会員向け限定ページ

2014.10.9 海上勉強会

◆座学1(ネギの灰色カビ病の原因と対策)

◆座学2(ネギの灰色カビ病の原因と対策の続き)

◆嶋田さん堆肥場

◆座学(顕微鏡検査)

 

上記のテーマで勉強会を行いました。

ご覧になりたい項目をクリックすると、詳細ページに飛びます。

 

◆午後の座学

【顕微鏡検査】

自作のえひめAIを顕微鏡で観察してみる

ヨーグルト・・・乳酸菌

ドライイースト・・・酵母菌

納豆・・・納豆菌

を混ぜて作った自作のえひめAIを顕微鏡で見てみる。


■酵母菌は無く乳酸菌が出ている状態

乳酸菌が出ている。酵母菌の状態はもう終わっていますね。



 

酵母菌だと、このぐらいの状態でマッチ棒の頭ぐらいの大きさに見えるんです。

 

ぷつぷつしているのは菌。乳酸菌です。

ヨーグルト入っているので、その乳酸菌。

 


■ドライイーストで酵母菌を見てみる

ドライイーストを使って見る。これがマッチ棒の頭ぐらいの酵母菌。

さっきのは点でしたよね?酵母菌より小さくて長広かったので乳酸菌でした。全然大きさが違うんです。

 

さっきのには納豆菌も分解していなかった。納豆菌はタンパク質なので酸に溶けると分解しちゃう。本来は乳酸菌や酵母と納豆菌は仲が悪い。それを一緒に培養するというのは、菌の専門家からすると邪道じゃないかといわれる。

 

この長広いやつが桿菌(かんきん)というもの。乳酸菌の一種です。どこをみても丸い酵母菌のようなものはいない。

エアレーションしていないから仕方無い。

酵母菌は24時間以内に繁殖してしまう。そして自己分解して溶けちゃう。そして乳酸菌にれ替わる。だからPHが低い。だから置いておいたらだめで、早い段階で使わないとだめ。


休眠させる方法はありますか?

→(小祝)あるけど、普通は出来ない。

 

納豆菌だけで堆肥を作る方法もありますよね?

→(小祝)それが普通で、酵母菌と乳酸菌と一緒に納豆菌というのはやらない。相性が悪いから。

納豆菌だけを培養するのはエアレーション。エアレーションが無いと増えない。色々混ざっていたほうが良い、というわけではない。

納豆菌も日持ちしないので、すぐ使う。どうしても、というのであれば、納豆菌が増えてきてPHがあがってくる、そこに酢を入れてPHを一気に4以下にしちゃう。すると酸っぱいところではなかなか生きられない。いきなりやられているので仮死状態になる。

 

納豆菌をエアレーションで増やして出来る、というのはどのぐらいの時間がかかる?

→(小祝)30℃以上で48時間以内。酢締めするときも本当はレモン酢とかクエン酸。酢酸だと死んじゃう。普通はやらないので、培養が完成したら使っちゃうほうが良い。


動いているときに、エサがあって養分がたくさんあって、細胞分裂して子供が出来ているときに仮死状態にする。


仮死状態のを葉面散布したら意味がある?

→(小祝)それを葉面散布しても、あまり効果ない。仮死状態を起こしてあげないといけない。だからそのままどんどん使った方が良い。

 

納豆菌がいたら、点で小さいのが見える。ゴミかな、と思うぐらい小さい。これより小さい。こまかな点がたくさんある。

 

納豆菌は堆肥に撒くのが一番良い。葉面散布はカビ系に強いですね。

 

さっきの酵母が水を吸ったのを見てみると、だんだん大きくなりましたね。

中にぽつんと見える白くぼや~っと見ているやつが、細胞核。


◆傷んだ生姜を顕微鏡で見てみる

根っこなどを調べるには、鋭利なかみそりで薄く切って水をたらして見る。

黒いところは菌が中に進入して食べられてしまっている。

黒い筋は管に進入されてしまっている。基本的には、壁がやぶられたときにカビ系は大きいので入れない、最初は細菌系が入ってくる。だからどちらかというと細菌系の病気です。

何箇所か切ってみて、ちらちら見えたら、いずれ病気になりますよ、ということ。

ここはまだ少なそう。でもチラチラ出始めている。いわばガンですよね。

 


導管がやられていますね。いわば血管を伝わって広がるのと同じ。

皮の表面に根っこが出ているから、そこから中に入る。間違ったものを吸うと根毛が切れる。トリメチルアミンなどを吸うと、そこからこういった現象が起きる。

微量だから大丈夫だろう、と思うと、生育が良くて水をガンガン上げているときにバリアが出来る前にどんどん上がやられちゃって、バタバタとなってしまう。初期成育の時はわからない。

 

バリアーって出来るもの?

