会員向け限定ページ

2014.5.14 丸和さん・宮城さん勉強会

◆越川さん堆肥場見学

◆越川さん玉ねぎ畑見学

【解説】

■玉ねぎ畑

移植無しで直播であるのにも関わらず、鉄をふんだんに入れて大変根張りが良い、豊作となった。コーティング種を均一に落ちるように出来れば、大変な収量になったことだけが悔やまれる状態。

■移植無し直播き

移植無し直播で、コーティング種を使ってシーダーで3列播きを行った。シーダー播きは風であおられちゃったかのかもしれないし、9月だから熱かったからか乾燥でだめになってしまったところが少しある。発芽揃いをよくすることさえ出来れば、移植無しで直播で、とんでもない収量になった。

 

太陽熱をやってマルチをはがした後に9月に直播きした。草も結構出ない。一度、霜対策で踏んで、3月に1回追肥を2・5・3で3反歩の畑に30体ぐらい行った。

 

■鉄が根まで酸素を供給している

根張りが良い、鉄分はかなり入れている。鉄があれがその分、酸素が供給できる。逆に鉄が少なくなると表層に根が張っちゃって根張りが深くならない。

人間で言えば血液中のヘモ鉄と一緒。ヘモ鉄は人間の体内にたまっている養分をとりだせて運動エネルギーに変えられる。作物も酸素がないと下まで根っこが入っていかない。表面には酸素があるが下の方には酸素は無い。しかし鉄があると酸素を下に供給できる。鉄は酸素ボンベのような役割を果たしている。

【最近の畑の様子)

H300905。産地廻りレンコン圃場。今年も大風の影響で。

【会員限定ページ】

会員向けの限定情報を掲載しています。

会員限定ページはこちら

【更新情報】

【2018/9/9】

 最近の畑の様子に

 産地廻り時のレンコン圃場

 の画像を載せました。

 

【2018/7/25】

 最近の畑の様子に

 水稲勉強会2の画像を

 載せました。