いません(笑)

→もう、今年はみんな良い桃が不味いんですよ。

(丸山)どうやってある程度消化量を見るっていうか、天気でざっくりとは見るんでしょうけど、実際上、これだったらこれだけの追肥をした方が良いとかしない方がよいとか。稲だったら葉色とか見るけど。

→まあ、桃は葉色があんまり変わらないんだよね。ただわかるのが、葉っぱの垂れ方がだんだん下がってくるんです。最初は葉っぱがビっとなっているやつが、下がってくる。で、水が無くて下がる場合があるから良くわからない(笑)

(旦那さん)今年はまた水分があるから。

→だから葉っぱがピっとしているんです。

(清田さん)だから逆に梨もそうなんだけど、肥料を振って良いのか判断がつかなくて。一応、6月に追肥で肥料を上げたんだけど、いつもなら2週間ぐらい経つと天候みながら、オーガニックとハーモニーシェルとキーゼライトを1袋ぐらいずつ振るんですけど、今回は振れないんですよ。

というのも、徒長枝も伸長しちゃうのと、まだどれだけ地面に残っているのかっていうので、あと実が全然肥大していなくて(笑)

→上伸びている時は、そっちに窒素が行っちゃうので。どちらかというと、雨が多い時は窒素を絶対やらない。

(清田さん)あっ、だめ?

→枝が止まるじゃないですか。枝が止まって止め葉が出るでしょ?そしたら窒素をやってもしばらく動かないんですよ。きちんと止まれば。だけどこれがチョロチョロっと細いやつだと、やったらビューっとまた伸びていくんです。二次伸長。だから二次伸長しないレベルまで1回我慢する。

(清田さん)こういう年にはね。

→それで、止め葉が出て、あとどれぐらいの日にちがあるかですね、収穫まで。2週間ぐらいあれば、まあ0.5kgぐらいなら大丈夫。3週間~1カ月あれば1kg~1.5kgぐらい大丈夫。

そこですよ。止め葉が出ない間は絶対やっちゃダメ。実が伸びなくなっちゃうから。逆に。あの芽が止まってから、実が初めてググっと伸びていく。これが両方一緒に動いている時は、実は全然美味しく無いんです。

(清田さん)でも、切らしちゃうんじゃないかと思って(笑)

→あの、間違うと、温度が高い時にやると、水梨になっちゃう。中が透明になっちゃう。

(清田さん)豊がなりやすい。

→だからそれはきちんと止まってからやる。

(丸山)多分、切れる怖さといっても、有機物が入っているから多分切れない。

(清田さん)そうなんですか。

(丸山)周りの人は化成なんで切れやすい。

→変な切れ方するよね。

(丸山)でも多分、有機でやっている人は切れない。

(清田さん)じゃあ、そんなにびっくりする事は無いんですね。

(旦那さん)ものすごく気にしていた(笑)もし切れちゃったらって(笑)繋がっていないといけないんじゃないかって(笑)

(丸山)多分、切れる怖さって過乾燥の時に出てくるんですね。逆にそっちの方を気にした方が良いと思うんです。今年なんかは逆に雨がガンガン降っているので、逆にある程度もっているので、なおかつ天気が悪いんで消化しきれていない。っていう部分からすると、逆にいかに止めタイミングを見るか。で、逆に消化量が悪いんだったら、消化をしやすい何かをするという。

→酢を撒いたら良いですね。地面にも葉っぱにも。もしどうしても実肥えをやりたければ、早めから酢を撒くんですよ。そうすると木が早く止まるんで。ストレスになるから。枝が太く短く止まるんです。そしたら撒けるじゃないですか。

その代わり、ちょっと実を多くつけておかないと危ないですよ(笑)だって早めに止めるんだから、養分はみんな実にいっちゃう。そうすると大玉傾向になっちゃう。

(清田さん)そうすると、それは6月末から7月頭で徒長枝が止まるんだけど、止まる前に撒いてみて、早めに。

→そうです。止めたいなと思ったらもう1カ月前ぐらいに撒いちゃう。

(清田さん)1カ月前からね、お酢をね。1回?

→出来るだけ沢山(笑)逆に言うと防除に入れちゃっても構わないですよ。反応しない薬があるから。

(清田さん)普通のお酢で良いんですか?

→はい。普通のお酢の方がずっと良いです。

(丸山)逆にアリンンサンとか使っていれば、止まった止め葉がチラっと見え始めたら、アリンサンをやってあげると、完全にググっと急激にブレーキをかける。

(清田さん)梨は使っていないんですよね。桃だけ。葉が弱いっていうか、葉が強くなってからかけた方が良いかな、って。弱い内だと大丈夫かな、って。押田さんのところは大丈夫だったからかけているけど、うちのは紋葉系で、弱いっていうか、ちょっと不安で。

→早めにやった方が良いんじゃないですかね。そうすると幹も太りやすいんで。で、修復も早いんですよ。どうしても上へ伸びている時っていうのは、養分が上へ回されちゃっているから修復が効かないんですよ、紋葉とか。ましてや追肥を入れちゃうと余計伸びる、木が全部柔らかいんですよ。

(清田さん)なるほど~。うちなんかは。

→締めた方が良いです。

(清田さん)ましてリン酸少なくて、あれだよね。

→リン酸が少ないとどうしても駄目ですよね。

(清田さん)玉入れが悪いから、逆に使った方がね。

→そうです。

(丸山)ATPの活かし方で、やっぱ細胞を修復するという部分でかなり。

→そうです。リン酸が無いと出来ないんです。リン酸の数字が1桁入るとやばいですね。今、どのぐらい?

(清田さん)やばい段階ですよね(笑)今年はかなりやばい(笑)肥料で結構使っているんですけどね、駄目なんですね。何でなんですかね~。

(参加者)土壌的にアルミニウムが多いとか。うちの方がだと過湿土壌なので、可溶体のリン酸が100とかになっちゃっているんで。

(清田さん)それは土そのものがそうなっちゃっているんですね。

(丸山)あとは有機だと米糠とかね。米糠だとそこそこリン酸が入っていますし。

(清田さん)あの、米糠ペレットは元肥えで入れています。

(旦那さん)やっぱり糠を使った方が良いのか。

(丸山)糠も入れても良いと思います。ペレットだけだと量がやっぱり。

あとは米糠のままだと生なんで、菌がいないので、逆にその時に意図的に菌をつけてあげないと、曇天でカビの胞子が飛んじゃっているとそのエサになっちゃうんで、納豆菌なんか上手く使ってあげると良いんじゃないかなと。

(清田さん)先生、酢って500ℓでどのぐらい薄めたら?

