会員向け限定ページ

2014.10.8 丸和さん勉強会

◆島田さん堆肥場見学

【解説】

■虫が集まってきている

ハエや小さな虫が凄いですね。エサがあるところに集まる。アルカリ性。

材料は豚ぷんと馬肥え、コーヒーカス、ワラ。エアレーションは入っている。風は最低で。

もしかしたらワラが沢山入っているから、空気が抜けが良すぎるから温度が上がっているのかも知れない。だから切替しているうちに、ワラが分解されてつまってくる。初期の症状として出やすいけど3回ぐらいやっていれば大丈夫。多少上がるけど、大丈夫です。ダメなときはハエがいっぱいくるけど(笑)


あとは水管理ですね。温度が上がって乾かしちゃうと硝酸になってしまう。だから乾かさない方が良い。

温度は徐々にではなく、すぱっと広げて熱を一気に放熱して休ませた方が良い。ゆっくり広げなげながら、下げても酸素が入って硝酸が出る。スパッと一気に下げた方が良い。


未完熟堆肥でも作付けまで1ヶ月おけば大丈夫?

→太陽熱をやれば。太陽熱をかけないと腐敗物があるから根毛が出ない。それが難しい。 

ちなみに、ひびの(ジャパンバイオファームの元社員)が作っている小松菜の根っこがどのぐらい出るかお見せします。

凄い。だから1株が重いんです。

20センチ全部吸収根。これで炭水化物を吸っているから重くなる。

これがバチルスコアキュラスとクロスジュウム。


1本120gですからね。


「小松菜の品質も良く、直売所の売れ残り率も0.1%、経営のリスク分散になる」ということです。


彼は、グリリーンハート見にいって、2ヶ月で会社辞めました(笑)実家が三重のやつで。


1ヶ月380万。今年1年目で1000万円超えるんじゃないかな。僕は調子悪くなって会社戻ってこないかなと思っていますが(笑)


彼の場合は慣行栽培よりちょっと上ぐらい。普通は120円ぐらい。でも量が普通の人の2倍ぐらいする。単純に倍。普通の方が5000円ぐらいのところを1万円ぐらい。初年度終わってないのに1万円超えている。最高が1.7万。


水の管理を細かくやらないと追いつかないと言っている。


条間潅水。6条。一般の人でこんなことやる人はいない。


最初失敗した。下の根っこが無かった。それを改良したて、さっきの写真の根っこはハウス1棟で18条入っているところのもの。それが3連でやっている。


ワラが条間に敷いてあるのは?

→ワラは太陽当たらないように、あたると硝酸化するから。籾殻撒くぐらいでも良い。


ホウレン草に生の籾殻やったらダニがついたのだけど?

→それは乾燥です。籾殻やったから乾燥が見えなかったんでしょう。


次に注意するのは?

土壌分析すること。何から何まで吸ってしまっているので。

彼の凄いのは、子葉まで残っているから、すぱすぱやっている。

彼はニンジンも作っている。ジュースを作るために。ニンジンは柿の味にならないといけない。


やっぱり堆肥と水管理が重要。

【最近の畑の様子)

H300905。産地廻りレンコン圃場。今年も大風の影響で。

【会員限定ページ】

会員向けの限定情報を掲載しています。

会員限定ページはこちら

【更新情報】

【2018/9/9】

 最近の畑の様子に

 産地廻り時のレンコン圃場

 の画像を載せました。

 

【2018/7/25】

 最近の畑の様子に

 水稲勉強会2の画像を

 載せました。