→(小祝)人間は下痢をして出しますが、植物はそこをトカゲの尻尾みたいに切りすてて出します。しかし、トカゲの尻尾みたいに切る前に入られてしまえば、全体アウト。 


写真を見ていると、このあたりは完全に感染している。つまり堆肥が黒いということはこういうこと。これセルロースで、じつは菌が食べたやつ、堆肥化というやつ。しかしこれを人間としては病原菌という。


今年のピーマンは、去年と同じように白絹病が出たのに今年は枯れなかったんですが?

→(小祝)修復作業が働いたんです、ミネラルがきちっと働いたんでしょう。太陽熱消毒をきちっとやって、養分の吸収が良くなって、ミネラルが吸えると、炭水化物の製造能力があがるんです。そしてピーマンは肉厚で厚いんです。そういう時は病原菌がきても中で場チンとバリアー張るんです。さらに年輪が膨れて迂回路を作るんです。だからやけに根本が太くなっているでしょ?

→はい、太くなって、病気になった側は落葉するけど、反対側は全く大丈夫。1ヶ月ぐらい、殺虫剤も殺菌剤かけなくてもあれだけとれたもの。そんなことはピーマンではありえないもの。 

→(小祝)なまじっか太陽熱の方が効果がある(笑)


来年に向けて、5月ぐらい、ハウスであれば3月下旬ぐらいから太陽熱を1棟1棟準備をしていった方が良い。太陽熱をやらなくても堆肥だけでもきちっとやった方が良い。

 

クロスリジュウムみたいなものは、掃除機にガーゼをやって、空気を吸い取って、袋を縮めてから空気が入らないようにして締める。それを出来れば黒い袋に入れて温かいところで日が当たるところに持っていくと、クロスリジュウムが増える。いきいき乳酸菌は、堆肥場に撒くだけでいい。クロスリジュウムだけは空気を抜く。

 

基本、自分で水戸納豆を培養して堆肥に混ぜて下さい。それで病原菌を押さえる。そしてクロスリジュウムを使ったら団粒が出来る。酵母を入れれば更に団粒出来る。でも中にやばいものが残っていたら光合成菌を入れる。どの菌を何で入れるかわかって入れることた大切。

 

あとは地道に土や堆肥を洗って顕微鏡で見てどんな菌がいるか見る。

 

臭いを消すのは乳酸菌と酵母。悪い菌は余り減らせない、ただ、悪いほうには傾いていかない。臭いが出ると硫化水素が出るから他の菌を全部殺してしまう。


根っこを切って顕微鏡で写真を撮る、わからなければそれを送って下さい。根っこを畑から抜く時は、根っこがきれいに切れないようにしながら全部とって、手でしごいたりしないで、それを水につけて、土がふやけてボロボロとれるようになってから土を軽く落とすと、土の中で根っこがどういった形状かわかる。そうすると土の中にどういったミネラルがあるかわかる。表層なのか扇状なのか。それを写真で撮っておく。

 

少量多潅水が一番良い

→うちは最初のガーンと水をかけちゃうな。

→(小祝)それが一番ダメ、土がしまっちゃう。ネギなんかは上がってしまうと、、特に空気が通らない層が厚くなっていってしまい、酸欠があるんで細胞しあげる時に、天気がカーッとなると、水の撒くが真空状態になって空気が入らないので、根が傷んじゃう。すると根がしな~っとなっちゃう。それを何回もやっていると、今度は過乾燥で全部ダメになってしまう。本当に水のやり方はマスターしなくてはいけない。

 

あとは出来れば籾殻を撒いてその上から水をかけるのが良い。そうすると夏は地温が上がるのが一番だめで、それが防げる。上に撒いているだけなら何も悪さしない。土が見えるぐらいのサラサラ撒くだけで地温が7~8℃下がる。というのも水をかけると土は黒くなるでしょ?そうすると光を吸収して温度を上げちゃうから。

 

籾殻は、土が見えなくなるぐらい撒くのは悪い?

→まあ悪くは無いが、その手間を考えると。また水は不均一になっちゃうから、土が少し見えるぐらいでいいから、水が均一にいくように籾殻を撒いた方が良い。夏は地温対策が大切。

 

発芽してからやった方が良い?

→発芽してからの方がいいです。種まく時期が温度がとれればいいですが、とれないと籾殻は温度下げちゃうから。

【最近の畑の様子)

H301119。産地廻り今年の人参。9月の曇天で例年より丈が長い。

【会員限定ページ】

会員向けの限定情報を掲載しています。

会員限定ページはこちら

【更新情報】

【2018/12/12】

 最近の畑の様子に

 11月の人参を 載せました。

 

【2018/9/9】

 最近の畑の様子に

 産地廻り時のレンコン圃場

 の画像を載せました。