会員向け限定ページ

2016.5.25 丸和さん勉強会

◆宮城さん堆肥&圃場見学

◆越川さん堆肥&圃場見学

◆市川さん堆肥&圃場見学

◆吉川さん堆肥&圃場見学

◆杉本さん圃場見学

◆島田さん堆肥場&圃場見学

◆今日のまとめ

 

上記のテーマで勉強会を行いました。

ご覧になりたい項目をクリックすると、詳細ページに飛びます。

 

◆杉本さん圃場見学

【解説】

■ジャガイモ畑

葉っぱが厚いね。小さい割には数はなっている。まあ、まだまだこれから。北海道はこれでアミノ酸の葉面散布。まあ、ここではこれで終わりでしょ。これでアミノ酸の葉面散布をすると2割ぐらい収量がアップする。

(杉本さん)これ乾燥しているからまだ良いのだけど、湿気があるとたちまち病気が入っちゃう。

→だから、乾燥している時にやらないと。これ、葉っぱが厚いから吸収力が凄い良いんですよ。もう厚紙ですもんね。

(杉本さん)今のところ、そうか病は出ていないけど。

→もう、この時期に出ていなくちゃいけないから、大丈夫。大体、この白い時につくんです。

 

(市川さん)なんで割れるものが出るの?

→やっぱり窒素、カリ。

(市川さん)早いころだよね。割れてもう皮は出来ている。

→早いころ?でかいやつでしょ?それは生の堆肥系に当たると出る。

 

(杉本さん)ジャガイモは堆肥を入れていないんだよね。米ぬかだけ。

→それでこんなに?それは凄いね。

(杉本さん)堆肥を入れるとどうしてもそうか病が出るから。

→それで、これ?凄いね。去年は人参?その時にたい肥はどのぐらい入れたの?

(杉本さん)200~300㎏じゃない?

→それは詐欺だね(笑)100㎏で大体窒素で3㎏だから、6㎏ぐらい作っちゃう。

(杉本さん)もちろん、ぎょうさん入っているよ(笑)

→6㎏でこれぐらいとられたら詐欺だからね(笑)

(市川さん)でも葉っぱの大きさは平らだからさ、あと効きとかはしていないよね。

→そうですね。最初の頃にバッと効くと小さくなる。そうすると比重の重いのが出来る。これがだんだん大きくなってくると水っぽくてやばくなる。

これはもう仕上がっていないのに、この時点で重い。

(市川さん)この品種でこの辺りで上手な人は2トン。とれない。

→これで大きくなったら2トンじゃきかないでしょ。

(杉本さん)そうあってほしいよね。

→この数がもし平均になったらどれだけとれるのって感じ。

(市川さん)4つが8つになったら倍になるでしょ。全部A品だったらね。

(市川さん)杉本さん、ゴボウ頑張った方が良いよ(笑)

→ゴボウって難しいんですよ。野菜の中だったらランク3番目ぐらいに入るよね。

(杉本さん)有機JASでゴボウ作ろうって人は、日本にそんなにいないんじゃない。

→いないですよね。

【最近の畑の様子)

H300724。水稲勉強会2。

【会員限定ページ】

会員向けの限定情報を掲載しています。

会員限定ページはこちら

【更新情報】

【2018/7/25】

 最近の畑の様子に

 水稲勉強会2の画像を

 載せました。

 

【2018/7/9】

 最近の畑の様子に

 和梨の圃場視察の画像を

 載せました。