→大体、100~150倍で。濃い方が。でも元が4.数%だから大したこと無いですよ。たぶん、うちのやつも10%やそこらぐらいですよ、アグリエースの倍数。

アリン酸も大丈夫ですよ。効果が相当あるんで。病気を防ぐ力があるんで。うちもアリン酸の資材を開発しているんで。アリン酸とクエン酸と酢酸の3種混合をかけたらえらい効果があるんで(笑)ほとんど(笑)

(清田さん)先生、だから去年、桃が凄いカビが出たのが、出ないんですよ。凄いです。先生、完成させてください。

(旦那さん)今年、アリン・サンデス、3回、桃にかけたんだよな。

→せん孔病ってあるんです。葉に穴が空くやつ。

(旦那さん)あの、黒く葉っぱが腐るやつ?茶色くなって。

→そうです。さらに葉に穴が空いちゃうやつ。あれが出なくなる。

(清田さん)こちょこちょってはみ出ると、そこにあるものは必ず斑点が出ますね。

(丸山)カビ?

(清田さん)カビはこんなもんじゃなくて、もっと大きくてグレーっぽくて、それが出ちゃうと全然だめで、去年はひどかったんです。今年はこの雨で耐えられていて、普通だったら全滅ですよね。

(押田さん)梨やっているんですか?やっぱり旭の方も劣化している?中、ビリビリでしょ?なんか、芯の部分がそっくり返ってきているよね。

(参加者)はい。ビリビリです。

(丸山)これだけ水があると、なかなかしんどいですね。

(押田さん)これで、止んでからここ3~4日ぐずついた後、照り込んでから割れるんじゃない。

(旦那さん)あるかもね。

(清田さん)今年は裂果が凄いですよね。かき餅状にバリバリって、みんなめくれちゃっていますよね。

→みなさんのところ、割れはどうなんですか?

(清田さん)割れはあんまりひどくはないんです。だけど実が育たないんです。

→押田さんなんて、こんなこと言っているけど全然割れていないでしょ(笑)

(押田さん)いやいや、割れてね、昨日とってね、入り口の方だけ捨てたんだけどね、あと半分から向こうはとってもいないの。だから見て頂ければ割れているのがわかる。

→何割ぐらい?1桁ぐらいでしょ?

(押田さん)まあ、1割ぐらいかな。1.5割ぐらい。

→(笑)

(清田さん)あと、こういう状態がずっと長く続いていますよね。あんまりこういった事は無かったんですけど。こういう場合は、これから収穫まで時間が無くなってしまうんですけど、実を落として少なくした方が良いですか?

→美味しくしたいなら、つけておいた方が良い。

(清田さん)えっ?つけた方が良いんですか?

→1個の実に窒素が移しちゃうと逆に大きくなって味がぼけるんです。だから小さい実の方が美味しいというのはそういうことなんです。

(清田さん)ああ、なるほど!

→今年はみんなまずいから(笑)大きい小さいじゃなくて、美味しいかまずいか(笑)

(清田さん)要するに、じゃあ大きくすれば窒素が集中していっちゃうから味が薄くなっちゃう。逆に小さいくても味は良くなると。

→そうです。

(清田さん)でも、お客さんは大きいのを好んだ場合はどうしたら?

→どこをとるかですね(笑)

(参加者)でも、お客さんに説明してさ、大きいのは味がちょっとあれですけど、小さい方が味は美味しいですよって。

→梅雨上がったら、1週間でガラっと変わりますよ。全然青いから、まだ伸びるんです。これで落としたら、ほとんど雨で実が落ちますよ。桃は。

(清田さん)梨も一緒でしょ?

(丸山)考え方は一緒。

(旦那さん)でも先生、ある程度、数をつけて、玉を大きくする方法はあるんですか?

→やっぱりアミノ酸と炭水化物の両方。アミノ酸だけやるとどうしても大きくなるだけでぼけちゃうから。

(丸山)ただ、それの危険度は、木自体が弱っていると、本当に持っていかれちゃうので。弱っている木は、ほどほどにしないと。

→木とのバランスだね。みんな実にもっていかれて修復に使えないんで。

(旦那さん)方法としては、そういう方法では数をつけても育ちませんよと、母体、木自体がしっかりしていないと。

→そうですね、子だくさんは母体を壊しちゃう。

(押田さん)うち、子だくさんなんです。

→相変らず凄いですね(笑)

(押田さん)でも、今年は霜が怖くて防災網、かけちゃったの。だからその後、交配完璧じゃないと実が止まらないって聞いているから、網かけちゃった場合はね。だから交配は素人も頼むから、抜かしている枝もあるみたいで、やんなっちゃう。

交配がちゃんと出来ない人がいるから。まあいいや、お任せでいいやって。

→つけすぎちゃっているんだから(笑)

(丸山)配布資料を見て、この1ページ目は去年の復習ですね。菌の利用が色々ね。

で、これは小祝さんの方で、田中さんの資料の方で微生物培養の方法が載っているので、ここら辺を参考にしながら。微生物自体も特徴があるので、使うポイントを色々考えて利用して。納豆菌培養や酵母菌、乳酸菌、最後は光合成菌の培養の仕方も載っています。で、今は土壌改良の部分では酵母菌をやって頂いているという部分で、酵母菌、あとはさっきの酸利用ということで乳酸菌も含めてアリンサンも含めて酸である程度、菌を抑制するっていう。

あと、梨はどうしても防除が入るので、どうしても一般菌を全体的にダーっと抑えてしまう。その後に、自家培養菌も含めて菌の回復、修復を行うことによって、特に853とかは有機物の中で無菌で菌が多くはないので、その時の条件が悪い中で、無菌の物がはいってくるとつく菌によってはカビになってしまうので、意図的に菌をつけて頂いて対応をして頂くのが良いのではないか、と。菌培養を含めて参考にして頂ければと。

あと、酵母菌は地面を柔らかくする効果効能が高いので、どうしても今年みたいな雨年だと、雨量がはんぱじゃないので、水を抱えられる量、やっぱり団粒が出来ているかどうかで変わってしまうところがあるので、そういった意味でも地面が固いなという畑があれば、少し酵母菌を活用しながら柔らかくして。

→あともう1個あるとしたらラブレ菌。

(丸山)うしろから1枚めくって乳酸菌のところに写真が載っています。

→紋葉系を抑える菌です。酵母菌と一緒にやるとさらに効果が出ます。

(旦那さん)これを全面土の上に?

