会員向け限定ページ

2015.10.16 丸和さん勉強会(不天候時の対応と対策

◆吉川さん堆肥場&圃場見学

【解説】

■ごぼう畑

さっきよりはましだけど、ちょっとネマが出ているね。葉っぱの大きさもまばらで、揃っていない。

どうしてもだんだん密度が高くなってくる。そこに輪作を入れるとすっと下がる。その繰り返し。どうしても残渣が多いからそれを餌に増えてくる。生ものが多いと。

 

これから冬でしょ。ほとんどが黒くて分解しているように見えるけど、ほとんど分解していないから、次の年に卵からかえったあとにすぐに餌になる。その後、生餌として根っこにずぶっと(笑)

 

ネマは上の15~20cmぐらいのところで出る。空気を好む。

 

ごぼう後にセンチュウを抑えるのは出来ないものですか?

→無理。繁殖時期が終わって、これから休眠時期に入る。何を使おうと休眠している間は効かないから。

 

やっぱり6月ぐらいから対処はやらないと。

 

だってこの葉っぱだから膨大な養分でしょ。そりゃチューチューするに決まっているでしょ。

 

青森とか、何年も作ってもやっているのは何かポイントがあるのかね。冬は凍るもんね。

→そう、あとは黒ボクだから、卵がくっついてかえらせないというのもある。黒ボクって凄いセンチュウの卵をくっつけて間に入れて、かえらせないという働きがあるんです。その分、リン酸吸収が高い、だからリンが効かないというのもあるんですけど。そういったところはネマが出にくい。

 

曲がっている。素直じゃない。

この後、葉っぱ散らすでしょ。その時に放線菌を入れた堆肥を入れてくるんでいけばいいけど、そのままだと、生を入れたらよけい餌が増える(笑)

■堆肥場

放線菌、大分出ていると思いますよ。下が白いから。

結局、葉っぱ散らしたところが来年の初期の餌になる。本当はこの堆肥をつけなくちゃいけないけど、今のままうなったら、ご馳走をあげることになる。

 

豚ぷんと籾殻で、籾殻が多いです。80℃ある。とりあえず、原料積んでおいたらこんなになったのでエアーは入れられないんです。

→エアー入れたら火事になるよ(笑)上から水をあげても水蒸気になって下までいかない。散らすしかない。積んでから水をかけようとしても中に入らないから、初期に水をかけないと。初心に帰る(笑)

■ごぼうのポイント

ぎりぎり、最終段階、この後はやばいよ。

根っこが曲がり始めている。焼けも出ている。

ただ、見ていると場所によるよね。ストレートに出ているのもあれば、巻いているのもある。

やっぱり、堆肥を使ったしても、使う時期が間違っちゃうとあれなので、うなう前にやらないと。

結局、生の葉っぱをうなってしまうと冬はほとんど分解しないで、腐ったように見えただけで実際は生。それが来年春になると雨で養分が溶け出して、そこで卵がかえるじゃないですか。初期の栄養もらって、今度は種まかれた根っこから栄養もらってズブズブ。

 

だから放線菌を食わせてやって、近づいていったら倒されるような条件にしておかないと。

だから、ごぼうが終わったらすぐ。

 

来年の春に入れても、堆肥から染み出してくる菌が増えるまですごい時間がかかる。放線菌の密度をあげるために、温度と時間が大事。直前じゃないと。

ごぼうだけじゃなく、キャベツなど生の葉っぱをチョッパーでそのまま散らしたら最高の餌になってしまう。

米ぬかも生だとだめ。ぼかしてあげないと。

 

だからポイントは、生で散らすときは、次の作でどういう病気が発生するかを考えて、放線菌を残渣に振りかけてあげる。それで処理をする。その手はずを考えないと肥培管理が無意味になってしまう。初期成育だけ良くて病気にかかったら後は止まっちゃう。

 

ぬかを分解するには?

→放線菌。乳酸菌は分解しない。分解するのは放線菌とバチルス菌。

 

ごぼうに納豆菌使ったら香りがなくなった。柔らかくて。真っ白で。ほれぼれしたもの。

→素直になってしまう。ストレスが無いから。ストレスがかかるから香りや硬くなる。ストレスが無いとエリートになる。最高のものが取れているんだけど。抗酸化力を測れば、べらぼうに高いやつなんです。

 

香りはどうする?

→香りは硫酸苦土使って、強引につけるしかないです。水酸化マグネシウムとか使わずに、硫酸マグネシウムだけ。でもストレスがかかるとストレスでも臭いが出る。

だから、バチルスのおかげで回りに何も病原菌が居ない状態。養分はバチルスが分解してくれて水溶性にしてくれるから、ガンガン調子よくて太くて、寸胴で、長いやつ。

 

面白いのは、筋が無くなるから、ごぼうが芋になるんです。ほくほくになる。香りが無いからごぼうらしくない。でも、本当はそれが良い。糖度も高いし抗酸化力が高い。

 

米ぬかを使うならば、良く使う堆肥の種菌、あるいは納豆菌をつける。

納豆菌は、とにかく有機系の窒素肥料を吸いよせアミノ酸に変えるスピードが早いので、生育が良いんです。揃いもいいし。

 

まあ、とりあえず生は入れないほうが良い。入れるなら菌をつけて入れる。

とにかくごぼうは危険。だって、自然界で茎や葉っぱが土の中に入るというのはありえない。

 

でも、放線菌が一緒に仕込まれていれば、そっち系の分解が春先に始まるので、餌を取りに行こうとしたら自分が分解されてしまう。

【最近の畑の様子)

H300905。産地廻りレンコン圃場。今年も大風の影響で。

【会員限定ページ】

会員向けの限定情報を掲載しています。

会員限定ページはこちら

【更新情報】

【2018/9/9】

 最近の畑の様子に

 産地廻り時のレンコン圃場

 の画像を載せました。

 

【2018/7/25】

 最近の畑の様子に

 水稲勉強会2の画像を

 載せました。