会員向け限定ページ

2017.10.12 丸和さん勉強会(夏の水管理と水溶性炭水化物の利用)

◆越川さん見学

◆山崎さん圃場見学

◆山崎さん堆肥場見学

◆杉本さん堆肥場見学

◆杉本さん圃場見学

◆吉川さん堆肥場&圃場見学

◆市川さん圃場&堆肥場見学

◆今日のまとめ

 

上記のテーマで勉強会を行いました。

ご覧になりたい項目をクリックすると、詳細ページに飛びます。

 

◆杉本さん堆肥場見学

(丸山)メインは豚糞?

(杉本さん)それに粉砕したもの。

相当な水の量を使った。

→雨水をためればね。

(杉本さん)とにかく浸みるまで相当の水の量を使ったよ。雨ざらしで原料の時で結構熱が出ているんだけど。

(参加者)これ、もみ殻を焼いたやつのような匂いがするけど、何?

(杉本さん)いくらかもみ殻が入っているかな。焼いていないけど。

(市川さん)ずいぶん、堆肥の匂いが違うね。

(参加者)酸っぱいというか。

(丸山)堆肥のphはどのぐらい?

(杉本さん)わからない。どうやって測るんだ?

(丸山)リトマス紙で。それで熟度がわかる。

(杉本さん)仕込む前に?

(丸山)仕込んだ後に。それでどれだけ腐熟したかを測るんです。

(杉本さん)ほー。いつもこうやって触ってねばねばするまでを目安にしているんだけど。まだ濃い醤油みたいなつゆは出てこないな。

→うん。まだ水が足りないですものね。だってこれ切って20%ぐらいしか水ないんですよ、あっても。乾燥していると15%以下なんですよ。

発酵するのに結局は最低でも55ぐらい必要でしょ?ということは40%の水が必要だから、これ全体のも40%なんで。

だからおそらく水がたまるぐらいにかけないと、全体で40%にならないんですよ。

(市川さん)話の腰を折って申し訳ないのだけど、牛糞とかこういう荒いのを使って一気に撒くと、窒素飢餓を起こすよね。

→ていうか、根痛みとかを起こすよね。

(市川さん)大根なんかまともにとれない。だから肥料をいっぱい入れてもさ、これを分解するのにいっぱい使っちゃうから、肥料をいくら入れても足りない。

(参加者)大昔の話だけど、うちの仲間が養鶏場やっていて、生の鶏糞をやったら、人参全然だめだった。木ボケだけだった。やっぱりああいうことをするもんじゃない。

(市川さん)この白いカビって何?

(杉本さん)何だろうかな。

→毛カビですね。まあ害を及ぼすものじゃない。

(杉本さん)これから水かけて切り返すんだけど。

→それの3回ぐらい。そうするとだんだんヌルヌルが始まるんで。それで匂いが変わってきます。甘っぽい匂い。若干甘い匂いはしているけど。

杉本さん慣れているからわからない。来た時、多少、糞っぽい匂いがしているけど、甘い匂いが強くなってくるんです。このパターンが良いんです。これがどんどん糖化してくると畑に入れるとめっちゃおいしい野菜になるんです。

最初にこれだけ温度を上げることが大事なんで、バチルスが動くことが重要なんですよ。これでバチルスが優勢になるんですよ。70℃ぐらいで。

(丸山)50℃ぐらいだと。

→ちょっと低い。60℃~70℃ぐらいを保てればバッチリ。で、今度、始まったかなと思ったら水分落としてエアーを切る。

(丸山)ポイントは結構、水分がでかい?

→水分。その残熱で加水分解するから。

(丸山)水分がないと分解が止まってしまって、ということですね。

→せっかくの水溶性炭水化物が取り出せない。

(杉本さん)ま、これであと1か月ぐらいかかるのかい?

→そうですね、あと1か月ぐらいでしょうね。

(杉本さん)そっから温度下げて。

→まあ1回熟成させておろして。多分、いっぱいいっぱい広げて。

(杉本さん)集めたから高くしているんだ。切り返す場所がないから。もう1個フォークリフトがあればいいんだけど(笑)

→この白いカビみたいなやつ、よく飼料に入っているやつ。これがえさの分解をよくしている毛が長いカビなんです。ムコールというんです。まあ植物に害は出さないんで。

(杉本さん)よかった。これ心配していたんだよ。

(参加者)落花生とか作ると黒いカビがつくのは種から来ているのかね?