→撒いちゃう。出来るだけ雨の前に。そうすると浸透して。あとは植物自体の抵抗性をつけるために、カルシウムやマグネシウムなどの微量要素をしっかりやっておく。そうすると、このラブレ菌で菌を抑えながら、木の方は自分で栄養をもらってさらに体を強くする。

(清田さん)ラブレ菌っていつぐらいが?

→いつでも大丈夫です。

(旦那さん)紋葉菌には2月とかに出してきて、3月、4月ぐらいが出やすいから、防除暦なんかはその時期にって言われているけど?

→もうそれだと遅いです。結局、菌が増える前に抵抗菌を蔓延させないといけない。なった時にやっちゃうとせめぎあいになっちゃうから。

(丸山)下手したら負けちゃう。先に食っちゃっているから。

→だから今、この梅雨時なんかも防除を。逆にいつでもこの菌はいなくちゃいけない。あと面白いのが、乳酸菌ってそもそもが植物が全然分解しないで吸うんですよ。普通のものは分解しないと吸われないって言っているんだけど、乳酸や酢酸はそのまま体に入って、導管に入るんですよ。体に養分を運ぶ管ね。

そうすると、乳酸は酢酸に継ぐ殺菌能力の高い成分なんですよ。それが体の中をめぐるということは、血管注射で抗生物質を流しているようなものなんです。だから治りが早いんですよ。だから一番蒸散して沢山乳酸を体に回す時期にやってあげないといけない。菌と菌のせめぎあいの時、乳酸が体の中を巡ると体の中で殺菌してくれるから。それで紋葉が止まり始めるんですよ。だから、2月3月は意味が無いんです。だって芽が無いから、葉っぱが吹かないから。中から治さないといけない。病気にかかっているやつは中から。

(旦那さん)逆の事をやっていたね。

(清田さん)そういうことね。

→だから、なかなか治らないんですよ。

(参加者)4月以上、常時?何回か続けて?

→そう。何か有機物を撒く時は必ず撒くとか、敷き物したらそこに撒いてあげるとか、何でももう有機物があれば、このラブレは増えるから。

(押田さん)これは草の上でも良いんですか?

→大丈夫です。

(清田さん)今の時期でもOKですね?

→はい。今、中国で色々やっているんですけど、サトウキビの粕あるでしょ?バカスっていうやつ。あれにこのラブレ菌を全部撒いているんですよ。もうみんな病気が治ってマジシャンって言われているんです(笑)小祝マジックって(笑)

(押田さん)だからここら辺の草じゃなくて、サトウキビが良いんじゃないですか?

→そう。サトウキビって非常に菌が増えやすいんですよ。酵母も。それで雨が降ったみんな浸透するんで、すぐに土が柔らかくなるんです。それで乳酸と酢酸と酵母菌が作り出すいろんなアルコール分がみんな土の中に入るから、すぐに治るんです。

(押田さん)この辺りではサトウキビはなかなか手に入らないんですよね。

→いや、そんなことはないでしょ。バカス。

(押田さん)サトウキビって実を蒔けば、サトウキビの苗出てくる?

→いや(笑)挿さないといけないから大変ですよ(笑)

(旦那さん)茎を植えるんでしょ?

(押田さん)あれ挿し木なの?

→だから砂糖を作っている工場なんかが、絞った汁を煮詰めるのにサトウキビの粕を使っているんですが、半分以上残っちゃう。それをどうしたら良いか悩んでいるんですよ。ところが沖縄でそれを使い始めたら、みんな成果が出て、もう今年は我々の生産者だけで沖縄は今年は悪いと言われているんですけど、我々の生産者だけで2割増えちゃった(笑)

サトウキビの糖度が相当高くて、20度超えているんですよ。普及所はもう大騒ぎですよ、みんな調子悪いって言っているのに(笑)

すさまじいですよ。サトウキビに乳酸菌、酵母菌、バチルス菌を展開して撒いたら、劇的に変わってきますよ。

(押田さん)この辺でサトウキビに代わるものって無い?ススキでも良い?

→粉砕したやつなら。

(押田さん)畑の刈った草なら?

→いいですよ。ただ、稲科みたいな繊維が硬くなるやつ、あれが良いんですよ。

あとは、キノコのブロック廃菌床。あれがサトウキビの成分と凄く似ているで。農家の店しんしんというのがありますが、あそこがベジフレンドとかいう名前で廃菌床の堆肥を出し始めたんですよ。そしたら土が柔らかくなって、葉物でメイン使っているのがほとんどが1億円プレーヤーになっちゃって。わんさか獲れるので。

(押田さん)キウイフルーツにも大丈夫ですよね?清田さんの分も手配してみようかな。

→はい。ただ、廃菌床は使い方間違うと紋葉になるから(笑)

(清田さん)いやだ~!(笑)

→同じ木質だから、ちゃんと発酵させないと駄目ですよ。紋葉が嫌いな菌で発酵させて撒くから効果があるんです。前、長野で廃菌床を生のまま撒いて、みんな紋葉でやられたんです。だから、単純に言うと、しんしんみたく、ちゃんと発酵槽をもって納豆菌、酵母菌、乳酸菌を混ぜて発酵させないと。彼らはマスターしたんですよ。

