2019.5.17 丸和さん勉強会(深くまで気層を作る堆肥作り)

■山崎さん堆肥場

(山崎さん)これは運びこんだばかり。

→はい。これは仕込んだばかり。

(丸山)74℃。

(山崎さん)ちょっと高いか?

→これ、酸素を入れないでこれでしょ?

(山崎さん)そう。

→やっぱりクロストリジュウムを入れると違うね。宿熱になるんですよね。

(丸山)74℃か。これ、本当はもうちょっと下がる?

→いや、これ掘ってみて、中身が臭く無ければいい。

(丸山)それがクロストリジュウムのあれか。

→クロストリジュウムは高温耐性菌なので、自分で分解しながらその温度で死なないんですよ。なので掘ってみて死んでいればアンモニア臭い。掘ってみればよい。

(参加者)馬糞は嫌気発酵で大丈夫?

→うん、もともとが嫌気発酵の菌がついている。馬のお腹の中にセルロースを分解する菌がついているんですよ。それが酸素が無くともセルロースをどんどん分解していくんで。

(参加者)エアレーションをした方が良いんですか?

→いや、馬糞の場合はしなくても時間だけ。結構、時間がかかるんで。急ぎたいんならエアレーションでバチルスに変えた方が良いね。

あれ?乾いちゃっているね?糸状菌じゃないね。放線菌も出ていない。毛足がなくて白く見えているだけ。

(参加者)毛足?

(丸山)ほわほわしたような綿のような。

→あとはやっぱり水をやるという恐れが逆に出て(笑)

(高橋さん)良い匂い!鉛筆の芯みたいな。

(丸山)炭素分の匂い。木だから木の匂い。

(山崎さん)まだ入ったばっかり。

(丸山)戻し堆肥もまだ入っていない?

(山崎さん)たまに。そんなに大量じゃないから。

(参加者)馬糞だけですか?

(山崎さん)うん、この状態はね。

→このまま発酵させていくと120日ぐらいで仕上がる。約4カ月。だから好気性発酵の倍ぐらいかかる。まあそれを覚悟すればそれで良いです。

(参加者)これをもっと早くするには?

→エアレーション。で、高さを低くして水をかけて。2カ月以上違います。

(高橋さん)馬糞だけだと積み上げているだけで?

→これ、蓄熱です。熱が山がでかくて逃げないんで溜まっていくんです。だから表面は温かくないんです。でも中は温かい。

(山崎さん)これ、入ればサウナになる(笑)

(丸山)暑くて耐えられない(笑)

(参加者)馬糞の敷料は何かわかります?

→カンナ屑じゃないけど、馬術やるらしいんですよ。そのためにたまにチクチクするので、体に当たっても痛く無いように。

(丸山)この地域でリン酸が少なくなってきている場合だと、この中に米糠を少し入れて?

→有機で使える何か鉱物系のリン酸があれば、入れてボカシに。

(参加者)近くに籾殻かな、使っている乗馬クラブがあって、同じようにいきます?

→ただ、籾殻の方がもっと温度が上がるよ。

(丸山)酸素が入りやすいから。

(参加者)それは上がりすぎるのを抑えながらやんなきゃいけない。

→あんまり高さは高く出来ないかもね。

(丸山)高さで調節。

→好気性発酵になっちゃうんですよ。

(丸山)そうすると乾いて菌も動けなくなったりとか。

→ポンと上がってポンと終わっちゃう。

(丸山)生炭が出来ちゃう。

→ザラザラって(笑)とにかく繊維が粘らないとね。

■里芋畑

→まあ、これからだね。

(山崎さん)この辺で疫病が流行ってしまっているようで。

(丸山)九州から来てしまったようで、山武とか八街とかかなりダメで。

→空気感染?

(丸山)う~ん、多分。※水しぶきや強風によって感染拡大がおこる。との記事有

(参加者)なんか、種を買った人が疫病になっている人がいました。

→種から来ているの?これ、自種?その病気の感染が何から来ているか。空気感染だと結構やばいけど、種から来ているんだったら自種だったらそう簡単にはね。

(参加者)あと草を防除する時って、中耕はある程度大きくなってきてから入らない方が良いですか?根っこを下で…。

→追肥をするなら良いよ。

(参加者)中耕を入るならもう1回追肥ですか?