(市川さん)違う違う、地べた。白絹病っていってさ、来年同じところで作るとしたら、今年はこうだったら来年もこうなる。そんなところはもう作らない方が良い。

(参加者)何で来ているのかしら?堆肥のカビから来ているのか、それとも種から来ているのか。

(市川さん)2~3年空けないとさ。

(杉本さん)こういうの使った場合、3カ月で堆肥使えるかな?

→うまくやれば継続して3カ月以内でできるんじゃないですか。

(丸山)そういった意味では菌の密度が重要で、菅谷さんのところに昨日行ってきたんですけど、基本的には1/3ぐらいしか使わないんだそうです。堆肥仕込んで。残り2/3は来年、再来年用の種菌としてとっておくみたいなので。そうすると菌量が豊富にあるんで新しいのを仕込んでもすごい食いつきが早くて、分解も、もう早々にずっといってしまう。

霞ケ浦のイチゴ農家さんですね。昨日行ったんですが、畑に入れる堆肥はもう土に近い状態で仕上がってから入れるんで。菅谷さん、年間30回ぐらい切り返している。ただ、結局、原料が入って、3年間、切り返し切り返しで100回ぐらい切り返したやつが入る。

(参加者)やっぱり切り返しというのは大事ですか?

(市川さん)エアーが無いんでしょ。

(丸山)それだから余計切り返しが大事。

(杉本さん)俺なんかもう4回やっているよ。ということはトータルで10回以上やるよな。もうちょっと分解するかな。

(丸山)多分、畑と同じで、水分のつながりというのを上手くやっていかないと、畑で水分が無くなって硝酸になって、雨が降って硝酸を吸っちゃってという同じような感じで、堆肥場でも一回切れちゃうと、ほきるのにタイミングがずれたりとかしてしまうとか。

(杉本さん)1回水かけて切り返しして、かけた場所わからないんだよ。

(丸山)そこなんですよね。切り返したときに塩梅をみて、どの量、水を足すのか。

→そうですね。前、話したように、分子構造がつながっている時って切れないじゃないですか。そこに水を食わると切れるじゃないですか。加水分解。そういうことでこれ、水が必要なんですよ。だから分子が2000個あったら1999個の水が必要なんです。

これ、膨大な分子のつながりを持っているから、まあ、さっきも言ったけど大体50~55%の水が必要。しかし、現状では木なんか15%以下だから、40%ぐらい足さなくちゃいけないんですよ。比重が軽いから、かさ比でいったら、これぐらいがプールに水が入るぐらいやらないと。足し足しで何回かにわけて。

こういうふうになると、水を吸うようになるんです。木だとはじいちゃうので、最初に無理をしていれようとしてもはじいて水が流れてきてしまう。

→これ(スマフォのデータ)みたら、エタノールはアルコールを作るような菌があるみたいですね。

(丸山)じゃあ、畑の太陽熱を。

→うん、太陽熱に向いているかもしれない。エタノールはこれから農業で見直される可能性が高いので。今、理研はこのアルコール系の研究をやっている。除草効果もあって殺菌効果もあって団粒効果もあるんで。

(丸山)ただ、液化気化に近いので、つながる物質がやっぱり有機物で間をとりもってあげることで、維持しやすい団粒構造が作れるっていう。

→で、さらに植物はエタノールというかアルコールを吸収して養分に使うことができるということもわかってきたんで。すごいですよ。

(丸山)お酢が特定農薬になっているから。

(杉本さん)有機JAS決めているやつに教えてあげたら(笑)

→有機JAS法には関係ないですよね。アルコール発酵だから。アルコール何に使うんですか、と聞かれたら肥料ってね(笑)だって理研が肥料になるって発表しているんだから。光合成不足を補うって言っているんだから。

(杉本さん)酢と同じ理屈だな。

→これから農研機構とかむっちゃ研究が始まりますよ。理研は半分国の機関。市川さんのところに若いのがいっぱい来ていますよね。日本トップクラスの研究者ですからね。主任がいて、その下に助手がいるんだけど、そのトップクラスが来ているんだから。

(市川さん)おめぇら、それじゃあしょうがないよと怒っちゃった(笑)

→センター長の直轄にいる人間なので(笑)楽しいみたいですよ。すごい色んなことがわかってきた。

まあとりあえず、繊維系の堆肥がこれからすごい意味を持ってくるんですね。とにかくこれが柔らかくて甘い香りがしたら、やってみたらどうなるか。

(丸山)本当は前の堆肥と比べて実験して、こうやるとこれだけ違うという、これだけの費用対効果があるというのが見えてきて、じゃあこんだけやる必要があるんだな、というのが見えてくると思う。

(杉本さん)2~3年続けてみれば結果がでるかな?

