2019.11.6 丸和さん島田さん勉強会

◆越川さん圃場&堆肥場見学

◆市川さん&吉川さん圃場&堆肥場見学

◆杉本さん&山崎さん&島田さん圃場&堆肥場見学

◆山崎さん圃場&堆肥場見学

◆今日のまとめ

上記のテーマで勉強会を行いました。

ご覧になりたい項目をクリックすると、詳細ページに飛びます。 

■杉本さん長ネギ畑

(杉本さん)台風来るたびに土をかけちゃったから凄い深い(笑)

→根はまああるよね。

(杉本さん)葉もぐりがね。

(越川さん)古いのはもう消えましたよね。

(杉本さん)もういなくなると思うけどね。

 

→まあまだ早いし気候が暖かいから。

(丸山)これからですね。

■別の長ネギ畑

(越川さん)いいっすね。

(杉本さん)台風の時、深く植えたから何とか真っすぐ保てた。ちょっと曲がっているけど(笑)

(丸山)でも途中抜けているよね、随分ね。これ夏場のやつ?暑さとあれで?

(杉本さん)やっぱり機械植えは駄目ですね。改良して欲しい(笑) 

■堆肥場

(参加者)…最初はかけますよね?

→かけない。戻し堆肥入ると隙間が出来る。熱が出るから蒸気が出るから入ってきちゃう。

(参加者)戻し堆肥は最初は細かく混ぜる?

→きちっとね。それが大変なんだけどね。

 

(杉本さん)大変だよ。でも1カ月で6回切り返しているよ。

(丸山)結構、水を足している?

(杉本さん)足しているよ。

(丸山)かなりかけている。

→分子の分解は加水分解といって水無いと分解が出来ないんだよ。

(杉本さん)こんだけ雨が降っているんだけどよ(笑)水かけ続けないとよ(笑)

(参加者)これ切り返しって空いているスペースで積んでくんですか?ローラーとかでやってゆっくりワサワサ降っていくんですか?

(杉本さん)違うよ、次はこっちに持っていくだけだよ。水をサーっとやって。じゃないと3種類やっているから上手く混ざらないじゃない。

(参加者)結構、時間かかりますよね?

(杉本さん)5時間ぐらい。

→やっているうちに、楽しくなるから。

(丸山)杉本さんは年間でこの量は半分ぐらい使っちゃう?

(杉本さん)1年で2回作るじゃない。それを来月から使い始めるんだけど、また4月から作り直して、人参の7月に使うじゃない。

(市川さん)1/3は残すようにしないとね。

(杉本さん)う~ん、でもいっぱい使うようにしているから1/4ぐらいしか残らなくなっちゃった。

→堆肥がきちっと出来るようになってから、経営がだいぶ安定してね。

(杉本さん)そうそうそう。小祝さん、20ℓの焼酎廃液を堆肥に混ぜようと思っているんだけど、どう?

→あ~、いいですよ。その代わり分解がむっちゃ早くなりますよ(笑)最後が良いですよ。最初に混ぜたらとんでもなく減量しちゃいますよ。

(杉本さん)畑に撒いたらさ、ちょっとゴミがいっぱいあってつっかかちゃうから、この堆肥の上に撒いちゃおうと思っているんだけど。

→いいですよ。ただ1点、気をつけなくちゃいけないのが、結構、酸性なので、土壌中の石灰や苦土がめっちゃとられちゃうんですよ。

(杉本さん)あれ、酸性なんだ。一番最後ならいいか。

→そうです。

…しばらく雑談

■ハウス

(丸山)これ、台風で全部やられちゃっているんですね。

(杉本さん)こっち側は外したんで大丈夫だったんですけど、向こう側は全滅、全部交換。

→もう次の台風の時は全部ちゅうちょせず外すべきだね。

(杉本さん)いや、全部外したんです。

 

→えっ、それで全部いっちゃったの!

(丸山)凄い風だな。

こっちのハウス新品だったのでしょ?