→ま、だから、中耕をかける前に撒いておいて。何度も切るのは良くないから。

(丸山)里芋なら追肥はどっちにしろしますからね。

(参加者)追肥しないっすよ(笑)追肥って概念ないですもの(笑)

→親芋の子芋で終わるんだ。

(参加者)そうです。

→孫はつけないのね。まあその方が美味しいけどね。ひ孫つけるとあんまり美味しくないから。

(参加者)追肥するなら今ぐらいですかね?

(丸山)そうですね。

→まあ、子も大体とって5~6個でしょ。

(参加者)はい。

(丸山)ここは潅水設備は?

(山崎さん)はい、あります。

(丸山)水が無いと怖いですからね。また水撒きの季節がやってくる(笑)

(参加者)地域の人はあんまり冷たい水をやらないというんですけど?

→やっぱり土が温かくなっていないとね。

(丸山)さっきの市川さんのところのように15時過ぎじゃないとね。

→一番あったまっている時に撒くと良いね。

(参加者)それは夕方とかに撒いた方が良い?

→そうそう。基本的に夕立と思って撒いて下さい。

OKです。

あと、何か質問ある?今日は新しい人も多いですから。

(参加者)1年ネギをつくって1年休ませているんですけど、緑肥はどういったやつがよいですか?

→繊維質の多い奴。稲科のようなやつ。高糖度ソルゴーが一番良いよね。繊維質が高いのと含糖率が高いから、非常に土が良くなる。麦なんかよりはるかに炭素が多い。麦はね、意外と茂っているようで水を飛ばすとスカスカなんです。ソルゴーの方が圧倒的。

(丸山)打ち込みタイミングはどのぐらい?

→やっぱり太陽熱が狙い時だよね、最後の方。夏の終わりぐらい。だからモアをかけてバラバラにしないと土中発酵しないから。そういう機械が必要だよね。

(参加者)モアで結構、力を使っちゃって砕ききれないんですよ。でロータリーやって。

→あれ、最初に草刈り機をやってからやると良いよ。中間でぶった切ってから。

(参加者)それは8町歩出来ないな(笑)

→まあ、逆にそれよりはシュガーk、バカスというサトウキビの搾りかすを商品として入れちゃった方が。そんなに高くない。あとはトウモロコシの粉砕物、トウモロコシをとったあとの茎を粉砕したやつが入っているから。

結局、ソルゴーを作っている間は何も作れないでしょ?ちょっとしくじると機械はいっぱいいるわ、打ち込みが悪ければ太陽熱でビニールぶち破るわ。

(高橋さん)シュガーkはそのまますき込むんですか?それとも発酵させなくても?

→土中の中に納豆菌とかいろんな菌を入れておいて、太陽熱をかけて。

(高橋さん)じゃあ純粋な太陽熱ですね。

→そういうこと。で、まだ砂糖を持っているので、凄く良く発酵するんですよ。だから沖縄でそれやってみんな成功したんです。

(参加者)納豆菌やバチルスをみなさんどのように振っているんですか?

→ヒューって撒いているだけだよ。

(参加者)動噴で?あれは反当たりどのぐらい撒けば良いですか?

→納豆菌だと次の日に菌数がピークになっちゃうんで、どのぐらい撒こうが勝手。

(参加者)例えば、高糖度ソルゴーを枯らして、モアでバラバラにして。20リットルで十分?

→中家さんだっけ?あの背負い式のモーターのやつで、ロータリー、マルチ張りの時にくっつけて、それでシャーっと終わり。

(参加者)自分で背負ってやればいいのか!なるほど!

→タンクつけるとバランス崩れて重くなるから、ちょうど良い重心でね。

(参加者)マルチ張るタイミングでやりたかったので。

→そういうの、動画あったよね?

(高橋さん)ありました。

(参加者)納豆菌と酵母菌を混ぜて散布しても良いのでしたっけ?

