会員向け限定ページ

2018.5.24 丸和さん勉強会(炭水化物堆肥の利用、ジャガイモの種芋)

◆越川さん圃場見学

◆市川さん圃場&堆肥場見学

◆吉川さん圃場&堆肥場見学

◆杉本さん圃場&堆肥場見学

◆島田さん圃場見学

◆山崎さん圃場&堆肥場見学

上記のテーマで勉強会を行いました。

ご覧になりたい項目をクリックすると、詳細ページに飛びます。

 

◆島田さん圃場見学

■人参畑

15トンとりの人参の隙間はこのぐらい。窒素量は60kg。最低ね。砂目でちょっと逃げるところは80kg。

(参加者)それで木ぼけしないの?

→全然。

(丸山)面積もあって、炭水化物量もあるから。

→そう。10万個の種が植わっているから。普通4万行くか行かないかでしょ?

ということで、とれる人は恐ろしい量が。人参はこのぐらいの隙間で埋まっている。ちょっと大きくなるとぶつかる。

良く考えたら、この半端な茂り方で、この葉っぱでね、ず~っといったらどのぐらい取れる?逆にこれが仕上がった時、これ、どれぐらいの大きさになっているかチェックした方が良い。そうしたら、本当はここの窒素量が正解なんです。

この条間だと広すぎるんですよ。

(参加者)これ2条ずつ蒔いてあるから。

→ですよね。恐らく、有機肥料系が少し多いですね、堆肥よりも。窒素系がね。

(参加者)炭素は何で入れるの?

→彼らはバーク堆肥。

(市川さん)うちだって去年はソルゴーが入っているじゃん。

良い感じじゃない。

(丸山)あと2週間ぐらい?

これ結構早めにビニールとったのですか?

(参加者)なるべく早めにとった。いつも遅めだったから(笑)

→やっぱり早めにとった方が良いね。そうしたら葉っぱの枚数が増える。みんな大事に育てるからね、葉っぱの枚数出ずに上に伸びる。

(丸山)上に伸びる方がとれる気持ちにはなっちゃうけど。

→葉っぱの枚数の方が大事。

葉っぱの枚数、9枚ぐらい。まあ理想で言えば11枚。15トンどりの人達は基本11枚以上。11か12。で、こんなに葉っぱが伸びなくてもっと小さい。その代わり葉っぱの枚数が多い。ワサっという感じ。だからアクセルとブレーキ、両方見ながら走っている(笑)

なんか、人参を見るとそんな感じです。

【最近の畑の様子)

H301119。産地廻り今年の人参。9月の曇天で例年より丈が長い。

【会員限定ページ】

会員向けの限定情報を掲載しています。

会員限定ページはこちら

【更新情報】

【2018/12/12】

 最近の畑の様子に

 11月の人参を 載せました。

 

【2018/9/9】

 最近の畑の様子に

 産地廻り時のレンコン圃場

 の画像を載せました。