会員向け限定ページ

2014.5.14 丸和さん・宮城さん勉強会

◆吉川さん堆肥場見学

【解説】

■堆肥の混ざり具合が不均一

ちょっと焼けている感じが色でわかる。触感もガサガサ感がある。ぬるぬるなっていない。(固形か半液状化かの違い)

 

 

エアレーションを絞るとか、微生物のエサを入れないと、エサの部分だけが焦げてエサが無い状態になっている可能性がある。

 

一部がぬめっているけどガサガサ感が多いので、混ぜ方をもうちょっと丁寧にした方が良い。

ドサっとやるとサンドイッチ状態になって間に空気が空いちゃうので、落とすように丁寧に混ぜていかないと80℃までが上がってしまいアンモニアが抜けてしまう。最初が大切で、2週間は丁寧に面倒をみてゆっくりと温度をあげていかないといけない。

 

問題は堆肥の材料を持ってきた時に少しずつ移動させながら落とすから、移動させる場所がないと切り返しが出来ないから奥まで入れない。そのため、タイヤ2車分だけ余分にスペースをとって混ぜる必要がある。一番奥から古い堆肥を作るなら最初は奥を2車分空けておいて、最初に積んで1車分どかして切り返して、2回目にまた空けておいたスペースで切り返す。次は逆からやっていくと良い。

 

混ざらない状態にすると焼けてしまう。結局、窒素が無くなっちゃっているので害は無いが、炭素が下手に多いとコガネなど出る可能性もある。

 

また窒素がないので苗が大きくはならない。まあその程度ならかわいいもので、肥料1袋入れておけばいい。

 

水がかからないという堆肥場では、均一に回すのがポイント。菌量が多くて種菌の塊のようにしておくというのも良い。

 

菌量が少ないからちょっとした混ぜ込みが少ないと不均一になってしまう。逆にこういった堆肥は酸化型になっているので、虫がつかなくなるので害はない。実際、この堆肥を使った圃場でごぼうが発芽した後、虫にはやられていない。

 

逆にこういったやり方で大根の肌をキレイにする、という裏技もある。

 

どうしても窒素系が高くなると虫がつきやすくなる。空気を均一にしないと、空気がいかないところが腐りやすくなる。

 

微生物の生きる環境作りが無茶苦茶重要。

 

熱が上がりすぎると、微生物が死んでしまう。死にずらいといっても高温耐性菌ばかりになってバランスが崩れるのと、アンモニアなどがガス化して逃げてしまう。また微生物が分解する速度があるので、いきなり温度があがると表面だけ食べて中を食べれないでおわっちゃう。温度が上がると水分もなくなってしまうので生きられなくなる環境になってしまうので止まっちゃう。そして水をかけると復活する。

 

微生物のエサの食べ残しの場合もあるし、炭化して食べられない場合もある。

◆吉川さんカブ畑見学

【解説】

■キャベツの後作で、カブにキスジノミハムシが多かった

 

早口は針金虫か何か小さい穴 が原因で、小さい時はキスジノミハムシは付かない。しかしその後は、キスジノミハムシは「匂い」で寄ってくる。

■対策

匂いで虫が寄ってくるのだから、乳酸菌の活性液でうなっちゃえば良い。EMでも良い。堆肥でもダメで、堆肥を入れるとしても酸っぱくしないといけない。虫は酸っぱいものが嫌い。 酢の物にもハエは入らないでしょ?

 

前作のキャベツが変に腐っていると、細胞壁が壊れて中の液が匂いと共にじゅわじゅわ出てきてしまう。とにかくキスジは匂いを封じるしかない。

 

キャベツとかはタンパク系作物と言われている。だからソルゴーなどの繊維系作物を入れると匂いが押さえられる。

【最近の畑の様子)

H300724。水稲勉強会2。

【会員限定ページ】

会員向けの限定情報を掲載しています。

会員限定ページはこちら

【更新情報】

【2018/7/25】

 最近の畑の様子に

 水稲勉強会2の画像を

 載せました。

 

【2018/7/9】

 最近の畑の様子に

 和梨の圃場視察の画像を

 載せました。