(旦那さん)じゃあ、まずは押田さん、使ってみます(笑)結果が出たら(笑)

(清田さん)誰かが実験台になってもらわないとね(笑)

でも、しっかり発酵させたもの買った方がね。そうでないと安心できないよね。素人じゃね。

(参加者)選定枝を自分で発酵させるのも結構リスクがあるからね。

→みなさん、茨城のブドウとか、しんしんから堆肥を手に入れて、かなり高糖度のブドウを作っていましたよ。やっぱり味を落としたくないので。

(丸山)確かサンプル持ってきたんですが、CNが15とか書いてあった。

→ちょっと低いね。発酵させすぎかも。でも、どちらにしろ繊維系のものを入れると、菌をつけることによって全然違う結果になる。

言い方悪いけど、植物繊維というのは地獄も作れば天国にもなる(笑)みんなが廃菌床が良いんだって言って、飛び過ぎちゃう人はだめで、たぶん発酵なんかさせないで入れちゃうから、紋葉菌がどんどん増えちゃう。で、ちゃんと発酵させて彼らが嫌いな菌をつければ治っていく。どっちにでも転ぶ材料。

(清田さん)馬糞が、手がなくて発酵しきれなくて半生状態で入れて、本当にひどくしちゃったのと一緒でね(笑)

→全部、病気、移っちゃう。

有機系の怖さっていうのは、ちゃんと発酵しているかどうか。糞も味噌も入っちゃうと糞の方は悪影響だし味噌の方はちょっと良いけど、混ざって出ちゃうと果樹なんかエライことになっちゃう。全部味噌にしておかないと(笑)

なので、ここに書いてある菌は非常に重要で、特に酵母菌とラブレ菌という乳酸菌は、紋葉を修復するには必須なんで。これはもう1つ、時期にきちんとやってあげると、石灰や苦土を良く溶かす。酸を作るから。そうするとさらに葉っぱが丈夫になる。丈夫になると養分を修復用に良く回せる。

(押田さん)酵母菌と乳酸菌と納豆菌、葉面散布剤で買ったんです。混ざったやつを。

→葉っぱにかけてもあんまり効果が無いんです。それがしたたったやつ、だから地面にやった方が良い。

(押田さん)地面にやる場合は500倍でやって、葉っぱは1000倍って聞いたんですね。

→どっちにやったって、葉っぱでそんなに長く生き残れる菌はそうないんで。酵母菌も駄目。ラブレ菌も駄目。納豆菌が一部残るだけ。

(押田さん)日照不足を最小限に食い止めるため何か撒きたいんだけど、って言ったらそれを持ってきたんだけど。

→なんだろうね?光合成促進にはならないけどね(笑)

(丸山)たぶん、気持ちの問題(笑)

→それならバカス、サトウキビの粕を撒いて、そこに菌をかけておいた方がよっぽど糖度が上がる。

(丸山)押田さんは結構堆肥とかきちんと入れているから、それなりのことはしているから。

→変わらないか。

(押田さん)私、馬糞堆肥の完熟しているのを買っているんだけど、あれ、私は完熟していないと思っているの。何故かというと、あれ、細かく砕いて手をかけたやつだから。腐食が進んだ良いものじゃなくて、にわかに作った完熟たい肥だから。コンポストセンターで加工しているの。

(丸山)資料を配りながら…今回、斉藤さんが来られたので気合を入れた資料です。平成17年の資料です。随分、昔ですが、良いところをついているかな、と。今回の話の中で、1枚目の所でも出ている下の物理性の部分。蒸散、溶けた肥料を吸い上げているという部分で、これって団粒が出来ていないと水がちゃんと下まで入っていかないし、吸い上げも、根っこの範囲も違うっていう意味からすると、この時点では単純に蒸散によって肥料を吸い上げるというだけだったんですけど、ずっと勉強会をやってきた中で、やっぱり土壌団粒ってすごく大事ですよね、水の流れる道、形を作らないと、そもそもこういった状態にならないっていう部分が良く分かった。

→表層で止まっちゃうからね。

(丸山)あと、右側の栗、葉っぱの部分で肥料の適期が間違うと元葉が大きくて途中が無くて最後の葉っぱがでかくなって、っていう感じで、肥料の効き方という流れが出てくる。本当に、この作物はこの時期にどの程度窒素が必要なのか、欲しいのか、それがどこに効いてくるのか、というのをやっぱり見えていないと、結局、無駄な形にしてしまうっていう部分があったりとか。

その後、柿とか栗とか、ミネラル、光合成の部分とか、次のページはスライドの9が柿の圃場の部分で、太く短く作るっていう話も出たりとかしています。

枝はぶわっとして止まる、太くて短い枝に仕上げる、っていうところですね。

大きいページの5ページだけど、小さいスライドページでいうと18の左の図。

→結局、真ん中の図の枝だと、耐病性、弱いでしょ。

(丸山)上が細くなっているやつ。

→これはアブラムシもなにもかも止められない。これが逆にいうと、上が短小型、太く硬く、となると、これは木質化が早いから木が硬くなる。なので対病虫害性が上がってくる。これは礼肥・元肥型っていうやつなんですよ。春は絶対やらない。これで早く枝を止めて実肥えをやると、ブっと大きくなるんですよ。このずるずる伸びているうちはやれないんですよ。

(丸山)伸びているということは、結局、伸ばすことが必要だから、柔らかくないと伸びれない、になっちゃうんですよね。

逆にその部分の肥料分をちゃんとカタカタ作ってしまうと、「あっ、これ以上伸びなくて良いんだ」となって、逆にカチカチって木質を作って、逆に固めて次の段階に入る。

→そうそう。そうすると病気に対して強くなる。だから出来れば6月の20日までには、この短小型で止められるような礼肥・元肥型にする。

(清田さん)止めなければいけないんですね。

→栄養転換っていうのが起るんです。つまり、窒素がある間は、新しい枝、新しい葉っぱが出てくるから、炭水化物はみんな上へ持っていくんです。支えるために、作るために。だけどピタっと止まると行き場所がないので、木自体が木質化が始まるんです。さらに実の方にも送られるんです。木って硬くならないと実は美味しくならないんです。若い緑の枝に美味しい実なんて絶対つかないですから。

