2019.11.6 丸和さん島田さん勉強会

◆越川さん圃場&堆肥場見学

◆市川さん&吉川さん圃場&堆肥場見学

◆杉本さん&山崎さん&島田さん圃場&堆肥場見学

◆山崎さん圃場&堆肥場見学

◆今日のまとめ

上記のテーマで勉強会を行いました。

ご覧になりたい項目をクリックすると、詳細ページに飛びます。 

■山崎さん堆肥場

(山崎さん)堆肥は例年と変わりありません。

→OKです。

(山崎さん)で、大根が物凄い調子が悪いんです。

■山崎さん大根圃場

(山崎さん)大根が良くなくて。台風15号の後に蒔きなおしたところなんですけど、19号食らって、また雨食らって。

(丸山)蒔き直しの時は肥料は何か足して?

(山崎さん)何も足さずに。

→葉っぱが結構ちぎれているよね。

(山崎さん)風で結構やられていますね。

→途中から葉っぱがみんなないものね。

(山崎さん)前来た19号は影響が無かったのですが、うちは。

(丸山)ちょうど風が回りやすいところだったんですね。

→虫の食った跡ではなく葉っぱがちぎられちゃっている。

(山崎さん)4反歩ぐらい台風15号でやられて蒔きなおした。看板とかもあっちに飛んだ。

→葉っぱがちぎられないわけないよね。抜いてみて?根っこがどうなっているか。まあ問題ないだろうけど。

→根腐れはしていないよね。

(丸山)地面は柔らかいから。

→まあ問題ないよ。時間がかかるだけ。

(丸山)通常畑だと、これだけ水に浸かっちゃうと硬くなって呼吸が出来なくて、腐るんで防除してみたいに。

→必ずほとんど病気になるよね。土が柔らかいからさ、必ずまた根っこを出すんで、また復帰しちゃう。

(丸山)本当に柔らかいものな。

→だって、土がカチカチになると窒素しか吸わないから(笑)全部、虫。だって大根やっているところなんて大半、全部殺菌剤だものね。ガンガン撒きまわっているものね。だから殺菌剤撒かないこっちの方がおかしいって(笑)みんな「嘘こけ」って(笑)

(参加者)硬くなると窒素しか吸わないというのは?

→結局、根っこがダメになる。そうすると、今まで根っこがあったところは吸っていたから良いけど、根っこが駄目になると、そうすると根っこを出すじゃない?だけど土が硬いから根が伸ばせない。そうすると葉っぱは毎日蒸散しているから、水が寄ってくるわけ。根っこが無いのに水が寄るわけ。何が一番寄ってくるか?水に一番溶けているもの。それが窒素。だから芯がやられる。

でも根っこが復活すればミネラルも全部取れるから。バランスですよ。だから土は絶対柔らかくしなくちゃいけない。

…しばらく雑談

(丸山)あっ、里芋を掘ってくれたんだ。

(山崎さん)去年よりは良かった。これ、多分、15号で葉っぱをやられたんです。

→お~、良い芋じゃん!

(山崎さん)今年、7月が雨が多かったから、例年より葉っぱが大きさ違いますね。

→元肥ちょっと増やしたんですね。

(山崎さん)いつも通りかな(笑)でも堆肥は多かったし、気持ちは何でもちょっと多くしたかな。1.2倍ぐらい。

→キャベツも同じようにしたらね(笑)

(山崎さん)去年より取れています。

(丸山)孫とか無くてね。

→孫が出来ると筋が入るしね。

(丸山)疫病は大丈夫だったの?

(山崎さん)大丈夫でしたね。

→OKです。あとは2段効きの窒素の設計だね。

(山崎さん)堆肥に853入れれば良い?

→まあ、それもやりながらも、もうちょっと溶けるのが遅い窒素系の肥料を選んだ方が良いかもしれない。

(山崎さん)それはアミノバードとか?

→まあ、キャベツ、、、鶏糞は止めておいた方が良いか。虫が微妙に怖いからな。丸山さんの指導に従ってまあやってみて。

→でも、硬盤があると絶対水が溜まっちゃうんで。

(参加者)丸山さん、僕らは孫芋をどうやって作るかと言うのを考えてやるんですよ。単価が全然違うので。でも、さっき孫芋がついていない方が良いって言っていましたよね。

→孫芋は少ない方が良いんですよ。子芋に芯を作っちゃうんだよ。子芋に孫がつくと根を張るようになって芯を作っちゃう。そこは硬いじゃない。それを嫌がる人は子芋だけにする。それは美味しい。

(参加者)僕らは孫芋を売るって感じなんです。下手すると子芋の部分は捨てる人がいるっていう感じなんですよね。

→なめっこいしね。それはもう追肥型だよ。あとはどこをとるかでそれは良いんだけど。追肥をすればとれる。

(丸山)一番悪いのは中途半端に孫をつけちゃって。

(参加者)最悪ですよね(笑)

→外側にいくと柔らかくなるじゃん。デンプンっぽくなくなるから。子芋までだとデンプンっぽい。外側の方が里芋の食感が出るから。

(丸山)あと、今年も前の年も風で結構やられたりとか、3年前は塩害か何かで葉っぱが無くなった後に、10月ぐらいが暖かかったので吹いちゃって、孫が出来たんだけど、中途半端な孫だったので、ゴリゴリ芋が出来ちゃった。

→埼玉って孫芋に必要な汁物作るんじゃなかったけ?

(参加者)そうですね。そういう文化がありますね。

→我々はどっちかというと煮っころがしだものね。

(参加者)煮っころがしなんですね。

→だからドロドロじゃ駄目なんですよ。

(参加者)栃木、群馬、埼玉の北部ってどちらかというと汁物なんですよね。煮物はどちらかというと子芋だけの文化。孫芋まで全部使うところはどちらかというと汁物。茨城もどちらかというと内陸部で里芋を作っている人は、どちらかというと汁気、けんちん汁とか芋煮会とかやるけど、沿岸部は一切やらない(笑)

作物の作る考え方が違いますよね。海に近いとどちらかというと施設栽培。内部に入っていくとどちらかというと露地。

→まあ、どっちが好きというかだね。ネギの多いところは汁物だよね(笑)

(参加者)なるほど、追肥型になるんですね。

→追肥型もアミノ酸系でやるとなめっこくて味があって美味しい。どうしても化成でやるなら尿素系。硝酸でやるとゴリゴリになる。

(参加者)尿素は劇薬ですものね(笑)怖い(笑)

→使い方だけどね(笑)

しかし、ここはさ、何気なく過ぎているけど、ここまで来るまで大変だったものね。

(丸山)今は売る方が大変でね。どう伝えるか。先ほどのゴボウの赤伝、どう伝えるかというところ。消費者も慣れちゃっているから良いものが来ると言うのが当たり前になっているので、こういう環境下でどうなのっていう部分が伝わらなくなってきている。本当は営業の人も来て実際どうなの、どう伝えたらいいの、という事を本当はもっとやった方が良いな、と思うけど。

→やっぱり生産者側の販売網を作った方がいいな。彼らは絶対こちら側にはならないから。

【最近の畑の様子)

R20304。寺田本家にて酒蔵見学学習会風景。

【会員限定ページ】

会員向けの限定情報を掲載しています。

会員限定ページはこちら

【更新情報】

【2020/03/29】

 最近の畑の様子に

 寺田本家酒蔵見学学習会。

を載せました。