会員向け限定ページ

2018.7.23 和梨勉強会

◆座学1

◆押田さん梨園 見学

◆押田さんキウイ園 見学

◆清田さん梨園 見学

◆佐藤さん梨園 見学

◆今日のまとめ

 

上記のテーマで勉強会を行いました。

ご覧になりたい項目をクリックすると、詳細ページに飛びます。

 

◆押田さんキウイフルーツ園見学

元肥え多くしないとだめ、窒素。葉っぱが小さい。

(旦那さん)これ、何かの病気ですよね?

→多分、こすれじゃないですか。中は無いんじゃないですか?

(押田さん)いや、みんなあるんですよ。

(旦那さん)ニュージーランドで見てきて、こりゃいいや、と思ってやったんだけど、駄目だね。

(丸山)上にあげるやつか。

(押田さん)そうしたら風よけにもなるし、これはいいや、とやったけど、駄目。

→変に日陰になるから。

 

(押田さん)どの枝にも日が当たっていいな、と思ったの。

→基本的に、元肥の窒素が足りないです。

(旦那さん)環状剥皮をやったとこ。大きさはパッと見でわかるほど大きい。中の方は宜しくないね。まあここまで来ていれば時間の問題。良い所は完全についちゃっているところもある。大きさは全然違う。

→やっぱり肥培管理を変えた方が良い。

(丸山)元肥はいつ?

(押田さん)12月。収獲直後。2月にやる人も、剪定後にやる人もいるけど。

→葉っぱに照りが無いんですよ。普通はね、鏡みたいにピッカピカになんなきゃいけないんですよ。油塗ったように。だからミネラル系が効いている時期がおかしいかも。

(押田さん)先生、この辺の葉っぱは良いですか?

→そうそう、そういう感じで照るんですよ。それ先端の葉っぱでしょ?そうだと、これ、同じようにキーゼライト、春先じゃないですか?

(押田さん)春先ダメなんだ。だから追肥じゃ駄目なんだ。じゃあ、元肥でやる。

(旦那さん)あんたの言ったとおりにやったんだよ。色んなことを言うからね。

→指揮官がダメだから(笑)

(清田さん)普通はもっと葉っぱが大きいんですか?いっぱいなっていると負担がかかりますよね。

(丸山)ですよね。

(清田さん)キウイっていっぱいならせることが出来るんですね。

(丸山)半端じゃないですよね。

(押田さん)これ、交配させていないんですよ。

(丸山)自然交配。

→ということで、丸山さん、旦那さんのやっていることの方が正しい(笑)

【最近の畑の様子)

H301119。産地廻り今年の人参。9月の曇天で例年より丈が長い。

【会員限定ページ】

会員向けの限定情報を掲載しています。

会員限定ページはこちら

【更新情報】

【2018/12/12】

 最近の畑の様子に

 11月の人参を 載せました。

 

【2018/9/9】

 最近の畑の様子に

 産地廻り時のレンコン圃場

 の画像を載せました。