(清田さん)そうですよね。

(丸山)逆に今回の桃とかでは、どれだけ追肥したらっていうのも、木の状態を見ながら、元肥がくれていなかったらどういった状態になっているか、というのを想定して、じゃあこれぐらいのっていうのを見ていくという。

→だから元肥が春先になっちゃうと、どうしても枝止まりが後ろにずれるんです。その分、早生種なんか作って時期が来たからといって、とっても美味しく無いんですね。それがまずいことに、雨の多いちょっと後であれば日照時間が無いからね。

まあ、ポイントなのは梅雨が始まったぐらいには、まあ、言い方悪いですけど、窒素全部吸いきっているぐらいの感覚で(笑)

(丸山)それで全く無くて木がバタって行くことは無い(笑)

(清田さん)焦っちゃいますよね(笑)

→梅雨になって全然枝も何もピタって止まるなんて有り得ないですから(笑)でもそのぐらいの気持ちでやらないと駄目。止めるぐらいに早めにやっておいて吸わせる。そうすると短小型、礼肥・元肥型になる。そうするとこれってみんな花が全部咲くんですよ、実がついて。ひょろひょろって伸びたやつは芽がつく場所が決まっちゃうんです。

だから、単純に言うと、頭の方には芽がつくんですけど、元の方に芽が無いんです。何故かというと、木っていうのは、必ず翌年伸びるために枝の先端の方から養分を貯めるんですよ。元から貯めるんじゃなくて頭から元の方へ順番に貯めてきて1年の新芽が終わるんです。それが伸びていると養分を貯めているところが長すぎているので、養分を貯めているところが上の1/3ぐらいで終わっちゃうんですよ。するとその下は来年、芽がつかないんですよ。

(押田さん)だから芽がつかないんですね。私だけじゃないじゃないですか、先生。

→いや、押田さんは春肥型だからそうなるんですよ(笑)

(参加者)長年やっているから止められない。

(清田さん)先生はずっと言っていたんですものね。春肥はみんなやりたがっちゃうんですけど(笑)

→伸びる時に肥料をすぐ食うだろうって、そんな効かないって(笑)1カ月経って効く(笑)

(清田さん)それでみんな焦っちゃうんだよね。

(丸山)そういった意味で、梨がスライドの30ページで、さっき言われた肥効のところ。路地梨2の圃場について。そこら辺が肥効について、あと生理転換について書かれている部分で。礼肥の大切さ、元肥、追肥のポイントが。

→元肥を全体に早めに秋にやってしまうと、若戻りしちゃうんですよ。「あっ、春だ」っていって吹いちゃうんですよ。だからみんなやりたがらないんですけど。だから葉っぱが落ちる2週間ぐらい前に一番元肥はやると良いんですよ。

そうすると何が起きるかというと、養分を吸わないんですよ。

あんまり早くやると吸わない。そして土の中の根っこの周りで落ち着くんです。そうすると春先は全部養分が周りに来ているから、一気にドーンと吸うんです。そうするとどの枝もバッと吹く。

(丸山)ただ、注意しないといけないのは、そこで雨が降らなかったら水をやらないと入っていかない(笑)

→それは当たり前(笑)春雨が無かったら大ごとだね(笑)

どっちにしろ春肥撒いても水が無かったら水を撒かないとね。

但し、明らかに違うのは、春肥で撒いて水をやると、養分が濃いところが上に出来てしまう。ということは、根が上に上がっちゃうんですよ。そうすると下に入っているミネラルを吸わないから、窒素だけを吸っているから、みんな葉っぱがペラペラなんですよ。だけど、秋にやっていると全体的に窒素が入っているから、根っこが均等に出てミネラルを吸うんです。全然吸い方が違っちゃう。後にやるのと前にやるのでは。だからみなさんがやっているミネラルをちゃんと吸わせたいんだったらね(笑)

(清田さん)あんまり早めに肥料をやっちゃうと、途中で肥料切れしちゃうんじゃないかってね。それは無いのでしょうか?

→中国でエライ梨の産地があって、3000ヘクタールあるんです。で、僕がやったのが実験が1ヘクタールなんですよ。何があったかというと、うちの枝がエライ早く止まったって言うんですよ。「これ、窒素が足りないんじゃないか」って、びびっちゃって(笑)

だけどちゃんと同じ数の梨がついたんです。で、わかったのが、元肥型で入れた方が最終的に梨は大きくなっちゃったんですよ。どうしてかというと、早く枝止まり早かったから、早く実肥えをやれたんです。で、早生種もみんな採っているんですよ。で、うちのがみんな大きくと糖度も3度ぐらい違う。

で、彼らは「今まで何をやっていたんだろう」って言っているんです。で、僕は言ったんです「みなさんは梨作りじゃなくて枝作りしていたんでしょ」って(笑)

無理に大きくしているから、ホゾの所がえぐれているんです。その上と下では糖度がまるで違うんです。

で、我々の梨はきれいな形で糖度も3度以上違う。

(清田さん)切れちゃうんじゃないか、切れちゃうんじゃないかってね。

→いや、切れた方が良いんです。切れるから実肥えが出来る。

(丸山)切れるの表現が多分、捉え方が違っていて、多分、切れるというのは木もダメになるという感覚で切れるって(笑)

→梨見たって何見たって枯れている木は無いもん(笑)

(清田さん)ある人が窒素が切れたら木も元気にならないから早くやった方が良いって言っていて(笑)

→いや、だから木を元気にしたいのか実をとりたいのか(笑)

あの、紋葉とか病気を治したいなら窒素をやった方が良いですよ。何故なら年輪が早く出来るから。だけどそうじゃなくて、実をとりたいんだったら、栄養転換を早く枝をピっと伸ばしてピッと止めて、実をピッとやってグッと大きくする(笑)枝が動いていたら駄目なんです(笑)動いているとなかなか大きくならないんですよ。

(参加者)その樹勢の維持のための窒素量っていうのは、どれぐらい?