→出来ます。どっちにしろ住み分けするので。上の方が納豆菌、下が酵母菌。同じように入っても住み分けするので。

(丸山)懇親会まで時間があるので。後ろにあるのがチャンバー。空気のエアーがあってコックがついているので、ある程度、調整が出来るというのがあります。

で、空気を入れるのにあまり話をうまく聞き切れなかった方が、風量が多くて温度が上がり過ぎたり、乾いて発酵がしなかったりとかがあって、基本的にインバーターを全てつけています。そしてほぼ全部最低にしています。

で、風が下から出てくるんですけど、風が出てくるところはアリが歩けるぐらいの量。ほわほわと出るぐらいで十分。それがポイント。

ただ、結構、丸和さんの中ではエアレーションは初期の初期だけで、ほぼ使わなくて回せちゃう。

→最初だけね。あとは嫌気に持っていても十分。

(参加者)これだけ高さがあったら、エアレーションを切ってもそのまま嫌気になるということですね。うちみたいに小さいところだったら?

→上からもうちょっと抑える必要がある。

(参加者)ギューギューって。

→あんまり抑えちゃうと、今度は全部が嫌気になっちゃうとヨーグルトになっちゃうので。

(高橋さん)乳酸になっちゃう。

→そう。そうするともう発酵は止まっちゃって、水溶化は起こらない。

(高橋さん)理想は納豆菌の時代にいかに糖化するかとういうことと、嫌気の時代は嫌気にし過ぎないで酵母菌とラクトバチルスを活動させられる幅を持たせるということ。

→そうですね。

(参加者)屋根がね。

(丸山)あんまり大きな雨以外は、多少の雨であれば無くてもね。

→多少ならね。でもそれを誰が決めるかだよね。

(丸山)逆にあんまりきちんとかけ過ぎちゃうと、上の表層の部分が過湿になって、そこで痛む、というリスクもある。

→堆肥用のシートというのがあって、水は入らないんだけど水蒸気は抜けるというのがある。

(高橋さん)堆肥用シートで検索すればある?

→多分。

(高橋さん)あと、うちは養生処理をやったところでやっているから、雨だとものすごく水分吸って、下の方が乳酸発酵が始まって酸っぱくなることをこの間体験しました(笑)

→浮かせておかないとね(笑)

(高橋さん)1つ良いですか?今の状態で乳酸発酵の匂いが中心部でするということは、締めすぎているということですか?

→うん、で嫌気性になっているということ。ヨーグルト状態になっているということ。

(高橋さん)ラクトバチルスとかは、もうちょっとふわっとしていて良いということ?

→もうちょっとあと。何度も言っているけど、早め早めにやり過ぎている。

(高橋さん)そうか、早すぎたから酵母菌を入れていても乳酸菌に持っていかれちゃう。

→結局、分解していないわけじゃない。納豆菌で表面のセルロースは糖になっているけど。そこをいきなり乳酸菌をかけちゃうと乳酸になっちゃうでしょ?だって表面は糖になっているんだから。そうすると、一挙に中まで分解する前に、表面に乳酸が出来てしまうから、それで発酵が止まっちゃう。中生状態。

(丸山)それが手触りの部分のガサガサ感である程度見えるんじゃないか、ということ。

→そう。ガサガサの時は表面はオリゴ糖になっているけど、中はまだセルロースがガチガチだから、その時に乳酸菌を入れちゃダメ。

(丸山)そういった意味では手のガサガサ感で判断すると言っているけど、そうじゃないやり方で、お湯か何かに溶いて、どれだけ溶けているのかというのを見てみる。

→沈殿とかね。まあ手触りだよね。セルロースは手で触ればすぐわかる。

(高橋さん)その手触りの目安がわかっていなかった、粘度がわかっていなかったのが、今回わかったので、一歩前進。

(丸山)色んな形を見て、ガサガサ感だけど、でもお湯で溶いてみたらこんな分離の中で、この濁度であればそこそこ進んでいるかもしれないし、という部分とか、色んな角度の現状の見方。

(高橋さん)粘度を見てみた時に、あの粘度のやつを溶かしてみて?

