会員向け限定ページ

 2015.10.16 丸和さん勉強会(不天候時の対応と対策

◆市川さん堆肥場&圃場見学

【解説】

■堆肥場

今70℃ぐらい。白いのも出ているし良い状態。

一番まずいのが、収穫した後に生を散らかすこと。とにかく菌をつけること。それまでは絶対うなわない。この堆肥をかけてからうなう。

糀作りと一緒。残渣が蒸した米、それに糀をつけるでしょ。蒸した米そのままにしていたらダメでしょ(笑)

 

収穫物以外の生の残渣を土に入れてしまうのが良くない。ネマが出ていれば絶対だめ。

里芋も残渣が多いでしょ。来年の春に葉っぱが溶けてどろどろになる。

残渣をとにかくうならない。放って置いてよい。堆肥をまいてからうなう。

 

草が出るから終わったらうなっちゃうのよね・・・

→草だけだったら種がつかないでしょ。要は生やしちゃった方が種が減るんだから。 

■ニンジン畑

センチュウですね。

(市川さん)前は大根の葉をちゃんとすきこんだからね(笑)

→生をすきこまない。堆肥を撒いてからうなうのを、これからはルール化しましょうね。タイミングの問題ですからね。

■小松菜圃場

アブラムシが酷いんですよ。

→なんでそんなに酷いんですか?

 

この前、ズッキーニをやったからです。

→その卵が残っていたのですね。太陽熱やってからであったらアブラムシは全部死ぬと思うんです。そうしていたら大成功だったんですね。

白サビでちゃう。

→日比野はファンで風を送っている。ホテルでよくあるファンの片方に重しをかけて、ぶわんぶわんと動かしているから、葉っぱが常に揺られている。葉っぱが揺れるから水蒸気が外れる。水滴が残っているから白サビが出る。だから常に動かしている風だと水滴はとれない。

 

路地であれば出ない。常に葉っぱが風で揺らされているから。

このトンネルのだと蒸れちゃうから出る。

 

葉物だと45%は利益率が出ると思う。企業であれば普通は10%いったらよい方。

日比野なんて、パート2人で1反歩で1,400万売り上げて、1,000万残る。すさまじいですよ。また人を増やすと言っていたけど。費用はパートさんと肥料代だけ。

 

ちなみに、日比野は小松菜1反歩から3.5トン。1回転で。12,000パック、2.4トン。

3.5トンで150gで2万パックで140円で売っている。最低でも7回転行く。暑くなる時は冷ます方法を知っている。

 

とにかく、ここは管理者がついてあとはパートさんで、人件費で半分持っていく。

 

小松菜の根っこを残すのは病気の元。今日のルールは生ものを残さない(笑)

せっかく肥培管理をきちんとしていても、自分で病原菌増やしちゃう(笑)

 

ベビーリーフで儲けている人がいる。有機で。上場だといっている。熊本の人。従業員かかえてやっています。利益率聞いたら、会社で残るのが20%。収穫は1ヶ月かからない。

ベビーリーフは、苗をブロックにしておいて、そのブロックのまま土におくだけ。あとはそのままざっと切るだけ。根っこもそれほど張っているわけじゃないから、堆肥まいてうなっちゃって、またブロックをどん。

アミノ酸と酢の混合液につけて植えるから、根が勝手に出ちゃう。空気中に根っこが出て行くから。25日ぐらいで出来ちゃうでしょ。

 

パートさんがやっている。硝酸も2桁に下がった。少量多潅水もやっている。

 

だから葉物は半分人件費にとられますよね。だからマネージャー決めて任せて、パートさんで回す。利益が40%ぐらい残るので、その40%を事業としてとる。これはチーム、ひとつの部門として、60%食われる、40%残すという考えで。

 

経営者が現場に入ってしまうと、他の事を考えているんで良くない。完全にパートさんに任せる。

これから土地が空いてくる時にポイントになるのは、技術は持っているけど経営者になれるかどうかなんですよ。人をきちんと雇って面積が拡大していくのをマネージメントできること。

自分が労働に入っちゃうと、全く周りが見えなくなってしまう。頭も回転しなくなっちゃうし。

だから、みなさん、まだ健在の時に、自分の後継者にはちゃんと経営者になれる手法を伝えないと。

 

経営者になったって作物作れないとね・・・

→それは基本(笑)

どっちかというとアクトのせきさんのようにね。ちゃんとマネージャーがいる体制でね。

 

【最近の畑の様子)

H300905。産地廻りレンコン圃場。今年も大風の影響で。

【会員限定ページ】

会員向けの限定情報を掲載しています。

会員限定ページはこちら

【更新情報】

【2018/9/9】

 最近の畑の様子に

 産地廻り時のレンコン圃場

 の画像を載せました。

 

【2018/7/25】

 最近の畑の様子に

 水稲勉強会2の画像を

 載せました。