(杉本さん)新品がもっていかれちゃったんですよ。

→まあ、あの木の倒れ方をみるとそうなるよな。

(越川さん)何をしてももうダメですよ。

(丸山)向きとかあるのかな。

(杉本さん)いや、何をやっても駄目ですよ。

→そうなると、30,40mの風じゃないよね。

(杉本さん)60mぐらいのが一気にね。竜巻みたいのがね。

(丸山)もう人の力のレベルじゃどうにもならないレベル。

(杉本さん)ハウスは保険申請中だけど、全然間に合っていない。

→これだけの風の圧力は相当だよ。何百kgじゃきかないよ。トン単位だよ。

■人参圃場

(杉本さん)奥の方は見ればわかると思うけど、ダメなんです。

→茶色い景色が混じっている。

→あとは太りだね。

■大根畑

(丸山)大根も小さいかな。

(杉本さん)15号の後に蒔いたやつ。

 

 

→良い感じだね。葉の照りも良いね。虫も水没して死んだかな(笑)

(杉本さん)これ以上やられたら、うちは給料払えない(笑)母屋の屋根も飛んだし。シャッター2枚で120万。家だけで200万ですよ。

(参加者)うわ~!

(丸山)結構、いいですよね。今年はこういう長いやつが多いですよね。黒葉枯れの跡もありますね。

 

(参加者)うちの人参の頭からいわゆる葉っぱが2株、3株ぐらい出ちゃっているのは、窒素のあれですか?

→うん、窒素の過剰な時とリンの過剰。だからすぐに土壌分析やってね。160振り切っているよ。

(市川さん)島田さん、人参6条蒔いたの、どうだった?うちは失敗したんだけど。

(島田さん)うん、ちょっと不揃いだしな、俺の場合はもっと肥料を入れた方がよいかな、と。ちょっと加減が調整が、やんなかったけど。もう少し研究すれば良いんだろうけど。

(丸山)肥料量を今までにない量入れるから、難しい。

→どうしても足りなくなっちゃうからね。

(市川さん)12kgっつたら、普通は12kgで設計するけど、16~17kg入れないとね。2条増やすからね。

(丸山)そもそも初期の段階で発芽が今一つだと、残った分の窒素が残った分に効いちゃうと、その怖さがね。発芽がちゃんと揃えられるかという部分が怖いよね。

→大きい奴は大きくなるからね。量取る場合は、太陽熱は必須だからね。太陽熱をやると養分が均一になるんで。太陽熱をやらないと、大きい、小さいがバラバラになるんで。

太陽熱は水が動くから、それで肥料が均一になるんですよ。まず、日中にあった蒸気が下に行って、日中になると蒸気が上に行ってそれが水に戻る。これの繰り返し。それで肥料を平らにしてくれる。だから人参の長さがほぼ一定になる。だけど太陽熱をやらないと長い短いが出ちゃう。

(丸山)その時の水の量が結構大事で、水が無いとそれが出来なくて。

(参加者)太陽熱をやるのもだんだん難しくなってきていて。天候が。お日様が今年は全然無いからやれなかった。

(丸山)水を確保するのもタイミングが難しくなったからね。

(参加者)うちなんか2町歩マルチやったの全部台風ではがされちゃった。あれを水がたまった所のやつを集めるのが大変だったんだよね。

■山崎さん人参圃場

(丸山)まだ小さいね。蒔き時期は?

(山崎さん)8月の6日ぐらい。

(越川さん)ここは山崎さんの畑で一番良い畑らしいですよ。

→まあ11月下旬じゃない。これならゆっくりとれるよ。葉っぱが茂ったら危ない。

(山崎さん)ここは台風の影響もなく。

→黒葉枯れも出ていないし、OK。

■キャベツ圃場

→いいね~。

(山崎さん)今年は大丈夫なんですけど、例年うちは吉川さんのところや杉本さんのところのように重さが全然いかないんですよ。今回は締まっているから大丈夫。ただ小さくて大きくはならない。台風の被害もキャベツはあまり無くてね。

→これ、後半の窒素が少し足りないんじゃない?前半は凄いけど。後半の窒素がもう少しあればね。だから、ここからここまでが同じ大きさだから同じ窒素なの。わかる?この後から急激に小さくなっているから、肥料がカクンと切れちゃっているの。だからダラダラ~と行くよう何か考えた方が良いと思う。

追肥やっていないよね?

