会員向け限定ページ

2017.5.25 丸和さん勉強会(ジャガイモの初期肥効と冬春の水管理)

◆越川さん圃場見学2

【解説】

■玉ねぎ畑 

(丸山)うわっ、水が。

→厳しいね。

(参加者)なんか今年は坊主が出るよね。

(丸山)気温差が高すぎて。

→さらに乾燥するとイチコロです。窒素は残しているんだけど、結局は吸えないんで、窒素が切れたと誤解しちゃうんです。

見てわかるとおり、地面の深いところの土まで水が無いんです。

(市川さん)今から水を撒いたらダメなの?

→気を付けないと玉ねぎは割れちゃうんで。あと日持ちがしないんで、日持ちさせたいんだたらこのままで。

(参加者)玉ねぎって割れちゃうの?

→割れます。まだ窒素が残っているんで、内側の葉っぱが肉厚になるんですよ。枚数は増えないんですよ。肉厚になるからその分、外がパチっといってしまうんです。

(市川さん)坊主が出たわけは?

→坊主が伸びているでしょ?だから窒素を残しながらのやつなんで、基本的には水が無くて肥料分、窒素が吸えなかった。また寒暖差が激しいとこうなるけど、これは伸びているから、窒素があるけど水不足で肥料が吸えなかった。だから単純に言うと、疑似窒素吸収障害。つまり窒素があるんだけと吸えていない。だから見てわかるけど葉っぱが長いでしょ。 

(丸山)結構、節間が詰まっているんだけど水がない。肥料はあるし。だから悪くはない状態。

→だけど総合的に窒素が吸えていない。ちなみにここって水の具合はどうだったんですか?今、抜いたところは土がついているけどサラサラなんです。

(越川さん)さっきも大根抜いたんですけど、土がつかないんですね。乾いて。

→早めに売れるんだったらもうちょっと水蒔いても良いけど、貯蔵まで考えるとこの段階で水を撒いたら結構危険ですね。

(越川さん)じゃあ、今日雨が降ったらやばいですか?

→やばいよ(笑)だから早く算段しないとまずいよ。

(丸山)前に埼玉でやった時は、同じ環境で根切りを進めたんです。もうすぐに掘り出せなかったんで、根だけを切っちゃうの。割れたり日持ちしないんだったら、根を切っちゃって小さくてもそれで終わらせる。収穫しちゃう。

(参加者)小さいやつも割れちゃうの?

→いや、ある程度の大きさのやつが割れる。小さいやつは割れないですよ。これは結構大きめのやつですよね。

(参加者)これ、追肥やった分だけ怖いかな?

(丸山)うん、追肥をやったら水をやらないと意味がないし、逆にそれが害する危険の可能性が高い。水なんですよね。

→締まっているやつが割れる。そこからまた水吸ったら割れる。まあ、これは運を天に任せる(笑)

(参加者)でも、根を切ったら全然ほきないよな。

→全然目方が出ませんよ。

(丸山)傷まないだけ。

(参加者)これ、折れても目方が増える?

→多少。

(参加者)こんなに葉っぱが青々していているのに、首が折れる?

→だからこれ、まだ栄養成長なんですよ。

 

まっ、次回からは水をちゃんとね。

(参加者)でも春は水をかけにくいよね。

→みんなこれみると水があると思うでしょ?

(参加者)あると思う。

 

→こっからもうダメなんですよ。山崎さん、これ水あると思うんですけど、ぱっと手で持ってみて、自分が根っこになったと思って、何cc水がとれると思います?

(山崎さん)これか(笑)まあ、色は黒いけどね。

→そうなんです。色に騙されやすいんです。特に関東ローム層は完全に乾いていればわかるんですが、下を掘ってみてもこの色だから水があると思っちゃうんです。だけど全然無いんです。そっから1㏄もとれないんですよ。

(参加者)うなったら黒いじゃん、と思っちゃうよね。

→だからちょっと水を良く考えて欲しい。今回の玉ねぎも窒素の吸いが不安定だからバラバラになっちゃうんです。

 

(越川さん)ネギもそう?

→もちろん一緒。結局重量も取れない。重量のもとは水だから。

(越川さん)水はけがよい方が良いんですよね?

→基本的に水はけが良い所の方が良い。つまり、雨が多ければ水はけがよい方が良い。だけど雨が無いんだったら逆に水はけが悪いところの方が良い(笑)

なので、淡路島とか産地は、高畝にしてスプリンクラーで水を撒いている。

運を天に任せるとやばいんで(笑)雨が降ることを前提に高畝にして、足りなくなったら水を撒く。そうすると高畝の方が良い。水も肥料ですから。

(参加者)私、ねぎは水が無い方が良いかと思った。 

→適度にあった方が良い(笑)だから、水が無いというのは触ってみればわかるから。ひっかかりがある支柱で刺してみると良い。土がついてくるからそれを触ればわかる。向こう側の乾いている所も刺してきて触ってみればわかる。

(参加者)サラサラです。

(小祝さん)はい、残念でした(笑)この差ですね。 

(越川さん)でも、追肥して窒素が効いてくるのって、気温もありますよ。根っこ張って。

→そう。でも水が無いとどうにもならない。

(越川さん)4月ぐらいから水を撒いた方が良いんですよね?

→まあこの支柱でこういう感じで水をはかりながら。最終判断は経営者が判断する。水分計があれば一番いいけど、この支柱でもわかっちゃう。

(参加者)追肥したらすぐ水をやる?

→そうです。

(越川さん)ちょうど雨が降る前に追肥したけど、1回じゃ効かないよね。

→なので、どっかで水を撒くかは経営者の判断で。

(越川さん)かけきれないっすよ(笑)

【最近の畑の様子)

H300905。産地廻りレンコン圃場。今年も大風の影響で。

【会員限定ページ】

会員向けの限定情報を掲載しています。

会員限定ページはこちら

【更新情報】

【2018/9/9】

 最近の畑の様子に

 産地廻り時のレンコン圃場

 の画像を載せました。

 

【2018/7/25】

 最近の畑の様子に

 水稲勉強会2の画像を

 載せました。