→まあ、礼肥が全体年間窒素の15%ぐらい。この窒素というのは、梨の枝でも桃の枝でもそうなんですけど、芽がついた枝があるじゃないですか、前年度のやつ。その枝をパチっと切って同じ時期に芽がついた枝をコップに挿したら、同じ時期に、コップの芽も木の芽も同じ時期に花が咲くんですよ。

そうなりません?だって梅の花を挿し木ので楽しむじゃないですか。何が起こっているかというと、その枝に養分が貯まっているんですよ。いつ貯めたんですか?という事なんですよ。それが礼肥なんですよ。元肥と違うんですよ。

で、15%ぐらい年間窒素をやると、葉っぱのついている間ですよ。

そうすると、こういう事が起きるんですよ。

この図は縦が窒素量、横が動きがある分。窒素をある程度入れたとします。でもなんか動かない。これが、根なんですよ。もう少しやったらどこが動くんですか?芽なんです。で、もっとやるとどこが動きます?枝なんです。という事は、枝と芽が動いている間は、養分はそっちに行くんです。

じゃあ、芽も動かない、枝も動かない量の窒素をやったら、根が動くんですが、その時、実がついていたらどこいくんですか?そこが実なんですよ。

だからそれ以上やったら芽が動いちゃうから、芽の方に養分が動き出しちゃう。だから芽が動いている間は実に養分が来ないんですよ。だからなかなか大きくならない。で、止め葉が出始めると急に大きく肥大が始まる。止め葉というのは芽が止まるということだから。

この窒素の動きをちゃんと知っておかないといけない。なのに、枝も太らす、実も太らすという事は出来ないんです。何故かというと窒素の量が違うから。枝がガンガン動いている時に、そっちに養分が取られちゃうから、実に行かないんですよ。行くのは渋い成分だけだから(笑)

(丸山)この図はイメージ的には、逆さになって砂を下ろすような感じで、どこいくの?量が多くて流れが速いと枝の方まで行くんだけど、流れが弱くなって少ない量だとどんどん止まって、芽も止まる。で、これがさらに行かなくなると実の方に行く。

→その通り。

(丸山)で、量をいっぱい入れちゃうと、またその流れが変わって、下まで行くし。その入れる量によってどこを動かすのが決まってくる。

→でね、秋は実をとるじゃないですか。で、実の糖度が高いという事は木の中に窒素が無いんですよ。窒素が無いということは、枝切って翌年挿しても花も咲かない、緑葉も出ない。という事は、どっかで窒素を貯めているんですよ。

なので、この図で言えば、秋は根っこに貯めて、根まで養分を貯めるから、そこに必要なんですよ、15%。で、全体が貯まっているから、最初に根っこが目覚めて、水を吸い始める。水吸った養分が枝に運ばれるとそれによって養分を貯めているから花も果そう葉も芽吹く。で、元肥はここまでの量なんです。この量が、礼肥も含めて60%ぐらいなんです。

(丸山)逆に礼肥で15%以上入れちゃうと枝まで動いちゃう。

→だから、気持ち的には実をとられた時に出るのが大体年間の15%ぐらい。で、次が60%ぐらい。あと、梨だったら実肥えね。実肥え含めて10~15%、25%ぐらいね。木の実の数を見ながら、あと天候を見ながら考える。

(参加者)じゃあ、紋葉を治すためだけだったら全部実を落として、礼肥と元肥え分を入れれば十分?

→もちろん。あと乳酸菌ね。そうすると急激に木が治ってくる。だって、実の方に炭水化物は行かないから、ブドウ糖は木のセルロースに回されるから、早く治される。でも実に持っていかれると炭水化物が無いから幹が治せない。

(参加者)で、弱い状態で実肥え入れて実を太らしちゃうと。

→余計悪くなる(笑)弱った時は何でもそうだけど負担を軽くしてあげる(笑)悪くなった時にさらにやったら、それはいじめだよ(笑)

なので、この仕組みをわかっていないといけない。

(丸山)そういった意味で、今年の曇天は消化量が無いっていう部分。

→そう、消化しきれていないんですよ。

(押田さん)窒素がまごついている感じ。

→そう。だから今回の桃のように緑なんですよ。だから梨もまだ緑が残っている感じでしょ。そうするとどうしても肩が張っちゃう。

(丸山)あとは窒素消化がどうしてしないのか、っていう部分は、やっぱり日射量?

→そうですね。日射量というのは水を蒸散させるポンプなので、蒸散しないと吸わないんです。蒸散するから吸うんで、で吸ったら使われるんで。

(参加者)だから天気が続かないと。

→で、そういう時はどうしたらいいかというと、酢みたいのを撒いて、浸透圧で吸い上げちゃう。まあ無理くりだね(笑)

あとはサトウキビのカスみたいのを撒いて、そもそも水に糖分みたいのを入れちゃう。だから少しでも吸った水の中に足し算としての糖分を入れちゃう。

(押田さん)酵母菌とか納豆菌とか乳酸菌っていうのは、農薬と混ぜちゃだめですか?

→殺菌剤とか殺虫剤系には駄目ですね。特に酵母菌が弱い。だからちょっとそこは別に。で、納豆菌や酵母菌は葉っぱじゃなくて地面にかけるんで、基本的には動噴でバーっと。

(清田さん)こういった時は糖蜜とか撒いちゃっても?

→もちろん。但し菌も一緒に撒かないとカビ系が増える。だから必ず有機物を撒く時は菌をつけるというルールを絶対守らないといけない。廃菌床だろうがブロックだろうが、何だろうが、菌をつけるというルールを忘れない。

(丸山)しかも、作物とか圃場に共生できる菌をつけないと。菌が良いからといってカビ菌つけると(笑)

同じ菌でも恐ろしい話(笑)

(清田さん)なるほど、ただ撒けば良いと言うもんじゃない。

→そうです。

 

あと絶対やっちゃいけないのが穴肥。掘って入れるやつ。

(押田さん)一時は良い方法なんだと教わりましたけどね~。

→そうですね~。あれは危ないんで。そこが汚染源になっちゃうので。

(旦那さん)どういう事なんですか?