→いや1発で出ます。そっち系は結構早いんですよ。地面の中に入れる炭素量が違っちゃうとまるっきり違うんですよ。

なぜかというと、例えば片方は畑に炭水化物が10kgしか入っていなかった、片方が500kg入っていたとしたら、片方はこの500㎏がそのまま直接いくんで。

(丸山)しかも結構液状化しているから肥効が早い。炭素循環農法の場合は原料で入れているので、結構時間がかかって。その代わりグラディエーションが凄いきれいに出来るんで、そのあとが崩れにくいという形になる。

(杉本さん)炭素循環農法の考え方って怖いよね。

→でもね、この水溶性炭水化物は市川さんのところで実際にね、人参のところでね、高糖度ソルゴーを堆肥に混ぜて、簡単に言うとこういう木屑を混ぜてやったのと一緒です、その時の人参がとんでもない糖度出していましたものね。人参は13度でしたっけ?

(市川さん)小松菜が11度。

(杉本さん)今、全部、そうなっているんじゃないの?

(市川さん)それを作るだけのソルゴーが簡単に出来るわけじゃないんですよ。5町歩やって持ってきたとして、堆肥にしたらこんなもの。

→その代わりが本当は廃菌床なんですよ。廃菌床が圧倒的に繊維の含有率が高い。

(杉本さん)長野から群馬に結構、廃菌床行っちゃってるみたいで。

→行ってますよ。もとき君いたでしょ、あれグリーンハートというのは、もともと長野から廃菌床を島根に持っていったんですよ。20トントレーラーで毎年10車ぐらいは行ってます。

(丸山)アクトさんは長野からとっていますね。地元にあっても高いし大体決まっちゃっているんで。

→せき君がうちのところで研修しているんで、廃菌床の結果見ているんで。半年来ています。兄貴の方。

(丸山)前々回勉強会に来てくれた人。

→繊維の結果、どうなるかというのを栄養素も含めて全部結果を見てしまっているので。今回の15トンの人参も見に行っているから、頭の中、全部変わっている(笑)

(市川さん)でも1年分作るの大変だよ。ソルゴー作るのも時期があるじゃん。5月以降でさ10月未満でしょ。台風来るじゃん。

→ソルゴーを堆肥場まで持ってきてやろうというのは無理だと思う。あれはそこですき込んで。

(丸山)逆にその翌作ということで。

(市川さん)翌作といってもそんなに効かないもの。

→まあ直接堆肥に混ぜてすき込んだら、それはストレートだから。まあ僕はいろんなことをやってきているけど、廃菌床が一番。だけど茨城は農家の店しんしんが抑えちゃったから。あとは長野。多分、アクトさん、持ってきているはずですよ。

(杉本さん)長野でも助かるんじゃないか?

→そうです。あっちではゴミです。こっちでは宝です。

(参加者)あの、なめこなんかのもいいんですか?

→いいですよ。一番はトウモロコシの芯があるでしょ。それをブロックにしているやつがあるんですよ。

これ、リグニンがないので、むちゃくちゃ早く土が柔らかくなるんですよ。そして栄養価もすごく上がるんですよ。コーンコブというやつがブロックの中で一番いいんです。まあ徳島なんか取り合い状態です。

(杉本さん)廃菌床にでるカビってこの白いカビと同じだろうか?

→あれはトルコデリマの可能性があって、ちょっと厄介な時があるんです。こっちの方が優しい菌で、熱が出るとすぐ死んじゃう。

(市川さん)茨城のマッシュルーム屋は畑で出ちゃうとまずいから、1回蒸気消毒している。だからほとんどキノコは出ない。

(丸山)蒸気でやればほとんど問題ない?

→ああ、問題ないです。

(丸山)石灰でやると結構問題あるって。

→ph上がっちゃうからね。

これから1回キノコが回ったやつは相当大事な材料になりますよ。

(市川さん)1回じゃなくて3回すきこまないと合わないってよ。

→スピードが遅くなるんで。

(市川さん)だけど元が高くて合わないって。

→まあ2番獲りまでするけど、3番獲りは普通はしない。2番獲りといっても普通1/3ぐらいしか出ないから。

【最近の畑の様子)

H301119。産地廻り今年の人参。9月の曇天で例年より丈が長い。

【会員限定ページ】

会員向けの限定情報を掲載しています。

会員限定ページはこちら

【更新情報】

【2018/12/12】

 最近の畑の様子に

 11月の人参を 載せました。

 

【2018/9/9】

 最近の畑の様子に

 産地廻り時のレンコン圃場

 の画像を載せました。