(山崎さん)やっていないです。853とハーモニーシェルと堆肥だけです。

→それだ(笑)何か考えてあげた方が良い(笑)

(参加者)いつでしたっけ?追肥の概念が無いって言ってましたよね(笑)

(山崎さん)そうなんです(笑)

→1発勝負だからね(笑)栄養価コンテストなら賞がとれるけど、量的にね。

(丸山)でもやっぱり追肥をする癖が無いと考えると、堆肥にもうちょっと窒素を絡めた方が。

→そうだね。堆肥の量をもうちょっと増やして。そうするともうちょっと大きくなる。外葉が本当に大きいから、後半の窒素がもう少し効いていれば、めっちゃ重い、ズシンと水に沈むキャベツが出来る。非常に良い形しているしね。

(丸山)葉肉も厚いですしね。

■サニーレタス

(山崎さん)出だしの苗がコレだったんです。

→さっき言ったアミノ酸と酢。

(越川さん)言い訳ですよ。俺のところ、同じ苗だったもの。

(山崎さん)スタートの苗が長かったんだよね。

(越川さん)俺の所も長かったよね。水浸かっちゃったからかな~。

→苗の首が長かったということ?

(丸山)徒長気味な老化苗?その後、水に浸かって?

(山崎さん)水の影響というか、最初のこの苗の長さが。結局、中盤以降も全然大きくならなかったし。台風来た時は飛ばされたハウスのネットをかけて防いでいたんで。

(丸山)まあ老化苗の対策っていうことですね。

→小さい割には葉っぱが多いね。だから追肥をやる概念が無ければ、2種類の窒素。早めと後に効くの。

葉っぱの大きさがずっと揃っているんだよね。だから凄く良いんだけど、その後、極端に切れちゃっているんだよね。だからジェットエンジンで飛んでいたあとガス欠で切れちゃった。

(山崎さん)それは堆肥を多めに?

→そう。あの包丁を入れる時にスカスカといかずに、重くて包丁が通らないぎっしり詰まっているのが出来る。 

(丸山)でも、もしかすると、馬糞系で炭素率が高いんで、堆肥だけ入れても切れる可能性が高いかも。だから堆肥を入れる時に窒素系を入れてすぐに切れないやつを。853の元肥を入れるやつと、堆肥に少し混ぜて寝かしてっていう感じで。そっちは遅効系の窒素となると思うんで、そうすると追肥と同じ効果がね。

→良くあるのはアミノバードね。853と混ぜてね。徳島のブロッコリーの人はね。堆肥は堆肥で良いんだけど、後ろに効く窒素をね。そうすればでかいの採れる。

本当に設計通り効いているよ(笑)グライダーみたいにシュワーって効いて、ストンと無くなった(笑)

(丸山)虫もそんなに出ていないものね。

(山崎さん)中盤に穴が空いていたところだけ出て、あと苗が悪かったところがポツポツあって、でも後は大丈夫。

→広がっていないものね。

(山崎さん)あと、ネットやっているのは虫よけというよりはどっちかというと冬場の霜よけ対策で。時間かかっちゃうからあんまり最終的に収獲のサイズになるのは1月になっちゃうから。

(丸山)よく、ネットやっていても葉っぱが触れていると、そこから卵産み付けられるというけど。

→でもくっつくよ(笑)これだけ葉っぱが大きくなると触るよ(笑)

(丸山)そう考えると、触っていても虫が少ないというのは、逆に窒素が切れているという部分で、余分な窒素が無いという部分で、エサが無いっていうことになる。

→普通だったらチョウチョが飛びまくるからね。

■島田さん人参畑

(島田さん)これ、半分アロマレッドであっちが違うんだけどさ。水がこの辺、凄いんだよ。

(丸山)低いんだ。発芽が不ぞろいだと言っていましたよね。でも、地面も柔らかいですね。ちょっと黒葉が。

(島田さん)早かったせいか出ちゃった。

→でも広がっていないしね。

(丸山)止まっていますね。

(島田さん)水が出るとがばがばになっちゃう。

(丸山)でも、土が締まらないですからね。

(島田さん)他は水が溜まってもうちは引いちゃうからさ。

(丸山)一番低いんだけど、浸みていっちゃう。どっかの地下層で抜けているんですかね?

(島田さん)向こうの方が低いから、向こうに抜けていっているんだと思う。だから向こうは酷い。

【最近の畑の様子)

R20304。寺田本家にて酒蔵見学学習会風景。

【会員限定ページ】

会員向けの限定情報を掲載しています。

会員限定ページはこちら

【更新情報】

【2020/03/29】

 最近の畑の様子に

 寺田本家酒蔵見学学習会。

を載せました。