→要するにそこに大量の有機物があるという事になるんで、自然界では絶対に無いんですよ。そこに雨なんか流れ込んだら、有機物は腐り始めるんですよ。

で、腐った物質が根っこにず~っと供給され続けるから、木がどんどん枯れ始めるんです。あれ、どんどん弱ってくる?って。

(押田さん)穴肥やった人は、結果、今、悪いかな?

→深いと余計、まずいんですよ。

(押田さん)一時は、穴掘る機械まで売っていたわね。

(参加者)溝掘って、そこにず~っと入れたんですよ。

→もうみなさんはやっていないでしょ?あれやって木をえらく駄目にした人いるからね。あれから全面施肥できちんと薄めるようにしたから、木がだいぶ回復したからね。

(清田さん)そうですね。昔はあれを縦で掘ったり横に掘ったり斜めに掘ったり、毎年向きを変えて(笑)

→全部、悪くしている(笑)

(参加者)同じところはまずいんだ、って、4年に1回ずつ入れて(笑)

(参加者)昔は当たり前だったんだよね(笑)

(清田さん)葉っぱを詰めてワラを入れてね~。

→あれやると何が起きるかというと、根の範囲が狭くなるでしょ?でも上は大きくなるでしょ?だからものすごい小さな面積で負担がかかって、どんどん水を吸うようになるんですよ。

吸い集めるようになっちゃうんです。吸い集めるということは、水に溶けている成分で一番多いやつが寄ってくるんですよ。

何ですか、それは?

(参加者)窒素。

→窒素なんですよ。だから葉っぱがみんなペラペラになる。大きなペラペラな葉っぱが出来るんです。だから、おっ、良い葉っぱが出たじゃんって思うんですけど、みんな黒星になっちゃう(笑)

だから農薬は沢山売れるんです(笑)

止まら無いんです、枝が。実は大きくなるんですよ。だけど食べたら美味しくない。

それで以前の千葉の梨は、名声を落としたんですよ。他の産地はご馳走さま、有難うって(笑)

(押田さん)昔は溝掘って肥しを埋めるのはお仕事でしたよね。

(参加者)それが大変だったんだよね。

(押田さん)だけども、そのうちに、今は全面になっちゃったでしょ?この頃、耕起とか不耕起とかいって、うなわなくなってきているんですよ。

→出来るだけね。ただ、菌を使わないと駄目なんで。

 (押田さん)うちのお父さん、これから私が言う事を聞くと嫌がると思うけど、言っちゃうね。佐藤さんの畑を見に行った時、うちのお父さん、びっくりしたの。

→ジャングルかってね。

 

まあ、ポイントなのは全面施肥で。で、面白いのは実験があって、木をやった時にカルシウム欠乏っていうのをさせるんですよ。これって病気が増えるんですよ。で、全体をカルシウム欠乏にして、右側には窒素、左側にはカルシウム成分を入れるんですよ。カルシウム欠乏を治してあげるんです。一体どっちが根っこが出るか?

窒素の方は残念ながらカルシウム欠乏のまんまなんですよ。だけど片方はカルシウム欠乏があった症状を、カルシウムを入れて治してあげる。

とすると、植物はカルシウム欠乏を起こしているから、カルシウムがある方に伸びると思うでしょ?だけど窒素のある方に伸びちゃうんですよ。

カルシウムがある方にはチョロッと根っこが1割ぐらい出るんです。そのぐらいしか出ない。それよりも圧倒的にカルシウム欠乏を起こしている窒素の方向に行っちゃうんです。で、どんどんそっちに行って、窒素過剰の木が出来ちゃう。カルシウム欠乏は治らないんです。

ということは、根っこて言うのは、一番大事なポイントは、窒素のある方向に伸びるんです。どんなことがあっても。それは病気であろうが何でも関係ない。窒素がある方向に伸びるんですよ。ということは、春先に窒素を撒いたらどこに根っこが行くか?(笑)

(参加者)全部、上根になっちゃう。

→そうすると、みんな薄い大きな葉っぱになっちゃう。最初の1葉だけ小さくて、あとは急にベラベラの葉っぱになっちゃう。これは絶対に調子が悪い。

だけど秋の元肥でやっていれば、全部沈んでいるから、全部バランスよくどこにでも窒素があるから、全部拾いに行くんですよ。拾いに行ったところにカルシウムも有り、マグネシウムも有り、これだけ設計しているんだから、全部拾うんですよ。そうすると分厚い葉っぱが出来る。

で、全域から全部吸っているから、吸い終わるのが?早い。枝が太く短い。すると全部、芽がつく。

(参加者)草がね、沢山いっぱいでも、秋にいっぱいのせておけば、うなわなくても良いよ、ということ?

→やることないです。

(旦那さん)ということは、絶対うなわない方が良いということ(笑)

→そうです(笑)

(清田さん)やっぱり土は柔らかく保たなくちゃいけないってこと。

(旦那さん)じゃあ、安心して草を生やしておきましょう(笑)

 

(丸山)結構、小祝さんのブドウの畑では、耕起を全然しなくても棒が1m入るぐらいになっちゃっている畑もあるんで、耕起をしなくても、団粒はきちんと出来るという。

→そうです。特に納豆菌と酵母菌を入れると土は柔らかくなるんです。

(丸山)柔らかくなるというのは、基本的にはパン生地を地面の中で作った感じ。最初小麦粉に水をやっただけでは全然柔らかくならなく硬くなっちゃう。あれに酵母菌やイースト菌をつけておくとポワ~ンと空気が入って柔らかくなる。

 

(押田さん)紋葉系の畑はうなわない方が良いに決まっているもの。

(清田さん)広げちゃいますよね。うちも相当菌を広げちゃったんです、うなっちゃって。

(丸山)そういう意味で、さっき小祝さんが言っていた有機物と菌のセットというのが、絶対で、で、菌によって何が出来るのか、何をさせるのか、という部分を見極めて、この有機物には何が必要なのか、という事が見えてくれば、地面の中でしっかり働いてくれる部分が出来るという。