(丸山)溶かしてみて、どれだけの分離が出るのかどうか?ガサが出るのか?分離していれば液状化しているということは、液体に溶ける。

(高橋さん)EⅭとかは1つの目安になるんだけど、違う物質で高くなる…

→EⅭは表面が溶けても上がってくる。だから僕はEⅭとか一切言っていないんです(笑)最初から言っているでしょ?手触りって(笑)

EⅭは表面だけ溶けても上がってくる。

(丸山)だまされちゃう。数字のマジック。

→だから、僕が言っていないことはやらない方が良い(笑)書かないという事は意味がないよ、という事を言っているので。必要があれば書くので。

(高橋さん)もときさんに任せているのかと思った(笑)

→聞き方が悪い。どうしたら良い?じゃなくて今どういう状態ですか?と聞かないと。

でも今までやってきて、高橋さんの癖としては「~過ぎ」という事ですよね。早過ぎとか(笑)

(参加者)何を入れるの?

→ラクトバチルスコアギュランス。商品名で言えばラブレとか。

(丸山)感想をざ~っと頂けると。

(参加者)うちは基本は慣行で、有機には凄い興味はあったのですけど、凄いハードルが高いと思って(笑)でも、ぽつぽつ試して1反歩ぐらいからやってと。色々課題はありそうなので。

→大きくしなくても良いよね。

(丸山)少しずつ試しながら。

(参加者)ただ、どこから試していいかな、と。

→まずは堆肥から。まずは作ろうと思わなくて良いから、良いと思える堆肥を譲り受けるとか購入するとかして、まずはやってみる。そして自分で実感してからどうするかを考える。自分でまず作れるということを実感しないと次は無いから。

(参加者)丸和の譲受を(笑)堆肥頂こうかと(笑)

(丸山)丸和さんの良い堆肥があれば誰かから頂いて、この勉強会を活かす方向で。

(越川さんの従業員)高いよ(笑)持っていく方が逆に高くなっちゃう(笑)どこですか?

(参加者)香取市。

(丸山)宮城さんのところの方が良いかも。そこであとは原料が近場にどのようなことがあるのか、とか。

(越川さんの従業員)過去の蓄積があるかもしれないけど、基本、馬糞は運ばれちゃうんです(笑)ちゃんとお礼にビールは上げているんですが。

(参加者)今日は聞けて良かったです。

(参加者)私のお父さんは減農薬や薬を使わない有機っぽいことはやっていたんですが、草が大変とは聞いていて、今は結構慣行が多いのですが、こうしたら良いな、というのが無かったのですが、カチっとはまれば有機の方が良いということがわかったので、もっと勉強したいと思います。

→有機は自然科学を勉強しないと理解しにくいので。ただ勉強してはまるとカツンと出来るようになるので。

(越川さん)科学?いっぱい入れればいいんじゃないの?(笑)

→すみませんね(笑)それがハードルだよね(笑)

 

(参加者)今日はありがとうございました。非常に希望と勇気を頂きました。僕たちより50歩も100歩も進んでいる農家さんが沢山いるので、ちゃんとやればこれだけ良いものが出来るんだと改めて実感して、とても来てよかったと思いました。もうちょっと理解と実践でやっていって。勉強になりました。これからも宜しくお願い致します。

(参加者)一緒にやっているかんだです。以前、越川さんの所でお世話になって勉強させてもらったんですが、前よりも多い情報で、先生の所にくると必ず新しい情報が毎度手に入るということで、近ければ毎日でも来たいのですが、そうもいかないので。でも埼玉と千葉で近いので、来れて本当に良かったと思います。これからも教わってどんどん吸収していきたいな、と思います。

 

(参加者)おおきと申します。やっぱりやられている方の畑は初めてで、やっぱり棒があれだけ土に刺さるというのは凄い。それ以外に設備や畑の状況がきれいにそろっているのを見て、自分も良いものを作っていきたいなと思いました。今後とも勉強をさせて頂きたいなと思います。

【最近の畑の様子)

R11016。船橋のキウイフルーツ圃場。あまり見かけない品種のブルーノ。

【会員限定ページ】

会員向けの限定情報を掲載しています。

会員限定ページはこちら

【更新情報】

【2019/11/1】

 最近の畑の様子に

 船橋のキウイフルーツ圃場。

を載せました。