会員向け限定ページ

2016.10.7 丸和さん勉強会

◆島田さん堆肥場&圃場見学

【解説】

■堆肥場

(参加者)みなさんエアレーションがあるわけではないのですか?

(丸山)いや、止まっているだけであります。

(島田さん)80℃ぐらい上がっているな。

(参加者)凄いですね。初めて80℃見ました。

(島田さん)冷ましながらやっているかな。

■里芋

折れちゃっているももあるけど、台風の風もあったし、病気もあったな。

(丸山)掘り上げはまだですか?

(島田さん)これからやっていこうと思っています。

■キャベツ畑

→全体的にさ、堆肥を入れて放線菌を主体に増やしているよね。そろそろ1回太陽熱をして嫌気にして、土壌中にアルコールを作った方が良いね。それで1回土壌のいろんな菌をさげてリセットかけて。ビニールをかけないとアルコール作れないんで。堆肥を入れて耕うんしちゃうだけだとアルコール作れないから。 

■ニンジン畑

→いいね。揃っているね。これたい肥の原料は何ですか?

(島田さん)馬が多いかな。昔は豚糞が多かったけど、今は馬ともみ殻とか糠かな。

(参加者)葉っぱが硬い気がする。

→パリパリしているでしょ。

(参加者)ケイ酸か~。もみ殻堆肥が良いということですか?

(丸山)ただもみ殻堆肥といっても作り方がね。乾燥しやすい、酸素が入りしやすい、それでダニが出やすいというところもある。

(参加者)水をかければ問題なし?

(丸山)水を振るにしても、もみ殻が若すぎると水をはじいてしまうとかある。

(参加者)もみ殻主体だとリスクがあるから、何かにもみ殻を入れるぐらいがちょうど良い?

(丸山)どんどんくべる感じ。火を燃やす時でも竹だけ燃やして言えるとわ~っと燃えるけど後が続かない。やはりベースとして長く燃えるものを入れながら、着火剤としてそういったものを入れる。

 

→やはりもみ殻が入っているところはニンジンの茎も固いですね。市川さんのところもそうでしたでしょ。

 

(丸山)まあ、難しいですよね。入れすぎると温度も上がりすぎちゃうしね。 

【最近の畑の様子)

H300724。水稲勉強会2。

【会員限定ページ】

会員向けの限定情報を掲載しています。

会員限定ページはこちら

【更新情報】

【2018/7/25】

 最近の畑の様子に

 水稲勉強会2の画像を

 載せました。

 

【2018/7/9】

 最近の畑の様子に

 和梨の圃場視察の画像を

 載せました。