これ、新潟の渡辺さんという方の梨園なんです。酵母菌付きの堆肥で棒が刺さっていく。

(参加者)凄いね、1mぐらいスッと入っていく。

→枝止まりがめっちゃ早いんです。太い枝で。

(丸山)耕起しなくても。だってあそこまでロータリーは入らないじゃないですか。

これ、同じ梨じゃないですか。で、ここ、前はカチカチだったんですよ。やっぱり病気が多くて、梨の中にも黒い斑点が多くて中から腐ってくる。

それも治ってね、ガラっと変わりましたよ。

(丸山)根っこの根域が広がれば、ミネラル成分もちゃんと吸えるしっていう部分。

→ガラっと変わりますよ。

(参加者)昔は深耕ロータリーで深く掘ったよね、50㎝以上。結局、ダメで止めたんですよね。

→あれやったらボロボロになっちゃう。

(清田さん)根っこみんな切っちゃう。あれやった人、みんな駄目になっちゃったよね。

→誰がやったんだろうって(笑)常識的に考えて絶対ダメだろうって(笑)

(参加者)農機屋さんだよね、あれを広げたのは。

→根を更新するのに1部をやるのは、結構、重要なんですよ。でも、菌を使って柔らかくしておけば、古くなった根は菌が自然に分解してくれるんです。特にバチルス菌がそうしてくれる。自然に更新します。

(参加者)じゃあ、大丈夫ですね。ずっとその根っこを使っているんじゃなくて、先の細いのは更新するんだろうけど、太いのはそのままね。

→そうです。太いのはどちらかというと枝みたいに残っていく。

(押田さん)納豆は古くなったのは使って良いの?

→みんな、古いのを使っていますよ。特に堆肥に入れてあげると良いですよ。

植物生理からすると、みんなやっちゃいけないことをやっているので、なかなか懲りないなって(笑)

で、彼は僕の言ったとおりにやっているので、不二家さんが全部完全に買取していて、めちゃくちゃ高い値段で買ってくれている。洋ナシで、新潟で一番上手に作ると言われているけど、世界一ですよ。40代です。

 

で、パートさんがみんな農機具を使える。みんな女性で、本人は指導しているだけ。こうやるんですよ、って。ユンボも女性ですよ。トラクターも何もかも。みんな全員パートさん。で、本人が言っているのは、女性のパートさんが使えるようになったら、みんな壊れなくなったって。一定にやっているだけだから。男性だとガンガンやるんで(笑)全然変わったっていう。みんなママさんを集めてやっているそうです。

このママさん達、都会から引っ越して来た人たちで、全然農業を知らないんですが、面白くて仕方がないって。

 

僕が思うに何故彼らが成功したかっていうと、植物の生理の通りに木を動かしているから、ちゃんと儲かるんです。そうすると人も雇える。だからもう少し一部で良いので考え方を変えてやってもらえればわかる。そうすると、あっ、こんな風に違うんだって。最初の年は「枝が短いのに弱いな」って思うので、実をもうちょっと膨らまそうかってやったらきれいに膨らむんで。その後、アブラムシで悩まことが無いので。そして木が強くなるから、木の事で悩むことが無くなる。

彼が言っているのは、木が短くて硬くなることで、殺菌剤、殺虫剤の使用量が本当に減った、って。

(押田さん)徒長枝が短いっていうのは、梨の場合でしょ?

→梨もキウイも何もかも。キウイは止まりが早くなるんですよ。

(丸山)去年、押田さんの見せてもらったキウイは花芽がつかなかった?

(押田さん)花芽がつかなかったところは剪定しちゃったの。そこも今日、見てもらえますか?

(丸山)今回の資料にキウイはのっけていないですが、これからキウイも出来るように勉強会でお話頂ければ。

今年から「果樹の勉強会」って名前が変わったので、梨だけでなく、桃やキウイも。

(参加者)基本は変わらないでしょ?

→変わらないです。枝かツルかの違いです。

(丸山)花芽がつかないということは、その分、養分が残る?

→伸びていたんじゃない、ちょっと。

(押田さん)キウイの花芽がつく時期は何月でしたっけ?

→あれは芽をつけながら伸びていくやつでしょ。確か春じゃなかったでしたっけ?

(押田さん)違う、9月頃かな?

→え~、そうでしたっけ?

(押田さん)先生、調べておいて。

→あれは柿と一緒で、芽は伸びながらつけるんじゃなかったでしたっけ?

(押田さん)うん、剪定の時に残す枝からは、ならない。そこから出た枝からなる。

→でしょ?

(参加者)じゃあ、ブドウなんかと一緒か。

→そうです。だから花芽形成っていうのは、その前年度ではなくて、その年に出るはずなんですよ。

洋ナシって和梨と同じ枝の伸び方をするんですけど、これ見てもらいたいんですけど、上の方が全然伸びていないんです。徒長枝がほとんど無いんです。ほとんど止め葉で止まっているんです。

(清田さん)すごいすごい、こんなの初めて見た。

(押田さん)徒長枝は無い方が良いんですよね?

→無い方が良いです(笑)

(押田さん)でも、それ具合が悪いからでしょ?

→いやいや(笑)

(押田さん)近所の人が、枝を強剪定すると、枝が強いから太い所で切るとみんな徒長するの。でもうちは先っぽしか花芽がないから先っぽまで残すの。そうすると徒長しないの。枝を長くしないと徒長しないの。

→途中からまた出るしね。ふくしょうっていう実がついている所。

(押田さん)うん、それはそうですけど、枝からずいずい徒長する家は病気だらけなんですよ。

→だから養分を早く分散させることが重要なんですよ。

(押田さん)でも、押田さんの家は徒長枝があまり出ないね、具合が悪いのだろうか、毎年実をめいっぱいつけて、良く枯れないよねって(笑)

→だから逆にいうと、押田さんは枝が早く止まって、その先の何度もやる実肥えで、最後のところが上手いんですよ。

 

【最近の畑の様子)

R11016。船橋のキウイフルーツ圃場。あまり見かけない品種のブルーノ。

【会員限定ページ】

会員向けの限定情報を掲載しています。

会員限定ページはこちら

【更新情報】

【2019/11/1】

 最近の畑の様子に

 船橋のキウイフルーツ圃場。

を載せました。