会員向け限定ページ

2016.5.25 丸和さん勉強会

◆宮城さん堆肥&圃場見学

◆越川さん堆肥&圃場見学

◆市川さん堆肥&圃場見学

◆吉川さん堆肥&圃場見学

◆杉本さん圃場見学

◆島田さん堆肥場&圃場見学

◆今日のまとめ

 

上記のテーマで勉強会を行いました。

ご覧になりたい項目をクリックすると、詳細ページに飛びます。

 

◆吉川さん堆肥場&圃場見学

【解説】

■堆肥場

(丸山)全然問題ありませんね。

 

(小祝)ちょっと緑肥のやり方を説明しています。ハウスの時期について。

(市川さん)種があれしてからだと、栄養分が変わってくるんだよね?

→そうです。殻だけだとC/N比のCが高すぎて分解しにくいんです。やっぱり種がタンパク質だから、その葉緑素を分解して移行させるんで、それが移行する前にやるとちょうどC/N比が良い。そうすると発酵しやすい。

(丸山)そういうのを画像化するとわかりやすいですね。このやつで分解して、この養分が転流してその途中でうなうことで一緒に分解するけど、行き過ぎると種に入ってしまうとCだけになってしまって、分解しないという。

→まあ、みなさんも同じ技術になっているから、失敗することはないけど、自分で新しいアイディアをやる時に、早め早めに相談してもらえれば。

 

(丸山)吉川さん、堆肥の原料何でしたっけ?

(吉川さん)うちはもみ殻の馬糞で、馬糞がおがくずで。

→これ糠?

(吉川さん)これから仕込むんです。糠はもらってきます。ただ時期は選べないです。

 

(吉川さん)そっちはジャガイモ畑です。

→全然OKですね。花咲いたからもうこれ以上いかないですし。試し掘りはしたの?

(吉川さん)怖いからしていないです(笑)

→じゃあ、ちょうどいいですね。行きましょう。

■ジャガイモ畑

見た目が良いね。葉っぱも艶がある。2列目ぐらいを試し掘りしてみましょう。

5個ですね。

(丸山)じゃあ、普通ですかね。

→いや、自分の親芋から抜いて4つぐらい供給されているから。ただし、1本なんで。

芽がね。これだけ木がほきっているんだから、ジャガイモの親からもう1本出ていれば、これと同じ数がついていた。で、この木が小さくて、窒素がいかずそれだけ栄養素が芋にいっていたらたぶん8個ぐらいですね。

だから親芋に芽が1個しかなかったということ。堆肥とアミノ酸の比率があるでしょ?アミノ酸の比率を高めてやると、この大きさのそろったやつの数が出来る。そして堆肥を高めてやると、数が少なく大きなものになる。

 

だから、ストロン(わき芽)がアミノ酸でつくられるから、初期肥効アミノ酸が重要。大きさは追いつかないから。これがどれだけ早く出るか。早く出すにはアミノ酸ですね。

だから親芋から、こう繋がっていたわけだけど、そこからもう1つ芽出しが、茎があって、そしてアミノ酸が周りにあれば、たぶん8個からもっと採れた。

この茎だったら確実に4トン以上は行く。まっ、たまたま今回は茎が1本のところを抜いたけど、芽出しが2本出しとか3本出しになっていると。

(丸山)葉っぱの量が多ければ光合成量が多いので、その分、下の養分供給量が出来る。

→まあ十分とれている。

(吉川)レタスの施肥でちょっとやっちゃって(笑)

 

(参加者)何センチの深さで植えるのがいいのですか?

→出来れば、遅霜があるから、まあ5㎝ぐらいかな。あとみなさん、芋ってどっち向きに植えています?切り口が上?はい、OKです。切り口が上だと芽が広がるんです。そうすると養分を吸う根っこが広がるんで、全体的に広くなる。

はい、OKです。そうか病もないし、きれいですよね。

【最近の畑の様子)

H301119。産地廻り今年の人参。9月の曇天で例年より丈が長い。

【会員限定ページ】

会員向けの限定情報を掲載しています。

会員限定ページはこちら

【更新情報】

【2018/12/12】

 最近の畑の様子に

 11月の人参を 載せました。

 

【2018/9/9】

 最近の畑の様子に

 産地廻り時のレンコン圃場

 の画像を載せました。